オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

宮沢湖温泉 喜楽里別邸で日帰り温泉


Category: 日記など   Tags: エリーゼ  ドライブ  温泉  宮沢湖  喜楽里  飯能  そば  テーマパーク    
2019_0212_0001.jpg
三連休の寒さ&降雪がウソのようにこの日は良い天気。近所にある日帰り温泉でのんびり過ごそうと。
やってきたのは飯能市にある宮沢湖温泉喜楽里別邸。その存在は以前から知ってはいたのですが、自宅からの距離が中途半端に近いこともありドライブの目的地にはならず…。かといってそこを目的地にしてまで行こうとは思わなくて今まで一度も訪れたことはありませんでした。

2019_0212_0002.jpg
宮沢湖はムーミンのテーマパークで近年注目を浴びているエリアです。
昨年の11月に、北欧ブランド雑貨や新鮮な地元野菜、工芸品などのショッピングを楽しめるマーケットをはじめ、北欧風の飲食を堪能できるレストラン、ものづくりやアートを通じたワークショップ、湖面の散歩を満喫できるレンタルボート、季節や様々なブランドによるイベントなどが体験できるメッツァがオープンしています。今年の3月にムーミンの物語を追体験できる4つのエリアで、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの世界観に触れられるムーミンバレーパークがオープンする予定です。

確か以前はカート場なんかがあったと思ったのですが、今やすっかりオシャレなスポットになっていました。ワタクシ個人的には、キャラクターのテーマパークはあまり興味がないので、ひとりでお出かけの時は立ち寄りません。なので今回ムーミンはナシです。(笑)

2019_0212_0003.jpg

2019_0212_0004.jpg
宮沢湖温泉は、美肌効果を持つナトリウムイオンと炭酸水素イオンが多く、また弱アルカリ性であることから、お肌の角質を柔らかくしツルツルにする「美人の湯」に近い効果があるとか。踵の角質が固くなってひび割れていたい自分にはちょうどよいかもしれませんね。(笑)
お湯は温めで長く浸かっていられます。露天風呂からは宮沢湖の湖畔を眺めることができます。新緑や紅葉の時期は結構いいかも。

2019_0212_0006.jpg
お風呂上りの食事は館内にあるそば処で。注文したのは十割そばととろろ温玉丼セット。セルフサービスですが味はまあまあ美味しかったです。

2019_0212_0010.jpg
売店では地域の食材などが売られていました。本当はこちらのアイスが欲しかったのですが、持ち帰りは記事しそうなので代わりに梅饅頭を買って帰ることに。こちらは梅の酸味とほのかな甘みが中の餡との良いマッチングで美味しかったです。

今回はひとりでのぼっちドライブでしたが、今度は二人で来たいと思いました。てか、ここは男ひとりとりは夫婦やカップルがいい場所でしたね。


ムーミン童話全集 全8巻 別巻

新品価格
¥15,336から
(2019/2/13 00:20時点)



関連記事

浦山ダム見学


Category: ドライブ・旅行   Tags: 浦山ダム  エリーゼ  ドライブ  秩父  ツーリング  プチドライブ  ロータス  施設見学    
2019_0116_0026.jpg
新しいクルマとのフィッティングも兼ねての秩父方面プチドライブ。目的地の浦山ダムまでやってきました。
秩父には4つのダムがあり、今回訪れた浦山ダムもその一つです。高さは国内第6位の156m。重力式コンクリートダムとしては全国で2番目の高さ。秩父のダム4兄弟の中では最も高くて新しいダムです。

2019_0116_0030.jpg
ダムの上はブロックがきれいに並べられた遊歩道になっています。

2019_0116_0036.jpg

2019_0116_0031.jpg
秩父方面を一望できるビューポイントとか。

2019_0116_0042.jpg
ダム堤頂の真ん中あたりに内部への入り口があり、エレベーターで見学が可能です。

2019_0116_0048.jpg
内部には階段がありますが、秘密基地感があってワクワクしますね。

2019_0116_0049.jpg
工事の様子などのパネルも展示されており、結構楽しめます。

2019_0116_0051.jpg
下流広場に出てみると、ダムの大きさに圧倒されます。右には外部階段(約500段)で昇り降りができますが、この時期は凍結で危険とのことで通行止めになっていました。

2019_0116_0029.jpg
どうしてもエリーゼでドライブとなると渋滞を避ける傾向があり都心方面よりも山方面に足が伸びてしまいます。山方面をドライブをするとコース周辺にダムがあり立ち寄りスポットとして寄り道することが多くなりました。
見ているうちにダムの魅力に取りつかれてきました。世の中にはダムマニアと呼ばれている方々もいるようですが、なんとなく気持ちが分かるような気がします。

秩父ダム4兄弟のうち、今回の浦山ダムの他、滝沢ダム、合角ダム、二瀬ダムと全てのダムに立ち寄ったことになりましたが、二瀬ダムだけはまだ通過しただけのレベルです。機会があればちゃんと訪問したいと思う次第です。

ダムを目的にドライブってものいいかもしれない。(笑)


関連記事

新エリーゼとのフィッティングドライブ


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: エリーゼ  秩父  トラブル  レビュー  ロータスエリーゼ  S3    
2019_0116_0005.jpg
納車当日にいきなりの不動のトラブルで速入院で再検査し、年明けに戻ってきたワタクシの新エリーゼ。その節はウィザムカーズさんには本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

そんなこんなで色々ありましたが、気分も仕切り直してnewエリーゼ・ライフの始まりです。
手始めに秩父方面へ。走り慣れたコースで、新しいクルマとの会話をしながらドライビングのフィッティング作業をしたいと思うわけです。

よくよく考えたら晴れた日中でクルマのディティールを確かめたのってこの日が初めてという…。せっかくなので各部をカメラに収め、以前乗っていたS2との違いなんぞも見てみようと思います。

2019_0116_0007.jpg
インパネのデザインは大きく変わっています。上部に貼られていたアルカンターラは樹脂製のものに変わっています。両席エアバッグが装備されてオーディオや吹き出し口のレイアウトも変更されています。それに合わせてカーナビの設置位置も変更しました。ステーはウィザムカーズさんにお願いしています。しっかりとしたもので走行中のブレもありません。

2019_0116_0061.jpg
メーターパネルも照明も透過式になっていて視認性の良いものになっています。まあ一般的なタイプになったというわけですな。ターンシグナルも左右に分割されて表示されます。ただし音が出ないのはちょっと問題ですけどね。スピードメーターは300Km/h。そこまで出すことはないでしょうが、やる気は感じられます。

2019_0116_0009.jpg
トランスミッションは6MT。先にお借りしたスポーツ220ではスケルトンでしたが、こっちはブーツでカバーされています。個人的にはこっちの方が落ち着きます。フィーリングは残念ながらあまりよくありません。S2のフニっとは違いガキガキとメカニカルに入りますが、いかんせんストロークが長すぎます。(笑)
リバースは下のリング状の部分を押し上げながらレバーを1速のさらに左に押し込んでセレクトします。慣れないとついつい6速のところに入れてしまいます。

2019_0116_0011.jpg
ドアには電動で昇降させるスイッチが付いています。個人的にはアルミ製の手回しハンドルが好きでしたが仕方ないですね。トリムの仕上げは若干質感が上がっていました。

2019_0116_0010.jpg
リモコンドアロックが付いたのも今回のクルマの特徴です。(笑)
リモコンで施錠した場合はキーシリンダーでは解錠できないのでリモコンの電池切れたら大変なことになりそうです。

2019_0116_0058.jpg
シートの座り心地は良くなりました。S2のスタンダードのシートはぺったんこでしたが、クッションは多少肉厚になっており腰のあたりの痛みも少なそうです。これについては長距離運転でどのようになるか要確認です。

2019_0116_0013.jpg
ホイールはブラックで精悍な印象。タイヤはヨコハマのネオバ。足元の印象でクルマ全体の雰囲気もずいぶん変わるもんです。

2019_0116_0012.jpg
走りにかんしては、なんせ自分自身が15年くらい乗り続けたクルマに身体が慣れてしまっていたので、頭の中の切り替えが上手くできません。
クラッチのストロークが長くてミートの位置に違和感があります。これはそれは慣れるかな?
乗り心地はガタピシ感が満載で相変わらずロータスエリーゼです。代車でお借りしたスポーツ220が別物みたいにしっかりしていたのと比べると、「ああ。これだよこれ」(笑)って感じ。

2019_0116_0019.jpg
エンジンですが、走行中はローバー製より少し勇ましい音が背中から響いています。アクセルを戻すたびバリバリと音がします。スポーツ220も同様の音がしていたので、これはこういう仕様なのかしら。チューニングカーみたいでちょっとカッコいいですね。
車重は相変わらず1トンを切っているので、アクセルを踏み込むとそれなりに加速しますが、ローバーの踏んだ分だけ比例して加速するのと比べて、3000回転くらいからグイーンと伸びてきます。可変バルブ機構のせいでしょうな。
言われていたようにローバーより高回転型なので下の方では若干物足りないですね。気持ちアクセルを踏み込まないとかったるい感じがします。

そんなことを考えながら秩父方面へのフィッテイングドライブ。当初の目的地浦山ダムまでやってきました。いまのところ特に違和感もなく快適な道中でした。

色々とつらつらと書いてきた今回の新しいクルマ。S2エリーゼとの差異は思ったより少なくて、やっぱりエリーゼはエリーゼだなと。以前のクルマが素うどんだとしたら、今回のS3は素うどんに七味をかけたみたいですかね。自分の中で徐々に以前のクルマの印象が薄れていけば、新しいクルマも最高のドライブの相棒になってくれると確信したのでした。


関連記事

秩父方面ドライブ 道の駅あしがくぼ~滝沢ダム


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  秩父  あしがくぼ  オリジナルキャラ  ぬいぐるみ  ダム  写真  カメラ  
2018_1003_0002.jpg
久しぶりにドライブでもするかとクルマを駐車場から引っ張り出してみれば、昨日の天気予報どおりの晴れ。秋の天気にオープンで走るには絶好の日和です。
すっかり奥多摩&秩父ドライブマシーンと化した我がエリーゼ。今回も例にもれず秩父方面へ出発。まずはいつもの道の駅果樹公園あしがくぼへ。
ここで、自宅から持ってきたパンと缶コーヒーでちょっと遅めの朝ごはん。ドライブの途中で駐車場から愛車を眺めながらの缶コーヒーは至福の時なのです。

以前なら顔振峠などクネクネの山道なんかを走っていたワタクシですが、14年目に突入したクルマの調子を考えるとどうしても走る気になれず。なんかソコソコのペースでのんびり流すのいいかなと思う始末。乗っている人の体力とかその他の事情でエリーゼに乗る機会がめっきり減っています。

2018_1003_0003.jpg
なので今日はいっぱい走るぞ。と息巻いてみたもののやっぱり遠出する元気もなく結局は近場の秩父に落ち着いてしまったのです。とはいえ自宅から秩父方面は都内を目指すより渋滞もなく平日であれば道も比較的空いていて走りやすいのも確か。奥多摩も同様。せっかくのドライブ、自分のペースで走りたいじゃありません?

2018_1003_0005.jpg
秩父市街を抜けてとりあえずは滝沢ダムへ向かうことに。このあたりの道もドライブには最適なコース。信号も少ないので気持ちよく走ることができます。

2018_1003_0077.jpg
ダムの下流ひろばに到着です。ここからは滝沢ダムとその手前にあるループ橋を見ることが出来ます。

2018_1003_0055.jpg

2018_1003_0010.jpg
今回はフィルター装備の一眼レフカメラも持参。久しぶりにクルマをじっくり撮影したりして。他にクルマもいないので好き勝手やりたい方でいです。(笑)

2018_1003_0080.jpg
あいかわらずカッコいい車だと思いますが、自分的にはこの角度がフロントでは好きですね。有機的で抑揚のついたフェンダーラインがよくわかりますね。
デビューした時は先鋭的なデザインだと思っていましたが、見慣れたせいでしょうか、ディテールは尖がっていますけど全体的なシルエットは、どこかクラシカルな雰囲気に感じてしまう今日この頃。悪く言えば古臭い…かな。だけどそんなところが大好きなんですけどね。自分のセンスがだんだん世の中から外れてきているのかもしれません。

2018_1003_0037.jpg

2018_1003_0042.jpg
エリーゼのデザインは古典的なスポーツカーとしての黄金的なスタイルの中に、近代的なエッセンスを取り入れたものだと思いますが、それを可能したのがアルミ製バスタブモノコックに被せられたこの樹脂製のボディ。スポーツカーとしてのカッコよさを追及したがゆえに、積載効率やキャビンの広さなどという制約から解放されたこの造形は、スチール製のモノコックでは難しいかもしれません。
これって、今の時代においてものすごく贅沢なことですよね。

2018_1003_0089.jpg
ループ橋を渡ってダムの上にやってきました。

2018_1003_0105.jpg
のんびりした雰囲気で心が和みます。

2018_1003_0113.jpg
このまま自宅に戻るのもなんなので、ぐるっと二瀬ダム方面まわって帰ることに。この道はけっこう狭くてクネクネでした。先日の台風の影響か路面には木の枝や葉っぱが散乱していましたが、やっぱりこのような道は走ってて楽しいですね。
まさにスポーツカー・バンザイなのです。


関連記事

満願の湯


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  秩父  温泉  雨漏り  満願の湯  道の駅  あしがくぼ  鹿肉  山道  

梅雨の合間を狙って

関東は梅雨入りをしました。6月は雨が多くてなかなかドライブができないのですが、気温もそれほど高くない時期なので天気がよければドライブには最適なんですよね。特にクーラーがないワタクシのエリーゼにとって気温が高くないという事…、コレ重要なことなんですよ。(笑)

2018_0612_0001.jpg
この日は天気予報では曇りといえど雨は降らなさそう…ということだったので、それほど遠くではないですが長瀞あたりまでクルマを転がそうかなと。
時刻は朝の8:31。スタートは遅めですが、近場なのでこのくらいでちょうどいいのです。

いつものスタート地点の「道の駅果樹公園あしがくぼ」

朝ごはんでも食べようとしたらレストランは11:00からでした。したかがないので隣のパン屋さんでコッペパンを購入。缶コーヒーとセットでこれぞツーリング・スタートキットが揃ったって感じです。コッペパンにはオレの大好きなピーナッツバター入り。お値段もお手頃の割には、焼きたてだったのでスーパーで売っているものよりパンが美味しかったです。
2018_0612_0004_1.jpg

2018_0612_0003_1.jpg
ちょっとカッコつけて『雰囲気あるような写真を撮ってみた』みたいなものを狙ったのですが、フラッグでクルマは隠れているし、わらじカツやみそ丼という文字もマイナスポイントで出来はイマイチ。

2018_0612_0005_1.jpg
今回のルートは道の駅から秩父の市街地を抜けて小鹿野方面へ。目的地は「満願の湯」。最初は長瀞のからアプローチしようと思っていたのですが、それじゃつまらないということで小鹿野方面からクネクネした峠道経由で時計回りにしました。

県道284号でいざクネクネ道へ

街中を抜けるとだんだんと道が細くなってきました。このところエリーゼでは広めの道や高速ばかり走っていたので久しぶりの感覚にワクワクしてきます。
2018_0612_0008_1.jpg
緑の森の中に真っ赤なクルマが映えます。ここからは運転モードであまり画像がありません。

右や左のカーブをスイスイとトレースしていく楽しさ。ロータスエリーゼは、電子制御はないアナログのクルマですが人間がクルマに与えた命令をクルマ側が分かりやすくフィードバックしてくれるので、ある程度運転に慣れている人には案外エリーゼって見た目の印象ほど乗りにくくないんですよね。ええ。走り出してしまえば。(笑)
エリーゼの運転で一番大変なのは、駐車場で低速でのノンアシストのハンドルの切り返しだったりします。
2018_0612_0010_1.jpg

離合が大変な細い道も。ガードレールの凸凹がこの道の狭さを語ってくれています。ああ、ほんとに一人でこんな山道走るのって久しぶりです。考えてみればラジエーターやセルモーター、シフトレバーなどの直接走りにかかわる箇所のトラブルを経験してからは、なんとなく人が少ない山道は避けていた気がします。
2018_0612_0012.jpg
今回は特にトラブルの予兆みたいなものもないので精神的にも健全状態。これなら北海道へも行けそうな勢いです。(行かないけど…)

2018_0612_0013.jpg
心細くなるくらい道幅の狭い道にバス停発見です。地域の方々の貴重な足になっているのでしょうね。なんだか人の暮らしの証みたいなものを見つけたような気がして、ちょっとうれしくなってしまいました。

途中に天空のおやきというお店があるということを知りチャレンジしてみました。手前の駐車場で停めればいいものを、奥まで突っ込んだのが運の尽き。道が狭くてUターンも出来ず半分涙目でなんとか元の道まで戻るという失態。久しぶりに冷や汗かいたよ。(汗)
お店に入る気もすっかり萎えてしまって、そのままチーンって感じでクルマを進めることにしました。次回はぜひリベンジしたい。

満願の湯

そんなこんなで山道を走っていると突如真っ赤な看板が目につきます。本日の目的地の満願の湯にやってきました。
2018_0612_0016.jpg

2018_0612_0017.jpg

2018_0612_0018.jpg

入浴料を払ってまずはお湯に入ることに。さすがに撮影できないので、HPから拝借させていただきます。当日はこんなにお天気は良くなかったですが、木々に囲まれて自然と一体となるような雰囲気でなかなかのものです。温泉は源泉100%とのこと。確かにお肌がすべすべでいい感じ。気持ちいいですわ。
img_furo11l_600.jpg
※画像は満願の湯HPより

2018_0612_0019_1.jpg
お風呂の後はお食事を。数量限定の秩父鹿の味噌焼丼。ちょっと癖があるけど自分はOK。普段食べることがあまりないので美味しくいただきました。

久しぶりの雨ドライブ

軽く休憩した後、心も体もすっきりしたことですし、自宅に戻ることにします。なんだか空模様が怪しい感じです。一応ソフトトップは付けたままで走った方がよさそうです。
2018_0612_0021_1.jpg

2018_0612_0023.jpg
帰りは途中から雨にあたることに。雨雲レーダーと一緒に走ることになりそうです。でもこの時はまだ心に余裕がありました。(笑)

2018_0612_0027.jpg
雨が酷くなってきたので途中の道の駅で休憩していたのですが、いっこうに弱まる気配なし。逆に強くなってきて結構焦る羽目に。そうこうしているうちにフロントウィンドウが曇りだし、視界は最悪状態。おまけにサイドウィンドウのところから雨漏りも大量発生。敷いたタオルが間に合いません。このままじゃクルマの中が水浸しになってしまうので、意を決し、他のタオルでフロントウィンドウを拭きながら自宅に帰りました。

エリーゼのエアコンは最初からクーラーが1時間くらい経ってクルマそのものが温まると緩い風しか出ませんでしたが、雨の日の曇りが取れないのは結構致命傷です。何度か修理をしているのですが、すぐ壊れるので直すのをあきらめています。でも、こんな時のためにクルマの中には曇り止めの何か用意しておかないとイケマセンね。ここんところ雨の日は乗っていなかったので、雨の日の窓曇りの恐怖を忘れていました。今回はいろいろな意味でドキドキで楽しいドライブになりましたね。

■今回のドライブルート
A:道の駅果樹公園あしがくぼ
B:天空のおやき
C:満願の湯

関連記事

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login