オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

昭和レトロな温泉銭湯の玉川温泉に行ってきました。


Category: 日記など   Tags: ロータスエリーゼ  玉川温泉  日帰り温泉  ドライブ  埼玉  昭和レトロ  オープンカー  スポーツカー  
2019年11月5日。
埼玉県比企郡ときがわ町にある『玉川温泉』に行ってきました。こちらは温泉もさることながら、昭和レトロな雰囲気が特徴的な日帰り入浴施設なのです。

写真 2019-11-05 11 40 11

写真 2019-11-05 11 39 47

写真 2019-11-05 11 43 45
のんびりとした雰囲気で癒されます。

写真 2019-11-05 11 50 54

写真 2019-11-05 13 04 29

写真 2019-11-05 12 13 10
お腹も空いていたので館内の食堂で昭和のハンバーグ定食を注文。味は昨日ちょっとよさげな焼き肉食べたせい??
でも、これが昭和のミートボールのハンバーグって感じで再現されていました。

写真は撮れませんでしたが、温泉は透明のアルカリ性単純温泉です。浸かった瞬間からお肌スベスベ。美人の湯というだけはあります。
写真 2019-11-05 11 51 59
館内は昭和の時代にタイムスリップしたようなノスタルジックな世界観。雑多とした中にもどこかホッととする感覚。日々の生活に疲れた心をリフレッシュにはもってこいの場所ではないでしょうか。



関連記事
スポンサーサイト



小菅の湯


Category: ドライブ・旅行   Tags: ロータスエリーゼ  ドライブ  小菅の湯  温泉  美人の湯  道の駅こすげ  奥多摩  オープンカー  スポーツカー  山女塩焼き御膳  
2019_0925_0001.jpg
秋は行楽のシーズン。オープンカー乗りにとっては花粉や気温もクリアできる一年の中でも数少ないデリシャスシーズンでもあります。この日は絶好の晴れ日和。仕事の休みと好天が重なるのはかなりの確率です。もう、これは走るしかないでしょう。(笑)
てなわけで、駐車場からクルマを引っ張り出していつものルートを走ります。

2019_0925_0002.jpg
やってきたのは「多摩源流温泉 小菅の湯」。ここは何年か前に来たことがありましが、その時とは周りの印象が違うようです。なんでも2015年に隣接する「道の駅こすげ」がオープンしたようです。レストランやお店があって賑やかになっていますね。

2019_0925_0004.jpg

2019_0925_0005.jpg

2019_0925_0006.jpg
時刻はちょうどお昼時。空腹のままに入浴はあまり関心できませんので、まずは昼食を。

2019_0925_0007.jpg
せっかく山奥までやってきたので、山女塩焼き御膳を注文しました。魚はあまり食べないのですが、こういう場所では焼き魚も美味しいですね。

小菅の湯は高アルカリ性温泉で、お肌がつるつるになることから、「美人の湯」としての評判も高く、大風呂をはじめ、露天風呂や五右衛門風呂、寝湯、イベント風呂など九つのお風呂があります。お風呂の撮影はできなかったのですが、足を伸ばしてのんびりの入浴は本当に癒されます。

2019_0925_0008.jpg
帰りも来た時とそのまま同じルートで。クネクネした道は重心が低く軽量のロータスエリーゼには大好物。ドライバーの意思に忠実に、そしてあきらかに安全に速く快適に道筋をトレースしてくれます。

2019_0925_0010.jpg
往復130キロ程度のプチドライブ。
この頃はなんとなく自分の中のドライブ熱が冷えつつあってのでしたが、やっぱりトップを外してのドライブは気持ちがいいですね。
これからは紅葉シーズンが始まります。この次は少し足を伸ばしてどこかに行きたいですね。


関連記事

デジイチでエリーゼS3を撮ってみた。


Category: カメラや写真   Tags: ロータスエリーゼ  一眼レフ  写真  愛車  撮影    LOTUSELISE  マイカー  スポーツカー  オープンカー  
2019_0320_0014.jpg
スマホの性能が上がってしまったのと持ち出すのが億劫になってこの頃は出番があまりないデジタル一眼カメラですが、せっかくクルマを新調したので撮影してみました。
しかも自分が持っているのは望遠レンズもあるので今回は望遠で撮影を。たしか望遠の方がカッコいい写真が撮れるような気がするので…。(笑)

2019_0320_0029.jpg
この日は天気はいいけどこの時期は花粉が怖いのでトップは開けません。新しいクルマはエアコンが効くので窓閉めたままでも走れるのは何気に嬉しいところですね。
今度のエリーゼS3は前のエリーゼS2と比べるとデザインも少しシンプルになって幾分落ち着いた印象ですね。

2019_0320_0044.jpg

2019_0320_0078.jpg
LEDのウインカーやポジションランプが一つのユニットにまとまっています。昆虫顔から爬虫類顔に変わりましたね。全体のシルエットは変わりませんがディテールが洗練された気がします。

2019_0320_0056.jpg
後ろからのビューはほとんど変わらないです。抑揚のあるデザインはやっぱりカッコいい。ホイールがブラックになったのでよりスポーティさが加わりました。ちょっとヤンチャな雰囲気でしょうか。

2019_0320_0062.jpg
フロントではこのフェンダーのラインがハイライト。まるで山の尾根のようです。

2019_0320_0107.jpg
本当は景色が映えるところが良かったんですけど、時間の都合で近所の人気の少ない場所でちょろっと撮影します。

2019_0320_0093.jpg
桜もボチボチ咲きだし始めましたが、梅の木のそばで撮ってみました。

2019_0320_0113.jpg

2019_0320_0126.jpg
乗り換えてからしばらくは違和しかなかったS3ですが、ようやく自分の身体に馴染んできました。以前にも書きましたが、モデルチェンジでそのコンセプトが大きく変わってしまうクルマも多い中、S2もS3も同じロータスエリーゼで大きくそのキャラクターがブレていないというところが大きいですかね。あ、エリーゼの場合はモデルチェンジというよりは、マイナーチェンジというべきですかね。

エリーゼ&ロータスVol.4 (NEKO MOOK 1456)

中古価格
¥1,286から
(2019/3/20 23:09時点)


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX9I-WKIT

中古価格
¥75,800から
(2019/3/20 23:12時点)




関連記事

ロータスエリーゼS3をちょろっと紹介


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ロータスエリーゼ  LOTUSELISE  車紹介  車購入  YouTube  スポーツカー  マフラー  排気音  エンジン  内装  

約14年間連れ添ったロータスエリーゼS2とお別れをして、昨年の暮れにやってきたエリーゼS3。 今回の動画では、そのS3をちょろっとご紹介いたします。 ※2019年3月15日追記。みんカラの方よりご指摘を受けて確認しましたが、どうやらマフラーは純正ではなさそうです。訂正させていただきます。



関連記事

エリーゼ スポーツ220について


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ロータスエリーゼ  スポーツカー  代車  エリーゼスポーツ220  
納車初日でいきなりのトラブルで帰宅途中で代車でスポーツ220をお借りすることになったのはこの前の記事の通りです。
その後年末のバタバタでいまだにそのクルマは自宅にあるのですが、せっかくなので運転して思ったことなどを書いてみようかと思います。

2019_0103_0002.jpg
その前に自分が所有していたクルマについても前提にあるのであくまで参考になれば幸いです。ざっとこんな感じです。
以前乗っていたクルマ エリーゼS2 ローバー製Kエンジン
今回購入したクルマ エリーゼS3 トヨタ製エンジン(1ZR-FAE)
代車でお借りしたクルマ エリーゼS3 スポーツ220 トヨタ製エンジン(2ZR-FE)

S3はエンジンのかけ方がスタートボタンになったりと同じ車種でありながら、ちょこちょこ仕様が変更になっています。自分のクルマはS2の初期型なのでほとんどシンプルでしたが、さすがに新型は洗練されており今風のクルマに仕上がっています。今までのエリーゼ特有と思っていたあのガタピシ感が随分と影を潜めています。装備が充実しクルマが重くなったせいでしょうかね。逆にいうと自分が乗っていたS2がかなりクラッシックな印象を受けます。

2019_0103_0004.jpg
新型の特徴的なスケルトンのシフトレバーはメカメカしててカッコいい。内装もレザーがあしらわれており高級感もあります。

2019_0103_0005.jpg
メーターも300キロまで刻まれています。個人的にはタコメーターの文字はもう少し小さくてもいいかなと思います。

2019_0103_0007.jpg
右側にエンジンスタートボタンとライト系のスイッチ。スポーツと書かれたのはモードの切り替えのようですね。せっかくなので切り替えてみましたが、街乗り程度ではよくわかりませんでした。(汗)

エンジンやトランスミッションが違うのでいわば骨格のみ共通で他は別物。クルマの乗り味はそういった機械やそれに伴う重量等によって変化するのでしょうから、運転した感覚は別なものというのが正直な感想です。
だけどその違いは極めて狭義的なエリーゼの中ではという条件が付きます。もう少し広いところから見ると、たとえば他社のクルマなどと比べると、やはりロータスエリーゼというクルマですし、今まで普通のクルマに乗ってい方で運転好きな人であれば感動するに違いないと思いました。

スポーツ220は1800㏄のスーパーチャージャー付の220馬力。踏めば早くて街乗りでは持て余します。マフラーから聞こえるのも野太い音ですし、エンジンがやたら勇ましくて走行中も常にエンジン音が後ろから聞こえます。最初は「おお、スポーツカーっぽい!」と気持ちが盛り上がるのですが、ずっと運転しているとちょっと疲れそうです。でもやる気は出ます。峠やワインディングでは楽しいでしょうね。

比べてS2のローバーはいたって平和的です。アイドリングは静かですし踏んでも音はソコソコ。気分の盛り上がりはあまりないかもしれませんが、自分のレベルではクルマとの一緒になって走るまさにライトウエイトという言葉がぴったりのスポーツカーでしたね。そう考えると、なんだかんだ言って自分にはS2の素うどん的な方があっていたのかもしれません。

今回縁あって高グレードのクルマを試乗できることになりましたが、あらためてスタンダードの良さを実感させていただく良い機会になりました。そのうち戻ってくる自分のS3もどんな感じなのか。やはり前のS2がよかったとなるのか、それとも新しいクルマの良さを教えてくれるのか。楽しみでもあります。


関連記事

02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01

03


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login