オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2017走り納め…の奥多摩プチドライブ


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: エリーゼ  ドライブ  奥多摩  ぬいぐるみ    ロータス  修理  プチドライブ  周遊道路  シフトレバー  
先週修理から戻ってきたエリーゼを、シフトノブの確認も兼ねて2017年走り納めドライブで奥多摩まで駆り出してみました。
そうは言っても山の中で不動になるリスクも拭えず、人が比較的多くいる場所でかつソコソコ山道ってことで、いつもの奥多摩になりました。
2017_1206_0011.jpg

自分のエリーゼは奥多摩&秩父方面専用マシンになっていますな。(笑)
まあ、所有してから14年くらい経っているので、トラブルのことがどうも頭がよぎってしまい遠乗りが遠のいています。以前は北海道までフェリーで行ってたのにね。もう怖くてできませんよぉ。(汗)
2017_1206_0001.jpg

2017_1206_0007.jpg
途中のコンビニで遅めの朝食のおにぎりと缶コーヒー購入。

奥多摩はすっかり冬景色で紅葉も何もあったもんじゃありません。それでも天気もいいし、以前にも書きましたが、夏の暑さより冬の寒さは露天風呂の気分でオープンドライブにはちょうどいいですね。
2017_1206_0014.jpg

2017_1206_0018.jpg

久しぶりの周遊道路は、工事が相変わらずでのんびり走行モード。昔一発免停くらったイワク付きの場所でもあるので、自分的にはその方が助かります。頂上の駐車場で軽く休憩して都民の森方面から五日市経由で自宅に帰ることに。
2017_1206_0049.jpg

2017_1206_0029.jpg 

2017_1206_0063.jpg

2017_1206_0054.jpg
すすきが寂しげに風になびいていました。これも冬景色ぽいですよね。

せっかくのドライブだったのでトップを外して走っていたのですが、さすがに寒くて途中からは閉じちゃいましたけど、久しぶりのドライブで思ったことは毎度ながら、運転って楽しいなって事。
2017_1206_0019.jpg
掲示板の温度表示は6℃でした。

特にエリーゼみたいなスポーツカーは操作系がダイレクトなので、自分のアクションに対してクルマの反応がはっきりわかりやすくて、いかにも運転してるぞ。機械を操作してるぞ…って気分になります。
2017_1206_0095.jpg

エリーゼ自体はいわゆるハイテクとは程遠い昔ながらの機械仕掛けの自動車で、腕時計で例えるならば、電波ソーラーやクオーツではなくてまさにゼンマイで動く機械式なんですよね。精度はクオーツには及びませんが、どこか懐かしい機械式腕時計と同じで、自動ブレーキや横滑り防止装置などなく、まさに歯車で動いている感じの懐古的なものに感じます。
2017_1206_0102.jpg

釣り目でアニメチックな外観から見た目は凄そうに見えるのですが、案外付き合ってみると素朴で親しみやすい性格なんですよね。ロータスエリーゼってクルマは。(笑)
2017_1206_0023_201712061823067d1.jpg


関連記事

梅雨入り前にちょっと走りたかったので奥多摩プチドライブ。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  奥多摩  プチドライブ  
2017_0607_001.jpg
本日関東地方と四国地方で梅雨入りしたと各気象台が発表しました。ただし前日までの天気予報では曇りということだったので、梅雨入り前のプチドライブにいつもの奥多摩に走りにいってきました。

この日の気温は20℃ちょっと。空は予報通り曇り。
以前はドライブは晴れがいいねと思っていましたが、この時期の曇りの日はエアコンのの無いエリーゼには、実は優しい天気なのではないかとこの頃思うワタクシ。

2017_0607_031.jpg
ルートはいつもの通り。とくにひねりもなくダムを目指します。以前はちょくちょく停まって写真撮ったりしてましたが、このごろはそーゆーのも面倒くさくなってしまいました。
いや、違う。
同じ道なので初めて通った時の感動が薄れてしまったがために、わざわざクルマを停めてまで撮ることもなくなったというのが正しい表現かもしれません。

ただしエリーゼでのドライブは楽しいですよ。いつも言っているのですが、自分にとって運転するのがこんなに面白いクルマは今のところ無いんですよね。
見た目は派手ですがエンジンパワーは控えめなので、低めのギアを選んでちょっとアクセル開ければ気分だけは勇ましく走れます。それでいて懐は深いので自分の腕では全然その掌の中で安心して楽しめる。きっと自分のスキルとクルマのレベルの位置関係が自分にとってちょうどいいって感じられるのが、このクルマを何年も飽きずに所有できてる理由なのかなと思っています。

なんかまたメンドクサイ話になってしまいました。写真がないのでどうもそういった話題が多くなりがちです。(笑)

2017_0607_002.jpg
そんでもっていきなり昼ご飯の画。(笑)
奥多摩水と緑のふれあい館のレストランで頼んだのは「奥多摩清流定食」です。ニジマスのからあげ、ヤマメの梅しそ巻き揚げと季節の天ぷらがのったある意味奥多摩らしい定食。
朝からなんも食べていなかったのでとても美味しくいただきました。ここのお魚の揚げ物がホクホクと美味しいのです。

2017_0607_004.jpg
食事の後は周遊道路へ。
これまたいつもの月夜見第一駐車場。ここからの景色は大パノラマで素晴らしいのですがもう慣れちゃったので特に写真は撮らず。代わりに愛車の写真を撮ることに。

いつもならここで引き返すのが多いのですが、今回はそのまま都民の森を回って帰るコースにします。

2017_0607_006.jpg

2017_0607_007.jpg
月夜見から都民の森の間では、お猿と遭遇しました。クルマを停めて
「おーい。こっち向いて!」
の声に振り向いてくれたの図。

そのあとも道路を渡る数頭を見たので、ちょうどグループの移動にあたったみたいですね。これはちょっと嬉しいハプニングです。

2017_0607_010.jpg
そんなこんなで今回はこんな感じで。(笑)
戦利品は奥多摩のダムのところのレストランの横にあったお店で購入したとうふクッキー。帰宅したらちょっと疲れて、そのまま寝てしまってまだ食べていないという…。明日にでも味見をしようかと思っています。

ではまた!

■今回のルート
東青梅を起点にぐるっと時計回りで。
途中食事をして約3時間のコース。

A:東青梅駅そばのコンビニ
B:奥多摩湖ダム 奥多摩水とみどりのふれあい館
C:月見夜第一駐車場
D:通過点
E:通過点


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

やる気のないドライブで買ってきた白いイチゴの淡雪。


Category: 日記など   Tags: エリーゼ  ドライブ  ぬいぐるみ  プチドライブ  イチゴ  
2017_0523_004.jpg
沖縄旅行の記事がやっと終わり少しはクルマでの記事でもUPするか…。
ということで、この前行ってきたあしがくぼ。(笑)

2017_0523_003.jpg
この時期はツバメが飛び回っています。建物の軒にもこんな感じで巣が作られていました。

2017_0523_005.jpg
ホントは秩父辺りをウロウロドライブしようと思ったんですよ。でも暑くてイヤになってしまった。
午前中に道の駅のあしがくぼに着いたのですが、その時点で気温は27度。クーラーのない秀麿号のキャビンはきっともうちょっと暑かったかもしれません。日焼けのこともありトップはつけたままでやる気のないドライブです。

それでも毎度のことながらエリーゼの運転は楽しいです。
洗練されている現代のクルマと比べると昔っぽい機械の歯車と歯車がかみ合って動いている感じ。子供のころ遊園地で乗ったゴーカートのような乗り心地。何もかもがダイレクトでいかにも自分が運転してるんだという実感。いい歳したおっさんの大きなオモチャ。
これが自分にとってのエリーゼなのです。だから日常使いで不自由なところがあっても構いません。だって非日常のために乗るのですから。でもちょっとM気質でないとダメかもしれませんね。(笑)

だけど暑いのはきついです。体力は年々落ちているようで、以前のように頑張りが利かなくなってきたのも事実です。オープンカーとしてみたらドライブは晴れているほうがいいのですが、スポーツカーとしてみたらドライブは曇りで暑くない日のほうがいいかなとこの頃は思います。

2017_0523_006.jpg
おっと。
語りモードに入ってしまったのですが、せっかく道の駅にきたのですから、ここの名物のみそポテトは外せません。
今回は、ついでにこんなものも買ってしまいました。ちょっと珍しいですよね。

2017_0523_001.jpg

2017_0523_002.jpg
うーん。
確かに色の褪せたイチゴに見えますな。

2017_0523_007.jpg
淡雪いちごは2013年に品種登録された白いちごで、色は完熟しても完全な白というよりはほんのりとした桜色といった感じ。さがほのかという苺の突然変異で生まれたそうです。味は酸味はほとんどなく甘みが多かったですね。イチゴといえば赤くてちょっと酸っぱいイメージがありましたが今は甘いイチゴがいっぱいあっていいですね。

そーいや果物って昔と比べて酸っぱいのが減ったような気がします。

あれ?
これってクルマの記事ではないですよね。




関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

ちょっと早起きして奥多摩に行ってきましたよ


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  奥多摩  プチドライブ  
2017_0503_009.jpg
祝日と自分の休みが重なった!ので、休日はいつもはのんびり寝ているところ、仕事の時と同じ時刻に起きてせっかくだからとエリーゼでお出かけしてきましたよ。

来る途中に知ったのですがこの日青梅街道はお祭りのため、青梅市日向和田、和田橋交差点より青梅市勝沼町、勝沼交差点まで9時から21時まで通行止めとのこと。自分がその場所を通ったときはまだ規制がかかる前だったので、お祭りの準備の様子を眺めながらのんびり通行させていただきました。

2017_0503_014.jpg
奥多摩への道は基本一本道。いつもの道をいつものペースで走るのですが、やっぱり乗るたびに思うのはエリーゼって軽いんだな…と。仕事で使っている車と比べると何もかもがダイレクトで軽やか。
しかもお天気も良くて気温もそれほど高くなくて。ホント年に何回あるかのドライブ日和でした。

2017_0503_021.jpg
そんなこんなで奥多摩方面に到着。
湖のそばの大麦代駐車場はゴールデンウィークの休日の午前とあって割と賑やかです。平日来た時にはシャッターが閉まっていることが多い売店も営業中。バイクやオープンカー、スポーツカーなど趣味系のクルマもそれなりにいました。

2017_0503_019.jpg
この時期は新緑が美しいですね。

2017_0503_025.jpg
売店で缶コーヒーを買って一息。ベンチに座りながら周りの眺めての休憩。

2017_0503_028.jpg
お昼までには自宅に戻りたかったので駐車場を後にします。

2017_0503_033.jpg

2017_0503_040.jpg
青梅街道は通行規制が掛かっているので、軍畑から名栗を抜けて秩父方面へ。ペースは遅めでしたが、山道はやっぱり楽しいですね。マイナスイオンをたっぷり浴びています。自宅を出た時は少し肌寒かったのですが、だんだん気温が上がってきたのでしょうか、帰りの道中は止まると少し暑くなってきました。考えてみればもう5月。これから夏に向かって暖かくなって行くんですね。

2017_0503_042.jpg
正丸峠への分岐のところ。
このまま299号まで行って、嫁キンタにいつもの道の駅あしがくぼでみそポテトでも買って帰ろうと思ったのですが、秩父方面がすごい渋滞であえなく断念。そのまま飯能方面にクルマを方向転換です。飯能方面に進むと、対向する秩父方面に向かう車は正丸トンネルの中はおろかその前まらずっと列になっています。こりゃ戻って正解だったなと。

このごろは道中の写真は少なめです。このあたりの道は何度もブログの記事に書いているからというのもあるのですが、走り出すと運転そのものが楽しくて止まって写真撮るのが面倒になってきているのも事実。本当は以前のように新しいところまで足を伸ばして自分なりのデリシャスロードをアップできればいいんですけどね。

結局自宅には予定通りお昼に到着。
午前中のプチドライブで気分的には満足できた日だったのでした。ただドライブ中はずっとオープンだったので、思い切り日焼けしちゃいました。鼻のテッペンが真っ赤になってしまいました。日焼け止めは必須でしたね。(笑)




関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

プチドライブ。奥多摩から飯能の四里餅。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  奥多摩  プチドライブ  飯能  四里餅  大里屋    
2016_1123_004.jpg
11月23日(水)のハナシ。
祝日なのに珍しく自分のオシゴトも休みだったので、午前中にエリーゼ転がしていつもの奥多摩方面へ。通いなれた道なので特に感動もないのですが、まだ紅葉している山を眺めながらのドライブはいい気分です。そう。お天気さえ良ければさらにこの気持ちは上昇したでしょう。

2016_1123_003.jpg
しかし、この日は生憎の曇り。今にも泣きだしそうな空。
いつもなら雨降りそうなときはクルマを出さない主義なのですが、祝日に奥多摩方面に行けばいつもよりいろいろなクルマが来ているのではないかという変な期待の気持ちがあったのも事実なのです。

2016_1123_007.jpg

この天気じゃ奥多摩の駐車場と言えどもソレ系のクルマさんはほとんど遭遇せず。おまけに嫌いな雨にも降られてしまいました。それでも紅葉シーズンとあってそれなりの数のクルマは来ていましたが…。

2016_1123_011.jpg

2016_1123_014.jpg
まあ、せっかく来たので葉っぱの写真でも撮ってみる。

2016_1123_031.jpg

2016_1123_017.jpg
地面が濡れているのでみつ丸に立ってもらう場所にも気を使います。
なんか
「アンヨが汚れそうで嫌ナリ~」
って言っているみたいです。(笑)

2016_1123_029.jpg
天気もイマイチで気分も乗らないので周遊道路へは行かず引き返すことにします。今から帰れば昼くらいには自宅に戻れます。家には嫁キンタがいるので、何か買って帰ろうと思い出したのが飯能の四里餅。

2016_1123_025.jpg
ちょうどクルマのエンジンをかけた時に周りから複数のエンジン音が響いてきました。

2016_1123_035.jpg
なんとロータスヨーロッパを含めたスーパーセヴン軍団の方々のツーリングに遭遇しました。そして自分のエリーゼの周りを取り囲むように駐車されたのです。
おお。まるで秀麿号がツーリングの仲間のように馴染んでいます。(笑)

2016_1123_038.jpg
お声掛けをいただき一緒の写真を撮らせていただくことも了解を得ました。手前からセヴン、ヨーロッパ、エリーゼと年代で並んでいるようになっています。

2016_1123_047.jpg
それにしてもカッコいい。
なかなか厳しいですが、いつか所有してみたいですな。

2016_1123_019.jpg
自分のロータスエリーゼ、故障やその他の不具合等で所有するのをちょっと躊躇ったこともあったのは正直なところでしたが、こーやってその手のクルマを見ているとまだまだ自分も頑張らねば(…何を?)と思ってしまいました。あと10年もすればエリーゼS2もその域まで近づけそうでしょうかね?

2016_1123_049.jpg
その後、飯能市にある大里屋本店にて四里餅を購入し自宅へ帰還。

2016_1123_055.jpg
四里餅は、埼玉県飯能市の銘菓で小判の形状をした大福です。最初この四里餅聞いた時、尻餅と思ってしまったのはナイショです。(笑)
生ものなので、賞味期限は本日中という。

2016_1123_058.jpg
その昔飯能の山奥で伐採された杉の西川材を江戸へ運ぶ際に、いかだ師達は西川材をいかだに組んで川を下り、その帰りの上り道で饅頭を食べて力をつけたといいます。
また、入間川上流域の四里の急流を下る際にいかだ師達は餅を食べ、尻餅をつかずに難所を乗り切ったという逸話が残っており、これらの話が四里餅の由来とか。

2016_1123_061.jpg
中身はこしあんと粒あんの二種類があり、焼き印の向きによって判別できます。 横置に縦の焼印がこしあん。縦置きに縦の焼印が粒あん。自分は粒あんが好きなので縦書きですね~。

関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01

03


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login