オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

満願の湯


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  秩父  温泉  雨漏り  満願の湯  道の駅  あしがくぼ  鹿肉  山道  

梅雨の合間を狙って

関東は梅雨入りをしました。6月は雨が多くてなかなかドライブができないのですが、気温もそれほど高くない時期なので天気がよければドライブには最適なんですよね。特にクーラーがないワタクシのエリーゼにとって気温が高くないという事…、コレ重要なことなんですよ。(笑)

2018_0612_0001.jpg
この日は天気予報では曇りといえど雨は降らなさそう…ということだったので、それほど遠くではないですが長瀞あたりまでクルマを転がそうかなと。
時刻は朝の8:31。スタートは遅めですが、近場なのでこのくらいでちょうどいいのです。

いつものスタート地点の「道の駅果樹公園あしがくぼ」

朝ごはんでも食べようとしたらレストランは11:00からでした。したかがないので隣のパン屋さんでコッペパンを購入。缶コーヒーとセットでこれぞツーリング・スタートキットが揃ったって感じです。コッペパンにはオレの大好きなピーナッツバター入り。お値段もお手頃の割には、焼きたてだったのでスーパーで売っているものよりパンが美味しかったです。
2018_0612_0004_1.jpg

2018_0612_0003_1.jpg
ちょっとカッコつけて『雰囲気あるような写真を撮ってみた』みたいなものを狙ったのですが、フラッグでクルマは隠れているし、わらじカツやみそ丼という文字もマイナスポイントで出来はイマイチ。

2018_0612_0005_1.jpg
今回のルートは道の駅から秩父の市街地を抜けて小鹿野方面へ。目的地は「満願の湯」。最初は長瀞のからアプローチしようと思っていたのですが、それじゃつまらないということで小鹿野方面からクネクネした峠道経由で時計回りにしました。

県道284号でいざクネクネ道へ

街中を抜けるとだんだんと道が細くなってきました。このところエリーゼでは広めの道や高速ばかり走っていたので久しぶりの感覚にワクワクしてきます。
2018_0612_0008_1.jpg
緑の森の中に真っ赤なクルマが映えます。ここからは運転モードであまり画像がありません。

右や左のカーブをスイスイとトレースしていく楽しさ。ロータスエリーゼは、電子制御はないアナログのクルマですが人間がクルマに与えた命令をクルマ側が分かりやすくフィードバックしてくれるので、ある程度運転に慣れている人には案外エリーゼって見た目の印象ほど乗りにくくないんですよね。ええ。走り出してしまえば。(笑)
エリーゼの運転で一番大変なのは、駐車場で低速でのノンアシストのハンドルの切り返しだったりします。
2018_0612_0010_1.jpg

離合が大変な細い道も。ガードレールの凸凹がこの道の狭さを語ってくれています。ああ、ほんとに一人でこんな山道走るのって久しぶりです。考えてみればラジエーターやセルモーター、シフトレバーなどの直接走りにかかわる箇所のトラブルを経験してからは、なんとなく人が少ない山道は避けていた気がします。
2018_0612_0012.jpg
今回は特にトラブルの予兆みたいなものもないので精神的にも健全状態。これなら北海道へも行けそうな勢いです。(行かないけど…)

2018_0612_0013.jpg
心細くなるくらい道幅の狭い道にバス停発見です。地域の方々の貴重な足になっているのでしょうね。なんだか人の暮らしの証みたいなものを見つけたような気がして、ちょっとうれしくなってしまいました。

途中に天空のおやきというお店があるということを知りチャレンジしてみました。手前の駐車場で停めればいいものを、奥まで突っ込んだのが運の尽き。道が狭くてUターンも出来ず半分涙目でなんとか元の道まで戻るという失態。久しぶりに冷や汗かいたよ。(汗)
お店に入る気もすっかり萎えてしまって、そのままチーンって感じでクルマを進めることにしました。次回はぜひリベンジしたい。

満願の湯

そんなこんなで山道を走っていると突如真っ赤な看板が目につきます。本日の目的地の満願の湯にやってきました。
2018_0612_0016.jpg

2018_0612_0017.jpg

2018_0612_0018.jpg

入浴料を払ってまずはお湯に入ることに。さすがに撮影できないので、HPから拝借させていただきます。当日はこんなにお天気は良くなかったですが、木々に囲まれて自然と一体となるような雰囲気でなかなかのものです。温泉は源泉100%とのこと。確かにお肌がすべすべでいい感じ。気持ちいいですわ。
img_furo11l_600.jpg
※画像は満願の湯HPより

2018_0612_0019_1.jpg
お風呂の後はお食事を。数量限定の秩父鹿の味噌焼丼。ちょっと癖があるけど自分はOK。普段食べることがあまりないので美味しくいただきました。

久しぶりの雨ドライブ

軽く休憩した後、心も体もすっきりしたことですし、自宅に戻ることにします。なんだか空模様が怪しい感じです。一応ソフトトップは付けたままで走った方がよさそうです。
2018_0612_0021_1.jpg

2018_0612_0023.jpg
帰りは途中から雨にあたることに。雨雲レーダーと一緒に走ることになりそうです。でもこの時はまだ心に余裕がありました。(笑)

2018_0612_0027.jpg
雨が酷くなってきたので途中の道の駅で休憩していたのですが、いっこうに弱まる気配なし。逆に強くなってきて結構焦る羽目に。そうこうしているうちにフロントウィンドウが曇りだし、視界は最悪状態。おまけにサイドウィンドウのところから雨漏りも大量発生。敷いたタオルが間に合いません。このままじゃクルマの中が水浸しになってしまうので、意を決し、他のタオルでフロントウィンドウを拭きながら自宅に帰りました。

エリーゼのエアコンは最初からクーラーが1時間くらい経ってクルマそのものが温まると緩い風しか出ませんでしたが、雨の日の曇りが取れないのは結構致命傷です。何度か修理をしているのですが、すぐ壊れるので直すのをあきらめています。でも、こんな時のためにクルマの中には曇り止めの何か用意しておかないとイケマセンね。ここんところ雨の日は乗っていなかったので、雨の日の窓曇りの恐怖を忘れていました。今回はいろいろな意味でドキドキで楽しいドライブになりましたね。

■今回のドライブルート
A:道の駅果樹公園あしがくぼ
B:天空のおやき
C:満願の湯

関連記事

2018ハウステンボス 


Category: ドライブ・旅行   Tags: ハウステンボス  ぬいぐるみ  長崎  ホテルアムステルダム  旅行    テーマパーク  ゴールデンウィーク  イルミネーション  オランダ  

今年はハウステンボス

毎年5月のゴールデンウィーク明けのこの時期に旅行に行っているのがここ数年の恒例行事。
2016年は渋温泉、2017年は沖縄でしたが、今年2018年は九州にあるハウステンボスにしました。

IMG_7420.jpg
自宅を5:00に出発。眠い目をこすりながらも空港行きのバスに乗り不足分の睡眠を補充。予定通り羽田空港に到着しました。

IMG_7421.jpg
空港で朝ごはん。ちょっとリッチ感のあるサンドはなかなかの美味。これからの旅の予感を高めてくれます。

IMG_7426.jpg 
8:15発の長崎行きの飛行機。これまた機内でも足りない睡眠を補充する始末。モヤモヤと夢うつつのまま長崎空港に到着したのでした。

初日は雨の洗礼

空港からはハウステンボス行きの直通バスに。これはオフィシャルホテルの特定プランで宿泊する人の特典の一つ。宿泊するホテルはいろいろ悩みましたが、様々な特典を考えれば多少高くてもこっちでよかったと思いました。とりあえず乗ってしまえば、あとは勝手にハウステンボスに到着するという手はずなのです。
バスに揺られて約1時間ほど、12時くらいにはハウステンボスに到着です。
IMG_7263_1.jpg

IMG_7266_1.jpg

IMG_7269.jpg
チェックインは15:00ですが、ホテルに着いたときに荷物を預かってもらい1日目のフリーパスをいただきました。チェックインまでの時間はパーク内で過ごす事に。
当日は生憎の雨模様。それでも明日の天気予報は晴れということなのでめげずに室内のアトラクションと楽しむことにします。

IMG_7270.jpg 
なんだかんだでホテルのチェックインの時間に。今回はローラアシュレイクラブフロア&ルームに宿泊するので、チェックインには専用ラウンジで行われます。またその時に一緒にアフタヌーンサービスも。ウェルカムドリンクみたいなんですが、これが中々のゴージャスな雰囲気で二人のテンションもマックスです。

IMG_7271_1.jpg

IMG_7275.jpg
これが今回のお部屋。かわいい花柄で女性が喜びそうなインテリアです。全体的にゆったりしていてしっかり寛ぐことができました。

ここで嫁キンタは休憩モード。自分は雨も上がったので夕食の時間までパーク内を散策することにしました。
IMG_7293.jpg

IMG_7296_1_20180523211231f27.jpg

IMG_7298_1.jpg
外国のような街並みです。これは素直にスゴイと言わざるを得ません。雨上がりの黄昏時、まるで異世界のような雰囲気。建築や街並みなどに興味があるので、これだけでもはるばるやってきた甲斐があったというもんです。

夕食はホテル1階のレストラン。和洋折衷のビュッフェ。好きなものを取って食べるのですが、料理の種類もそれなりに多く、味もいい感じでした。ホテルや旅館に宿泊した時に食事が美味しいのってとても重要ですね。(笑)
IMG_7300.jpg

IMG_7302.jpg

IMG_7306.jpg
食事のあとは再びパークを散歩。今度はライトアップされたイルミネーションで彩られた街並みを鑑賞しました。川底に仕込まれたライトが水面を幻想的に映し出していました。このスケールは中々ないレベルです。もう広すぎて足が棒になるくらい。ホテルに戻ると、クラブラウンジでナイトキャップ。この時間はアルコールも提供されるので軽く酔いながら今日の出来事を語り合ったりしました。うん。今夜はぐっすり寝られそうです。(笑)

開園前の街並をぬいさん達を撮る

前日までの空模様がウソのように晴れた翌日。まだ起きない嫁キンタを部屋に残してぬいぐるみと一緒にお散歩。ホテルアムステルダムに宿泊すると開園前のパーク内をお散歩できるので、せっかくの素晴らしいインスタ映えするロケーションでぬいぐるみを撮影しようかと。(笑)

IMG_7313.jpg

IMG_7314.jpg

IMG_7315.jpg

IMG_7311.jpg

IMG_7317.jpg
出勤してくるスタッフの中、オッサンがぬいぐるみを持って撮影してるのってさぞかし気色悪かったでしょうな…。しかしそれでも中々良い写真が撮れて本人的には満足でした。

いよいよ2日目の本番スタート

朝食を済ませてホテルをチェックアウト。その時にいただいた2日目のフリーパスでハウステンボスの2日目がスタートです。
IMG_7319.jpg

IMG_7346.jpg

IMG_7347.jpg
買い物好きな嫁キンタにはまさに、お土産屋さんこそ本来のステージ。水を得た魚のようにショップ内の陳列棚の間を泳ぎ回る。(笑)
購入する数量を真剣に数えている後姿。迂闊に声もかけられないオーラが。

IMG_7353.jpg
お土産を購入したら、パーク内を散策です。昨日は悪天候で行かなかったシンボル的なタワー「ドムトールン」に上ってみます。

高さ105メートル。展望台は80メートルの高さにあります。パーク全景や大村湾を見渡すことが出来ます。
IMG_7350.jpg

IMG_7351.jpg

IMG_7352.jpg
小さな街並みを見ていると東武ワールドスクエアみたいに錯覚してしまします。素晴らしい眺望に二人はのんびりと景色を楽しみました。

IMG_7356.jpg
風はちょっと強いが天気は良い。ホントに散策が楽しいです。案内看板があったのでトリック写真風に撮ってみたりして。(笑)

IMG_7357.jpg

IMG_7363.jpg
映画パトレイバーのロボットが展示されていました。子供のころからロボットの操縦は夢なのですが、なかなか現実にはなりませんね。これを見た嫁キンタの一言。
「ナンバープレートが付いてる!」
ビックリするところはそこかい??

IMG_7366.jpg

IMG_7368.jpg
パークの入り口に向かって歩いていくと、いかにもオランダのような景色が。(←行ったことないけど…)
大きな風車とお花畑。
ここが一番ハウステンボスって感じがします。風の力で巨大な羽根を回して中で繋がったシャフトを使って低いところから高いところへ水を汲み上げるもの。真ん中の風車は中の様子を見ることが出来ました。

散策中に見つけたテディベアのお店ではぬぐるみ用の洋服が売っていて思わずまとめ買い。同伴していた二人匹にはさっそく着てもらいました。
IMG_7413.jpg

IMG_7415.jpg
ちょっと遅めのお昼ご飯はパーク内のレストランでちゃんぽん。これがパークでの最後のゴハン。
その後送迎用のバスに乗ってハウステンボスを後にしました。

IMG_7418.jpg
長崎空港から羽田行きの飛行機は21:00発。
時間があるので空港のレストランで思い出話をしながら長崎最後夜の晩餐です。ちゃんぽんであまりお腹が空いていなかったのでちょっと軽めで。カゴに入ってるのは内閣総理大臣賞受賞の長崎ハトシロールで、手前は櫻林の角煮まんじゅう。

正直また行きたいと思ったハウステンボス

飛行機で1時間半くらい。北海道に行くのと同じ感覚の長崎。そこにあるハウステンボスは関東に住んでいる自分にはおいそれと来られる場所ではありませんが、緻密に造りこまれたヨーロッパ風の街並みと東京ディズニーリゾートの1.5倍ほどの広さの広大な敷地のスケール感。

正直にまた行きたいと思う場所でした。

正直パーク内のアトラクションは個人的には自分の年齢が高いということもあり、微妙に感じたものが多かったのです。しかしパーク内を散策するので十分すぎるほど楽しかったです。パーク内の建物はお店が多かったので、買い物好きの嫁キンタが飽きなかったのもプラス点。
誰かが入場料払ってショッピングモールやゲームセンターに行くと揶揄していましたが、休日にイオンやららぽーとに買い物に行っている人には、いつもとは違う世界を感じられて新鮮良いのではないでしょうか?(笑)(←ちょっと乱暴か)
IMG_7446.jpg
そんな自分ですが、また行きたいと思う一番の理由はパーク内のホテルの存在が大きいのかなと思います。今回はホテルアムステルダムでしたが、宿泊したお部屋とサービスにリッチ感があって小市民の自分には十分すぎるほどのプチセレブ感を味わえました。

まあ、結局は去年の沖縄の時もそうでしたが、それなりのお金を出してホテルに泊まれば、大概の満足を得られるということをまたしても実感したわけです。旅行の時は少し背伸びをした方が、結局は気持ちよくいい思い出になるんだということですな。
あれれ。でもこれって別にハウステンボスでなくても良くないか? ちょっとよさげなホテルに泊まって、ちょっとセレブな気分を味わいたいだけじゃん…って。
ああ。お金持ちになりたいわ~。(笑)

最後の締め

同じテーマパークとしてディスニーやSUJなどと比べられることがおおいハウステンボスですが、アトラクションにはあまり興味のない自分にとっては、ヨーロッパ的な街並みや運河、牧歌的な花畑や風車、プチリッチなホテルのサービス(←これは他のパークでもきっとハイクラスのホテルに宿泊すれば同じでしょうが…)など情感に訴えてくるこちらの方が夢の国でした。

↓下にはその時の動画です。


関連記事

富士山五合目。富士スバルラインを走ってきた。


Category: ドライブ・旅行   Tags: ロータスエリーゼ  ドライブ  富士山  富士スバルライン  ぬいぐるみ  談合坂SA  中央道  圏央道  オープンカー  スポーツカー  

チャンスに恵まれず未踏の地

北海道から埼玉に出てきてからもう20年以上経ちます。クルマはずっと所有していたのですが、埼玉にきてからずっとマイカーで富士山に行ってみたいと思っていました。じつは子供のころは富士山の途中までクルマでいく事ができるとは知らなかったので、それを知ったときに日本一高い山の途中までも登ることが出来ることに感動したのを覚えています。

2018_0522_0057.jpg
そんなことで、こっちに出てきてからというもの、何度か富士山の五合目まで行こうとチャレンジをしたこともありました。そのたびに積雪で通行止めだったり途中までしか行けなかったり。
その当時はインターネットがこれほど簡単に手に入る時代ではなかったので、結構出たとこ勝負的なところもあり、都合をつけて出かけても現地でダメだったということが何度かありました。しかも五合目までは富士スバルラインという有料道路を走るのですが、夏季期間はマイカー規制がかかっていたりして中々チャンスに恵まれなかったというわけです。
いつしか毎日の忙しさに追われるように富士山五合目の思いは日々の生活に忙殺されて自分の記憶の片隅に追いやられていたのでした。(←ちょっと大袈裟www)


ちょっと早起きで高速飛ばせば案外近かったりする

そんな富士山五合目。自宅からは入間ICで圏央道経由で中央道で河口湖ICを降りてそのまま県道707号を進めば富士スバルラインの入り口です。
前日急に思いついたのでパッセンジャーはぬいぐるみという一人(+一匹)旅。普段出勤するときと同じくらいに起床してクルマをガレージから引っ張り出しました。ルートは簡単なのでナビのセットもソコソコに、まずは中央道の談合坂SAを目指します。談合坂SAではトイレと朝食と飲み物購入。平日でもここは結構混んでいますね。
2018_0522_0001_1.jpg

2018_0522_0006.jpg
大月で河口湖方面に進路を取ってしばらく行くと正面に富士山が見えてきました。富士急ハイランドの巨大コースターを横目に見ながらICを降りると案内に従って県道707号を富士スバルラインに向かってクルマを走らせます。

2018_0522_0010.jpg
まさに新緑のドライブ。この時期はまだそれほど暑くなく花粉もないのでエリーゼでも走りやすい一年の中でもごく限られたプレシャスな時期。しかもそんな限られた時期で、自分の仕事が休みの日に天気もいいとは本当に奇跡みたいな日です。やっぱりドライブは天候の良い日にそのポイテンシャルを120パーセント発揮します。「ああ、クルマ持っててよかった」って、心から思えるなんて幸せな事なんでしょう。(笑)


最高の天気のもとスバルラインを走る

そんなことを考えながらクルマを運転しているといよいよ富士スバルラインの入り口である料金所にやってきました。
2018_0522_0013.jpg
料金は往復2060円。自分の場合ドライブでの有料道路の通行料や駐車場代などは、一種のアトラクション代だと思うようにしているので値段はあまり気にしないようにしています。

2018_0522_0016.jpg

2018_0522_0024.jpg
今までのうっぷんを晴らすような最高の天気で最高のステージ。ちょうど観光バス前と後ろにいたせいか、いつもの山坂道モードにはならずのんびり景色を愉しむことが出来ました。エリーゼの悪い癖でどうも峠や山道を走ると目が三角になってしまうのがいけませんが、そんな自分の心を察したのでしょうか。きっと富士山の神様が「今日はゆっくり走れ」と見えない力を発動したのかもしれません。(笑)
富士スバルラインは富士山ドライブでは一番有名なルートですが、その歴史は古くて開業してから50年以上の歴史を持ついわば老舗観光道路というべきでしょうか。路面はバスの通行が多いせいか轍が目立ちましたね。足元が固めなエリーゼだとちょっと気になりました。


20年来の思いがついに叶うとき

何度かの挫折を味わいながらも、ついに2018年5月に富士山五合目にやってきました。約29.5キロメートルの行程。標高1,200メートルの山岳ドライブはミッションコンプリートとなりました。
山頂付近には雲がかかっていましたが、それでも3,776メートルの日本一高い山の雄々しさは他の山とは違う気がします。
2018_0522_0042.jpg

2018_0522_0094_201805230117210a2.jpg
有名な観光スポットなので観光客でにぎわっていました。ほとんど外国からのツアーの方々ですが活気のあることはいいことだよね。レストハウスで食事でも…と思っていましたがなんとなく気後れしてしまい早々に建物から出てしまいました。なんだろうこのアウェイ感。

2018_0522_0079.jpg

2018_0522_0091.jpg
なんと馬もいました。7合目まで乗って行けるらしいです。自分だったら自分の足で登りたいですね。

2018_0522_0100.jpg

2018_0522_0087_1.jpg
レストハウスの脇道を抜けた先に冨士山小御嶽神社という神社がありました。
こんなところに神社?

2018_0522_0090.jpg
調べてみると、小御嶽は富士山より先に出現した山。小御嶽と古富士の二つの山を土台に噴火を繰り返し形作られたのが現在の富士山だとか。その小御嶽の山頂で山岳信仰の霊地である富士山五合目に承平7年(937年)に鎮座、創建されたそうです。富士登拝者の家運隆昌、交通安全、延命長寿、縁結びの守護神として崇敬されています。


思ったより感動が少なかったわけは

20年来の思いが今回叶ったわけですが、思ったより感動や感慨はなかったのが正直なところ。
それはなぜかと考えてみたのですが、メインディッシュの富士スバルラインが自分の中でそれほどでもなかったということ、観光客が多すぎてのんびりできなかったことだったと思います。
2018_0522_0097_1_2018052301183735e.jpg
富士スバルラインは観光道路としては素晴らしいのでしょうが、あくまでドライブメインで考えた場合、ニセコや志賀高原などの他と比較するとちょっと見劣りするかなと感じてしまいました。こう言っちゃ身も蓋もありませんが、走るだけなら奥多摩の周遊道路のほうが楽しいです。(←おいおい)
また、同伴者が寡黙なぬいぐるみではなく生身の人間だったなら、20年来の思いが叶ったとか、日本一の富士山の五合目に来たという感動体験を共有もでき、別な意味で評価も違ったかもしれません。
結論。ここは一人ドライブで来るところではない。ということですな。(笑)

010_convert_20091124211442_2018052303022610c.jpg
おまけ。以前のブログの記事を確認してみたら直近のスバルラインに行ったのは2009年。もう10年近くも前のことです。嫁キンタの後姿が服装のせいか今と雰囲気が違って新鮮。(笑)
■その時の記事
http://takenomotohidemaro.blog51.fc2.com/blog-entry-86.html

関連記事

自動車税についてヒトコト言わせていただきたい。


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: エリーゼ  自動車税  古い車  グリーン化特例    
皆さんはもう納税しましたでしょうか?
自動車税です。


自動車税は自動車の所有者に課税される税金です。4月1日現在、車を所有している人には5月7日(月曜日)以降に納税通知書が届きます。自分にもしっかり届いていました。ちなみに納付期限は5月31日までです。


毎年遅れ気味に払っていたのですが、今年は期日前に済ませちゃおうかなっと、封筒を開けて納付書みてちょっと違和感。

あれれ。

オレのクルマって1800㏄だよな…。
IMG_7462_960_1.jpg
金額が45,400円になっています。

そんなにしたっけな???


気になったので埼玉県のHPで税額表を確認してみました。下がその画面をキャプションしたのもです。

自動車税表

ロータスエリーゼは1800ccなので、39,500円ですが、一番右のところに書かれている『グリーン化特例対象者車でおおむね15%重課される場合の年税額』のところに納付書と同じ45,400円が書かれていました。


税率が高くなる自動車


なんでも新車登録から13年以上経過しているガソリン車が対象になっているでのです。

そうか…。もう13年も経ったのかって感慨に浸るわけでもなく、なんかヘンテコなこの仕組みに久しぶりにブログの管理画面を開いてせっせと記事を書くことにしたのです。


一言いいですか。

何も40年も50年の前のクルマではないのです。たかだか13年です。

自分が歳を取ったせいか、13年ってちょっと古い車の認識なんですよね。(笑)


しかも、13年も同じクルマを乗り続ける人は、そのクルマを大事に使っている気に入っていて買い換える気がない人か、金銭的に買い替えが厳しい人です。

新しくクルマを買う人より買い替えしないで乗り続けたほうがトータルで見たら環境に優しい気もします。


そんな人たちから15%もペナルティってちょっと酷くないですか?


これじゃさっさと買い換えろと政府が言っているのに等しいわけで、日本って国は古いクルマを長く乗り続けるのには優しくないんだよね。


IMG_2593_640_20180520235209564.jpg

まあ、それでも新車で欲しい車はないし、今のクルマがすごく気に入っているので買行ける予定はなし。税金高いからって欲しくもないクルマを買い換えちゃそれこそ奴ら(誰の事?)の思うつぼ。

残念ながら、わたしゃまだまだ乗り続けますよっと。



関連記事

新倉山浅間公園が絶景過ぎる件。


Category: ドライブ・旅行   Tags: ロータスエリーゼ  ドライブ  新倉山浅間公園    大涌谷  ぬいぐるみ  黒たまご  ソフトクリーム  
2018_0404_0001.jpg
4月4日のハナシ。
いつかどこかで見つけて気になっていた桜の名所に行ってきました。今年最後の花見にふさわしい最高のロケーションのその場所は「新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)」。
なんでも外国のパンフレットに載せられて外国からの観光客が押し寄せているという。
なんだって??
それなら日本人であるワタシたちが行かなくてどうするの?ってのがそもそもに始まりでした。

久しぶりの早起きで山梨を目指す

新倉山浅間公園は山梨県にあるので、いつもの休日のようにのんびりと寝てはいられません。普段の出勤日と同じ時刻に起床し、いそいそと準備を整えます。幸い天気もバッチリでこれ以上はないくらいのお花見日和です。都内は満開を迎えていたのですが現地の開花状況を確認してみたところ、少し早いかな…という感じ。しかし今日のこの天候で気温が上がってくれば、花の開きも一気に進むのではという希望を胸に自宅を出発することにしました。
ルートは圏央道から中央道。途中の談合坂SAで朝食とトイレで休憩です。ちょうど駐車場の桜の気がいい具合に満開です。こりゃあっちも期待できそうだと思わず口元も緩くなってきました。
2018_0404_0003.jpg

IMG_7149.jpg 
朝食はパンにしました。名物パンと言われている「談合坂あんぱん」と「さくらあんぱん」。談合坂あんぱんは、談合の焼印が特徴的なビジュアル。長時間発酵させた生地に包んだつぶあんと、オリジナルのバタークリームがこってりとしたお味に仕上がっています。
さくらあんぱんは、上に載っている塩漬けの桜がアイキャッチで桜の花びらの形のパン。さくら色の生地に南伊豆産の大島桜の葉が薫るさくらあんが上品な甘さで個人的にはこっちが好み。

IMG_7143.jpg
談合坂からは大月ICで河口湖方面へ。富士急ハイランドの脇の河口湖ICで高速を降りて一般道。程なくして今回の目的地である新倉山浅間公園に到着しました。

2018_0404_0086.jpg
ある程度予想はしていましたが、この日は平日だというのに、かなりの人です。確かにタイミング的にもばっちりでそばに植えられていた桜の木も枝一杯に花を満開に咲かせていました。
駐車場もいっぱいのようで、手前で曲がるように指示されました。どうやら、近隣の駐車場に案内されるようです。

2018_0404_0010_1.jpg
まあ、自分的には狭いところに車を停めるは嫌なので多少離れていても余裕のある場所の方が好ましいですけどね。それでも隣のクルマのドアパンチが怖くていつもビクビクしているのはナイショだ。

397段の階段を登るのは絶景まで前菜だ

今回やってきた新倉山浅間公園は士山麓の標高約650mから850mに位置する富士山北側の玄関口にあたる山梨県富士吉田市にあり、富士五湖エリアで随一を誇る富士山ビュースポット。しかし、富士山だけではありません。この時期は、桜、富士山、五重塔という日本のシンボリックな風景を一枚の写真に収めることができるスゴイ場所なのです。
2018_0404_0015.jpg
桜、富士山、五重塔へは階段を登っていかねばなりません。

2018_0404_0023.jpg
ズンズン登ってきた道を振り返ってみたところ。結構登っていますよね。でもまだ半分くらいなんですよ。

2018_0404_0028.jpg
まだまだ先は長そうです。正直しんどいです。階段が苦手な嫁キンタ。途中からは階段ではなくスロープになっている道があったので、そちらのルートを選択しました。いいんですヘタレでも。(笑)

2018_0404_0066.jpg

2018_0404_0029.jpg

2018_0404_0033.jpg
ひたすら階段を登ってようやく上の方が見えてきました。あと少し。この日は真夏日の気温。長袖では汗ばむくらいです。実際観光客の中には半袖短パンってのもいましたよ。今日はホントに初夏。

うわさ通りの素晴らしい景色に感動

階段を登ること(&遊歩道)397段。忠霊塔(五重塔)のある広場までやってきました。鮮やかな赤がとても印象的です。手前の桜とのコラボの素敵です。
2018_0404_0057.jpg
忠霊塔の裏側に小高くなった丘があるので登ってみます。
そしてそこで見たものは…。

それがこの画像です。
じゃじゃん♪
2018_0404_0037_1.jpg
有名なアングルで撮影。この日は富士山がちょっと霞んでいましたが、それでも桜の海に浮かぶように建つ忠霊塔をなめながら奥に富士山。うわさ通りに素晴らしい景色。まさにコレが日本の景色っぽい。これ、お札の絵柄にしてもいいんじゃないの?(笑)

2018_0404_0052_1.jpg
さっきのでミッションコンプリートなんですけど、せっかくなので右に富士山も撮ってみました。こっちもいいですね~。ニッポンの春です。

2018_0404_0069.jpg
イイ感じの写真も撮れたので坂を下って行きます。やっぱり階段はやめ。こっちのほうがラクチンです。さてさて。気分も盛り上がっているところで、次の目的地へ向かうことにします。

久しぶりの大涌谷はすさまじいところだった

で、やってきたのは箱根の大涌谷です。(笑)新倉山浅間公園から富士山を右に見ながら地図的には下の方に来てしまったわけです。もうね下の画像見ればお分かりかと思うのですが、雲がかかって山は見えず…なんですが、それよりも何よりも風が凄すぎました。
2018_0404_0116_1.jpg
風というより強風。嵐です。これ、小さい子なんか飛ばされちゃうくらい。おまけに寒い。さっきの桜は暑くて半袖だったのに、こっちはいきなり長袖マフラー。したがってゆっくり観光なんかしている気分でもなく。すぐに建物の中に入る感じ。

2018_0404_0108.jpg

2018_0404_0098.jpg
ここでのミッションは大きく2つ。黒たまごをゲット。黒いソフトクリームとたまごのソフトクリームを食べること。

2018_0404_0007.jpg
さっそく黒たまごを購入。食べると寿命が延びるらしい。勢いで2つ食べたから、きっと数年分長生きできそうですな。

2018_0404_0094.jpg
各種ソフトクリームも無事ゲット。ああ、モタモタしているうちに黒い方が溶け出してきましたよ。自分は主に黄色い方を食べました。やっぱり卵の風味が強いカスタード系の味がいいですね。文字どおりペロっと食べちゃいました。

IMG_7148_1.jpg
ソフトクリーム完食で今回のドライブのミッションは完了です。箱根からは小田原経由で高速一本。昼ご飯はあっちでおいしいもの食べてけって思ったのですが、うまくタイミングが合わず結局厚木PAで済ますことに。最後は少し???でしたが、それでも久しぶりの遠出ドライブに気持ちはハッピーでしたよ。久しぶりの遠乗りでエリーゼの秀麿号も喜んでいるように見えました。たぶん…。

関連記事

陸上自衛隊広報センター(りっくんランド)


Category: 日記など   Tags:  陸上自衛隊  りっくんランド  博物館  戦車  戦闘ヘリ  ロータスエリーゼ  花見  

2018_0328_0175.jpg

ずっと気になっていた陸上自衛隊朝霞駐屯地にある陸上自衛隊広報センター、通称りっくんランドに行ってきましたよ。


毎年恒例の桜と愛車

桜の季節でもありますが、花粉症も大変な状態でもあり、だけど出かけたいという欲求には勝てず。2連休のうち初日は体調不良で自宅療養。2日目の本日重い身体に鞭打ってクルマを走らせてやってきたのは、東川の桜と一緒にエリーゼを撮るという事。クルマ好きなら愛車ときれいな桜とのツーショットって結構ありがちなシチュエーションですよね。

2018_0328_0005.jpg


ここ東川の河岸には桜の木が植えられていて毎年素晴らしい景色を提供してくれます。天気も良くて絶好の撮影日和。赤いボディカラーのエリーゼは日差しの下ではハイライトの部分が白っぽくなりがちですが、今回はPLフィルターで反射を抑え気味で陰影に気を付けてみました。

2018_0328_0015.jpg

陸上自衛隊朝霞駐屯地内にある広報センターへ

陸上自衛隊広報センター。
以前からその存在は確認していたのですが、休館日だったりして中々チャンスがありませんでしたが、今回やっと訪問することが出来ました。広報センターへは入口のゲートの手前で曲がるのですが、クルマで入っていくと隊員の方の視線を感じてちょっと緊張します。
2018_0328_0018.jpg

2018_0328_0021.jpg
中に入ると隊員の方がフレンドリーに声掛けしてくれました。ノリは市役所の市民課のよう。ここは陸上自衛隊についての歴史・組織・防衛装備等多角的な面から解説し、日本国民に対する広報活動的側面の博物館になります。マスコットキャラクターの「りっくん」から名前をとった「りっくんランド」という愛称でも呼ばれています。看板の左上にいるのが、あさかちゃんとりっくん。

2018_0328_0034.jpg

2018_0328_0042.jpg
1Fの展示スペースはこんな感じ。戦闘ヘリと戦車がどんと置かれています。普段こんなに間近でみることがない自衛隊の装備品。こりゃワクワクしますね。乗り物好きとしてはアドレナリン出まくりです。(笑)

2018_0328_0051.jpg
90式戦車。日本国内で開発生産された自衛隊の主力戦車としては61式戦車、74式戦車に続く三代目。ここに展示されているのは試作車のうちの1輌とか。

2018_0328_0057.jpg
砲弾もデカいです。

2018_0328_0063.jpg
こんなのもありました。砲手の照準潜望鏡です。

2018_0328_0065.jpg
覗いてみると外が見えました。戦車乗りの気分が味わえます。

2018_0328_0178.jpg
中央には対戦車ヘリコプターのAH-1S。子供のころ北海道に住んでいた時によく上空を飛行していました。

2018_0328_0072.jpg
ロケットランチャーとTOW対戦車ミサイル発射機。なんだかんだ実物見ると気持ちが引き締まります。

2018_0328_0081.jpg

2018_0328_0086.jpg
コックピットは覗くだけでした。こっちは射撃手のシート。

2018_0328_0093.jpg
後席の操縦士のシート。計器類が沢山あってメカ好きにはタマランのです。ああ、できればシートに座って操縦桿握ってみたかったです。

2018_0328_0096.jpg

外に出てみると地下指揮所への入り口がありました。階段を下りていきます。
2018_0328_0159.jpg

2018_0328_0163.jpg
指揮所の中はトンネル状の丸い天井でした。

2018_0328_0115.jpg
広場には戦車などが展示されていました。

2018_0328_0154.jpg

2018_0328_0124.jpg
74式戦車。子供ころ観た怪獣映画などに登場する防衛軍の戦車です。

2018_0328_0127.jpg
自分の中で戦車と言ったらコレですね。丸みを帯びた形がいいですね。

2018_0328_0134.jpg

2018_0328_0128.jpg

2018_0328_0142.jpg
こっちは10式戦車。61式・74式・90式に次ぐ4代目となる最新国産主力戦車です。

国防や自衛隊ついて考えるきっかけに

普段中々見ることが出来ない自衛隊の装備品を間近で見られるのはいいですね。なにより納税者の一人として日本の国防や自衛隊について考えるきっかけにもなると思います。お時間のある方は一度見学に行ってもいいと思いますよ。
2018_0328_0148.jpg



陸上自衛隊 戦闘防弾ベスト(レプリカ)

新品価格
¥15,000から
(2018/4/3 21:47時点)

陸上自衛隊装備百科2016-2018 (JGround特選ムック)

新品価格
¥1,998から
(2018/4/3 21:49時点)



関連記事

春の正丸峠


Category: ドライブ・旅行   Tags: 正丸峠  エリーゼ  プチドライブ  あしがくぼ    ポテトチップス  秩父  道の駅  

花粉の恐怖も走りの誘惑には勝てず

花粉が猛烈にヒドイ。でも休みの日にはお出かけしたい。そんな葛藤を抱えながらもドライブへの誘惑には勝てずガレージからクルマを出してその辺をプラプラしてきました。
2018_0314_0002_1.jpg
前の記事でも書きましたが、自宅からは西方向に奥多摩と秩父というクルマで気軽に走るにはいいエリアがあるので、都内方向の東方面には中々足が進みません。どうもこの頃は足を伸ばして遠くまで行くのが億劫になっています。

こんな風にクルマを撮っていると、やっぱりカッコいいなと思ってしまい思わず顔がニヤけてしまいます。でもカッコいいのはクルマであって乗っている本人ではありません。昔はカッコいいクルマに乗れば自分もカッコよくなれるのではないかと思っていたのですが、それは錯覚のようでした。もう10年以上乗っていますが、中の人は一向にカッコよくなっていない。(笑)
とはいえ見た目は残念だったとしても、生き方みたいなものは、ちょっとくらい粋な風合いが欲しいところ。やっぱりオトコですから、年齢を重ねてきたこの頃はそんな感じに思うようになってきました。

飯能を抜けるとそこは山道だった

秩父方面といっても秩父ではなくてその手前の横瀬という町です。横瀬はいつもの道の駅果樹公園あしがくぼのある辺り。今回のテーマの正丸峠はそのさらに手前にあります。
2018_0314_0001_1.jpg
正丸峠へは飯能から国道299号でまっすぐなので迷いようもありません。トンネルの手前で右に曲がればそのまま峠に突入です。ここでも何度が記事にしているので詳細は割愛しますが、道の荒れが酷いのでソコソコのペースで安全に走ります。トンネルが出来てからはほとんどのクルマはこの峠を走ることはないので途中ですれ違ったクルマも走るのが好きなそっち系の方でした。


さすがにもう雪はなかった

そのままいつもの道の駅のあしがくぼへ。ライダーさんも沢山いて、元バイク乗りとしてはなんだか嬉しかったりします。前回は氷柱を見に来た時ですが、あの時と比べてすっかり雪は無くなっていました。
2018_0314_0003.jpg
この日の気温は道路の温度計で22℃。どうりで暑いわけです。駐車場にクルマを停めたらまずは自販機で缶コーヒー。なんかいつもより美味しかったな。(笑)

2018_0314_0004.jpg
お店ではみそポテトのポテトチップスを購入して帰ることに。自宅で食べた感想はおもったよりあのみそポテトの味がする…ってこと。けっこう好きな味でした。本家のみそポテトより食べやすいのでいいですね。



関連記事

様子見がてらに奥多摩へ


Category: ドライブ・旅行   Tags: ロータスエリーゼ  ドライブ  奥多摩  小河内ダム  MT    周遊道路    ヤマメ  
2018_0227_0002.jpg
そろそろ春っぽい雰囲気になりつつある今日この頃。大好きな峠道もそろそろ大丈夫かな…なんて様子見がてらに奥多摩の方に走ってきました。ここと秩父方面って、自宅からアクセスしやすいので特に目的もない場合は自然と足が向かってしまいます。

奥多摩はやっぱり山だった

自宅方面から奥多摩へのは国道411号で行くのですが、基本一本道なので迷いようがありません。奥多摩湖に着くと、小河内ダムところにある「奥多摩水と緑のふれあい館」で休憩と昼食です。奥多摩水と緑のふれあい館は、東京近代水道100周年および小河内ダム竣工40周年の記念事業として、奥多摩郷土資料館の跡地である小河内ダムサイトに奥多摩町と共同で建設されたPR施設です。
2018_0227_0003.jpg

2018_0227_0001.jpg
こういうところのレストランってあんまり期待をしちゃいけない…みたいなところがある場合が多いのですが、意外といっちゃ失礼ですが、ここの魚の天ぷらの定食や丼は自分的には結構好み。ぷらっと奥多摩湖に来たときには、お昼ご飯をここでいただくことが多いでのです。今回はヤマメの天丼にしました。

ついでにお土産にこんなものも購入です。懐かしくないですか?(笑)
2018_0227_0021.jpg

2018_0227_0004.jpg
そばにある駐車場ではオフシーズンということと平日なのでお店はお休みしていました。
お腹も満たされたところで、いつものコースの周遊道路を走ることに。何年か前にスピード違反で捕まったことがあるので無茶はなしです。

2018_0227_0008.jpg

さあ。
ゲートをくぐって(笑)、周遊道路を登っていきます。気分も盛り上がるはずだったのですが…。
やっぱり奥多摩って山なんですね。
2018_0227_0012.jpg

2018_0227_0013.jpg
なんとまだ雪が残っているではありませんか。路面は乾燥していますが、もう少し上の方に行ったら日陰は凍結しているかもしれません。
さっきのハナシではありませんが、無茶は無しでのんびり走るとしましょう。

2018_0227_0016.jpg
路面は乾燥していましたが、工事区間も多くペースは落とし気味。途中の駐車場ではまだ雪が。クルマはノーマルタイヤです。

やっぱり自分はMTのクルマが好き

普段載っているクルマは当然AT(オートマチック・トランスミッション)。今世の中に出回っているクルマのほとんどがATですよね。自分が免許を取ったときはクルマ=MT(マニュアル・トランミッション)で、ボチボチAT限定免許なんてものが現れた時期。その時はAT限定免許は言葉悪いですけど運転が苦手な人や女のコのものってイメージでした。因みにたまにMTのことを「ミッション」という方がいますけど、ATもMTもミッションなので間違いですよね~。

2018_0227_0020.jpg
エリーゼにはATはないので必然的にMTになりますが、これが毎度のことながら楽しい。
MTはマニュアルというだけあって自分で走行中のギアを選択します。ATよりギアを変更(ギアチェンジ)する作業が一つ増えるので機械の洗練度から言ったら当然ATです。しかし、自分の知らないところで勝手に制御されているより、左手でレバーをコキコキ動かして運転するのが自分で積極的にギアを選択するんだ…みたいな能動的にアクションする感じが自分には合っているのかなと。

その辺のたいしたことない道でも、MTを操作して走るだけで運転する動作そのものがエンターテイメントになるんだよなあ。こんなこと思うのって自分が運転好きだからなんだと思います。また運よく、そんなクルマを所有出来ている自分の環境にも感謝しているのです。



関連記事

あしがくぼの氷柱を見てきました。


Category: 日記など   Tags: ロータスエリーゼ  あしがくぼ  氷柱  道の駅  秩父  野生の猿  甘酒  ボランティア  ドライブ  デート  
2018_0213_0138.jpg 
久しぶりにエリーゼで走ってきました。というのも自宅そばはすっかり溶けてはいましたが、田舎のほうの道路の積雪や凍結が心配だったもんで…。
しかしもう大丈夫だろうということで、ちょっとプチドライブしてきました。


自分的には初体験の氷柱だったりする

実は数年前から知ってはいたあしがくぼの氷柱。それなりに知名度もありいつか行きたいって思っているうちにシーズン終了というのが何回かあり、今年こそはと行けるチャンスを狙っていたのです。
そんなこんなでちょうど当日の予定が変更になったところで、クルマで道の駅果樹公園あしがくぼへ。
氷柱はこのいつもの道の駅から、ほんのすぐそばにあるのです。

2018_0213_0007.jpg
道の駅から会場までは約10分ほど。ぬかるんでたら靴が汚れるから嫌だな…と思っていたのですが、アプローチにはチップが敷かれており普通のスニーカーでOKでした。これは嬉しい。

2018_0213_0013.jpg
料金所に到着です。
入場料は300円。環境整備協力金という名目です。実はこの中にはボランティアの方々が用意してくれている甘酒か紅茶の一杯も入っているのです。(笑)

2018_0213_0016.jpg
会場はこんな感じです。ツララですね。雪国育ちなのでツララや氷はそんなに珍しくもないのですが、よくよく考えたらこっちでこんなの見るのは初めてかもしれません。

2018_0213_0028.jpg

2018_0213_0047.jpg

2018_0213_0052.jpg
基本的には氷に触るのはNG…だと思うのですが、ある一部の場所では触ってもOKなところがありました。せっかくなので触れてみます。やっぱり冷たいですね。それにしても大きな氷です。

2018_0213_0086.jpg
会場のそばには西武秩父線の線路があり、タイミングが合えば氷柱と電車が一つのフレームに収まることになります。

2018_0213_0094.jpg


地元の人たちの努力で造られた壮大な景色

ここあしがくぼの氷柱は、毎年1月上旬から2月下旬に間、地元の人たちに手によって山の傾斜を利用して沢水を蒔いて造りだされた幅200m、高さ30mの大きな氷柱をいろいろな角度でみられるというもの。完全な天然ものではありませんがそれでも壮大で美しいのは事実。もっと山奥の方に行けばそれなりのものを拝むこともできますが、何よりクルマで気楽に来られるというのも大きな魅力です。

また金土日、祝日はライトアップされ一層幻想的な雰囲気になるとのこと。まあ、自分は平日休みなんで見ることはできませんでしたが、本当は夜の方が絶対いいような気がする…。

2018_0214_0002.jpg
くらげみたいだと。(笑)

2018_0213_0113.jpg
氷柱を観覧しながら斜面を登っていくと、休憩スペースにもなっている広場に到着です。

2018_0214_0003.jpg
せっかくなのでボランティアの女性から甘酒をいただきました。身体が温まりますね。子供ころ極寒の中で飲んだ甘酒が美味しくてそれが脳内にずっと記憶として留まっているのですが、やっぱり甘酒は寒い時に飲むもんですね。(笑)

2018_0213_0119.jpg
ストーブで暖を取りながら冷えた身体を温めることができます。

2018_0213_0102.jpg

2018_0214_0004.jpg

2018_0214_0005.jpg
「ええ~。こんなところにお猿がいるの??」

2018_0214_0006.jpg
会場から戻る途中に正面の山の斜面に何やら動く物体を確認。

2018_0214_0007.jpg
ビデオカメラのズームを最大にすると見えました。お猿の集団です。

2018_0214_0001.jpg
最後はお猿で盛り上がったのですが、この日は天気も良くてなかなかいい日でした。


概要を簡単にご紹介

鑑賞時間は午前9時から午後4時まで。金、土、日、祝日はライトアップで午後8時まで。駐車場は無料。道の駅果樹公園あしがくぼの駐車場からは徒歩約10分。
ちなみに今年の開催期間は2月25日(日)までですよ。
この日は道路は全然凍結してなかったので、エリーゼでも道の駅まで問題なく行けました。わりとプチドライブには最適な秩父方面。ちょっとおすすめです。


動画もアップしました

実は13日と14日の2日連続で行ったのですが、動画の方は主に14日をメインに編集してあります。


関連記事

ムーヴコンテにコムテック ZDR-012ドライブレコーダーを取り付けました。


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ドライブレコーダー  DIY  カー用品  ムーヴコンテ  ZDR-012  ダイハツ  コムテック    
昨今話題になっているドライブレコーダー。嫁キンタのクルマのダイハツ・ムーヴコンテにはすでに彼女がラジオショッピングで購入したものが付いていたのですが、年末に取り付け部分の吸盤ががダメになったのをきっかけに買い換えました。価格もそれなりのものだったのでちょうどよかったかな。
2018_0117_0008.jpg

で。
今回購入したのはこちらです。
COMTEC ZDR-012
2018_0117_dorareko.jpg

嫁キンタが通勤や買い物に頻繁にクルマを使う機会が多く、エリーゼと違ってドライブなどいわゆる旅の記録的な使い方はあまり重要ではないということ。価格ドットコムではそれなりに売れている。なによりあまり高価なものはちょっと…ということ。上記のものを選んだ理由です。
正直あんまり思い入れがないのでちょっとテキトー気味かもしれませんが、これって万が一の時も保険みたいなものなので信頼性の高いメーカーさんのほうが安心ですよね。
2018_0117_0009.jpg
できるだけ真ん中に近い場所が良いと聞いたもので、 取り付け場所は運転席側よりのミラーの前です。エリーゼと違って色々な意味でスペースに余裕があるのでとてもやりやすかったです。

それでも今回の取り付けは、少しだけ気合を入れてやってみました。(笑)
基本的にソケット差し込みで電源を取るドライブレコーダーの取り付けは初級レベルのものだと思うのですが、配線は見栄えを考慮してうまく隠してみました。
今回初めてゴムモールや内装パーツの一部を剥がしてみました。やるまではめんどくさいかなと思ってたのですが、案外簡単にできるもんですね。
2018_0117_0010.jpg
両面テープの貼り方がイマイチです。(汗)
このあとムラの無いように修正しました。

まだ取り付けたばかりなので、使用した感想などは後日記事にしようかと思っています。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 200万画素 Full HD 1年保証 常時録画 衝撃録画 高速起動 12V専用

新品価格
¥12,800から
(2018/1/17 11:17時点)


関連記事

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05

07


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login