オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京モーターショー2017に行ってきました。


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: 東京モーターショー  イベント  ぬいぐるみ  メルセデスベンツ  GLA  マツダ  ロードスターRF  焼き鳥  東京ビッグサイト  新型ジムニー  
2017_1031_0009.jpg
東京ビッグサイトで開催されている東京モーターショーに行ってきました。

2017_1031_0005.jpg
実は、今回は新型ジムニーが発表されるのではないかと期待をしつつ前売りをゲットしていたのですが、直前の情報でそれはないということが判明したので、イマイチ乗り気ではなかったのは内緒です。(笑)

2017_1031_0011.jpg
出展される自動車メーカーも心なしか少ないイメージ(特に海外メーカー)で、会場の混雑具合も前回と比べると少ない感じでした。会場に着いたのはちょうどお昼だったのでレストランで食事。

基本ステージに上っているコンセプトカーはあまり興味がないので、自分が目についたものを、ささっと並べておきます。なんかテキトーですみません。(汗)

2017_1031_0013.jpg

2017_1031_0025.jpg

2017_1031_0029.jpg

2017_1031_0048.jpg

2017_1031_0053.jpg

2017_1031_0061.jpg

2017_1031_0063.jpg

2017_1031_0067.jpg


メルセデスのブースではGLAの実車を見てきました。
2017_1031_0030.jpg
エリーゼを購入してからは自動車ディーラーにはほとんどいったことがないので、こういう機会は重要です。

 2017_1031_0037.jpg
ラインナップの中ではボトムのポジションですがGLAですが、さすがメルセデス。質感はそれなりにいい感じ。また、思ったよりもスポーティー。車高が自宅マンションのパーキングにも入りそうなのも好印象でした。普段使いに欲しいですわ。

2017_1031_0055.jpg
もう一台はマツダ・ロードスター。
エリーゼと同じオープンスポーツですが、質感はおもちゃのようなエリーゼよりちゃんとクルマしてます。イマドキという印象。座ったのはRFだったのでルーフの開閉もさせてもらいました。

2017_1031_0071.jpg
帰りは焼き鳥居酒屋で乾杯です。ビールがうまい!携帯の歩数を確認してみたら久しぶりに15,000歩でした。よくまー歩いたわ。

お疲れさま!






関連記事

鉄道博物館 その2 鉄道ジオラマと新幹線ラウンジ 


Category: 日記など   Tags: ぬいぐるみ  ミュージアム  鉄道博物館  ジオラマ  新幹線    

2017_0906_0221.jpg

前回からちょっと時間が空いてしまいましたが…。

鉄道博物館の続きです。

建物は真ん中が吹き抜けになっていてそれを囲むように2階部分から展示車両を見下ろすことができます。

2017_0906_0144.jpg 

2017_0906_0162.jpg
2階には通路の壁を活かし、鉄道の歴史やそれにまつわる資料が年表形式での展示コーナーになっています。鉄道博物館って、ここの展示や下の展示車両をしっかり見てたら絶対1日では終わらないくらいのボリューム。

2017_0906_0174.jpg
懐かしいアイテムも。子供ころ住んでいた街には2つのバス会社があって一つは黄色いボディに青いリボンの十勝バス、もう一つはこのつばめマークの国鉄バスでした。懐かしい~!

2017_0906_0204.jpg
新幹線0系では嫁キンタが無心で写真を撮っていました。自分も新幹線と言ったらこの0系のイメージなんですよね。

鉄道ジオラマ

資料展示と同じフロアに鉄道ジオラマのコーナーがあります。

2017_0906_0227.jpg

2017_0906_0253.jpg
ここのジオラマは今年の7月にリニューアルしたばかり。以前もジオラマはあったのですが、新しくなったジオラマスペースは観客席との仕切ガラスが撤去され、すべて新規に製作した風景や線路を、間近でみられるようになっていました。

2017_0906_0239.jpg 

2017_0906_0237.jpg
鉄道だけではなく街並みや人間、クルマなども精密に表現されています。線路の総延長は約1200m、総数約1400両からセレクトしたHOゲージの1/80模型車両が、縦横無尽に走り回るのです。これは燃えます!

2017_0906_0242.jpg
リアルな模型を眺めていると心も少年に戻るような…。生憎自宅は広くないので無理なのですが、実は子供ころの夢はNゲージのあるお部屋に住むってこと。ブログなどでコツコツ作っている人の記事を拝見したりすると楽しそうだなってため息出ちゃうのです。

2017_0906_0256.jpg 
スタッフの方にお声がけして、コントロール機器も撮らせていただきました。今回この鉄道博物館で感じたことはスタッフの方々の対応の良さもその一つです。

新幹線ラウンジ

ジオラマからさらに階段を上ると新幹線ラウンジなるものを発見。カフェっぽいイートコーナー?と思いきや窓から東北新幹線・上越新幹線と埼玉新都市交通ニューシャトルの走行間近で見ることができるスポット。

2017_0906_0272.jpg 
この時はちょうど、はやぶさとこまちの連結車両が見られました!
そろそろ何かが通過するような雰囲気のなか、近くにいた子連れのキレイめのママさんが教えてくれました。

動画も撮りました

その時の動画です。よかったら見てくださいね。



関連記事

鉄道博物館 その1 トレインレストラン日本食堂 


Category: 日記など   Tags: ぬいぐるみ  カメラ  写真  オリジナルキャラ  食事  スイーツ  カフェ  ランチ  外食  鉄道博物館  
2017_0906_0048.jpg
もう1週間くらい前ですが、さいたま市にある鉄道博物館に行ってきました。

道博物館のウェブサイトによると、鉄道博物館は日本及び世界の鉄道に関わる遺産・資料に加え、国鉄改革やJR東日本に関する資料を体系的に保存し、鉄道システムの変遷を、車両等の実物展示を柱に、それぞれの時代背景等を交えながら、産業史として物語り、道の原理・仕組みと最新(将来構想を含む)の鉄道技術について、子どもたちが、模型やシミュレーション、遊戯器具等を活用しながら、体験的に学習できる…というコンセプトのもと、JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとしてさいたま市大成地区に建設されました。

この界隈で鉄道のミュージアムといえばここ以外の充実されたものはなのではないでしょうか?そのボリュームは半端ないのでゆっくり見学したら1日でも足りないかも。
写真もたくさん撮ったけどUPするのが大変なのでちょっと駆け足でその模様を載せていこうかなと。

2017_0906_0031.jpg
まずは入り口から。今回はクルマで行ったので駐車場から歩いてアプローチ。スイカみたいなチケット改札にタッチして入場。ここだけ見たらどこかの駅の写真みたいです。さすが鉄道系。

2017_0906_0033.jpg
お昼も過ぎていたので着いた早々にまずは食事です。

2017_0906_0071.jpg
実はここのレストランがリニューアル。今回の一番の目的はここでのランチだったりするのです。

2017_0906_0067.jpg
食堂車をテーマとしたレストラン「トレインレストラン日本食堂」。

2017_0906_0099.jpg
列車の食堂車をモチーフにしたちょっとノスタルジックでいい感じの店内。オレ自身は食堂車での食事は経験したことはないですが、きっとこんな感じなのかな。

2017_0906_0087.jpg
天井は列車の車内のようにアールが付けられています。

2017_0906_0096.jpg
こんな感じのテーブルライトも雰囲気に一役かっています。思わずガタンゴトンと言ってしまいそう。(笑)

2017_0906_0113.jpg
注文したのは食堂長自慢のスペシャルハヤシライス。

2017_0906_0119.jpg
ハヤシライスといえばスーパーのレトルトパウチのものをよく食べるのですが、ここのは国産牛サーロインを使用したデミグラスソースが美味でした。なんというのか味に深みがあるというのでしょうかね。

2017_0906_0127.jpg
また食器などは、かつて寝台特急「北斗星」で実際に使用していたもの。これってなんかうれしくありませんか?
ぶっちゃけ、食事のメニューでの味について美味しいのはある意味当たり前だと思っています。今回自分が思ったのは、懐かしい食堂車のイメージや北斗星の食器などのストーリーみたいなもの。そしてこの鉄道博物館の館内にあるというすべての要素が重なり合ったところの惹かれたのかなと。鉄道博物館で食堂車のイメージのレストランで懐かしいメニューを愉しむ。いいじゃありませんか?(笑)

でも欲を言わせていただければ、店内はホンモノの食堂車の車両を使って欲しかったかな。それだったらこの感動はさらに今以上得られるかな。





関連記事

2017北海道に行ってきました。 その1


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道ドライブ  ぬいぐるみ  
2017_0801_0007.jpg

2017_0801_0009.jpg
母親と妹が北海道に住んでいるので、夏は北海道に行くのがほぼ決定事項なワタクシ。
ここ数年はエリーゼでのアプローチではなく飛行機です。したがって一番最初の画像は羽田空港。
航空会社はエアードゥを選択したので第二ターミナルで時間はつぶしは、ねんりん家です。これも何度か同じパターン。

2017_0801_0016.jpg
フライトは順調で特に問題もなく北海道へ。ただ雲が多かったので上空からの景色は特に感動するようなものではなかったですね。

2017_0801_0067.jpg
この日の北海道は晴れ。気温は高めでも関東と違って湿度が低いせいか、思ったよりも不快ではありません。

2017_0801_0019.jpg

2017_0801_0052.jpg

2017_0801_0061.jpg
そんでもって、今回の北海道でのワタクシの相棒はこちら。
ダイハツ・キャスト スタイル。ホワイトとワインレッドのツートーンカラー。かわいらしい端正なスタイル。レンタカーって普段載らないクルマを乗ることができるので、こーゆーのはちょっと楽しみでもあります。自宅にあるムーヴコンテと比べても新しいだけあって内装デザインも今風です。
リアビューもおしゃれ~。(笑)

2017_0801_0102.jpg
燃費重視の仕様だけあって通常モードだとアクセル大きく踏まないと燃料薄くて加速しません。ちょっとした勾配だとグイっと踏み込んでいかないとズルズルとスピードが落ちてきちゃいます。普段はマニュアルトランスミッションで低燃費とは程遠いクルマに乗り慣れている身としては、アクセルは踏んだら踏んだ分加速してほしいと思ってしまうので、どうしてもイライラしちゃいます。
そんなときはハンドルについているこのボタンを押せば、エンジンの回転数を上げ、スロットルをより高開度に制御することで加速が多少良くなります。

いやあ、別にDのまま加速が足りないと思えば踏み込めばいいのでしょうが、自分の長年の癖でどうしてもアクセルの踏み込み量と加速は比例してほしいと思ってしまうわけなのです。
本当はクルマに合わせた臨機応変な対応をしろというのが正しいとは思うのですがね。(笑)

2017_0801_0069.jpg

2017_0801_0071.jpg
母親の自宅に宿泊した次の日は、帯広に所用がある母親を乗せて道東方面に。母親が用事を済ましている間、自分は隣町の音更に一人ドライブです。

2017_0801_0073.jpg
特に目的もないのでとりあえず道の駅おとふけへ。特に何をしたわけでもなくトイレ休憩と飲み物買っただけ。(笑)

2017_0801_0078.jpg

2017_0801_0083.jpg

2017_0801_0089.jpg
道の駅おとふけを後にして、どこに行くわけもなく周辺をウロウロ。せっかく借りたクルマなので北海道らしい景色と一緒に撮影タイムになりました。
やっぱりエリーゼで来たかったとは思うのですが、この酷暑でエアコンが使えないクルマでの長距離ドライブはマジで命にかかわりそうなので、身体に無理をさせないでエリーゼは快適な時期にいっぱい乗ってあげよう…なんて思っているのです。でも、快適な時期って結構少ないですよね。秋から初冬くらいかな。

2017_0801_0092.jpg

2017_0801_0095.jpg

2017_0801_0105.jpg
やっぱり牧場は外せないでしょ?(笑)
都会的なイメージだと勝手に思っていたキャストも意外とこんな景色も似合う気がします。少し強引過ぎますかね?

2017_0801_0107.jpg

2017_0801_0129.jpg
ついでにもっと北海道らしい写真を。刈り取られた草がロール状にされて置かれていました。

2017_0801_0138.jpg
広々とした景色。のんかのんびりな感じでいいですね。

2017_0801_0144.jpg
そんなこんなで時間はお昼も過ぎてきました。
昼食はどうしようかと考えていたところ、せっかく帯広方面にやってきたのだからここは豚丼でも食しますかということで、自分的にお気に入りなお店を目指すことにします。

2017_0801_0117.jpg

2017_0801_0121.jpg

2017_0801_0124.jpg

2017_0801_0127.jpg
まわりは畑なのですが、そこを貫くように走る道路は、街路樹も植えられていてよく整備されていてとても走りやすかったです。

2017_0801_0149.jpg
本日の昼はいっぴんという豚丼屋さん。帯広に来た時には何度もお世話になっているお店です。豚丼のお店はたくさんあるのですが、個人的にはここのが一番好きなのです。

2017_0801_0150.jpg

2017_0801_0153.jpg
香ばしさがたまりません。お肉は柔らかくて肉厚。ホクホクしながら頬張ると幸せな気持ちが溢れてきます。やっぱり美味いな~。
ちなみに頼んだのはノーマルの豚丼780円。夜は温泉宿に泊まる予定があるのでお昼はあまり無理をしないと心に決めていたのでした。

2017_0801_0160.jpg
時間はまだ少しあるので、少し遠回りをして帯広の森を経由して母親との待ち合わせ場所に向かうことにします。

2017_0801_0162.jpg

2017_0801_0165.jpg
うっそうとした木々の中、雰囲気もいい感じ。ここ、市の中心地からほんの数キロのところなんですよ。別に観光的なスポットとか景色がスゴくいいとか全然ありませんが、今回の北海道ではこの場所で撮ったクルマの写真は何か気になるものになりました。

その2に続く。


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

高倉町珈琲に行ってきました。


Category: 日記など   Tags: ぬいぐるみ  カフェ  ランチ  高倉町珈琲  
2017_0719_0010.jpg
このところの暑さで休みでもエリーゼに乗れていません。したがってブログのネタもどうしてもクルマ以外のものになってしまいますね。
さて。
以前からここをよく通っていたので、ちょっと気になっていた高倉町珈琲。昼飯がてら行ってきましたよ。このところのカフェブームに乗っかって、自分たちも休みのお昼はこんな感じのお店に通っているわけで。

2017_0719_0008.jpg

2017_0719_0014.jpg

2017_0719_0015.jpg
お店の雰囲気も落ち着いていてちょっとオトナチック。BGMはビートルズ。壁にもビートルズがかかっていました。

2017_0719_0011.jpg
こーゆーところではパンケーキがテッパンだと自分的には思うのですが、この日はなんとなく食事系にしたくなりました。パンケーキやフレンチトーストの他には、ドリアやパスタ、サンドイッチなどメニューも結構豊富です。

2017_0719_0012.jpg
やっぱり期間限定の文字に食いつく嫁キンタなのでした。

2017_0719_0001.jpg
オレはカレードリア。ちょっとがっつり行っちゃいます。横にはチキンとサラダ付き。

2017_0719_0002.jpg
嫁キンタは日本一のパンケーキというキャッチに惹かれパンケーキを。パンケーキ、少し味見させてもらったけど個人的は前回行ったカフェよりも、こっちのほうが好みかな。自分はふわふわの食感より、しっかりとした食べ応えのあるほうが好きなんだと実感しました。

2017_0719_0007.jpg
コーヒーもセットのブレンドにしましたがクセのない飲みやすいもの。ここ結構いいかも。

その時の動画です。(※音が出ます)
実はつい最近ビデオカメラを購入したので色々撮りまくっています。今回の写真も動画からの切り出したものもあります。思いのほか解像度が高くて、いい意味で期待を裏切られました。
編集とか割と楽しい作業だと少し目覚めたよ。(笑)



関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。