オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

奥多摩ドライブからの丹波山温泉のめこい湯


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  奥多摩  温泉  ロータス  のめこい湯  道の駅  写真  たばやま  テレビドラマ  
2019_1001_0009.jpg
先週、今週も天気がよかったので奥多摩方面へプチドライブです。やはり天気が良いとやる気が出るってもんですね。
奥多摩方面は通いなれた道なので、自分の中ではイマイチ新鮮さに欠けてしまっているのもの事実。どうも道中、以前のようにクルマを停めてカメラを構えることが減ってしまいました。まあ、ブログを書くことに関しても少々情熱が冷めているのは否定できませんが…。(笑)

2019_1001_0015.jpg
折角なので今回はいつもよりクルマを停めて撮ってみました。新しいクルマになったので一眼にフィルターを付けて撮影をしてみます。(←とは言え、クルマは去年の暮れに入れ替わっており、もう半年は過ぎているのですが…)

2019_1001_0024.jpg
場所は青梅から少し走った山道あたり。東京とは思えないいい感じの田舎感。自宅からもソコソコの距離で気持ちのよいドライブロードが続くのです。

2019_1001_0030.jpg
いいペースでダムのところにやってきました。この日は天気もよく湖や山の稜線もきれいに見えました。

2019_1001_0038.jpg
いつもなら、ペースの遅めの車の先導で走ることが多いこの道。この日はなぜか自分の周りは車がいなく快適なスピードで走ることができました。このエリーゼには社外品のマフラーに交換されており、車検対応とはいえ、いささか勇ましい低音とアクセルを戻すたびに「ポンッポンッ」と音が、ドライバーのやる気を誘います。

2019_1001_0059.jpg
そのまま駐車場でトイレ休憩。

2019_1001_0083.jpg

2019_1001_0042.jpg
以前S3のエンジンに不満について書きましたが、S3になって良いところも多々ありました。ブレーキにはサーボやABSが付いたことにより、S2より軽い踏力で効くところは自分にとって乗りやすくなったことですかね。
また、その中で一番好きなところは前述のマフラーです。やはりスポーティで野太いエキゾーストはスポーツカーには大事なエッセンスといったところでしょう。

2019_1001_0062.jpg
平日だったのでクルマもまばら。青梅のあたりよりも気温が低いのか木々も少し紅葉してました。

2019_1001_0065.jpg
都内では暑い日もありますが、山は確実に秋に入っています。

2019_1001_0048.jpg
それにしてもこの色のクルマって写真難しくないですか?(笑)
特にボディはシャープさが出にくくノッペリとしてしまうし、調整するとハイライトの部分がピンクぽくなってしまいます。またホイールが黒なのでボディとの明るさのバランスがいい感じ決まりません。晴れの日はうまく撮れませんね…。写真の上手は人が羨ましいです。

2019_1001_0072.jpg
売店も閉まっていたので休憩もソコソコ、周遊道路へ走りに行くことにします。

2019_1001_0091.jpg
周遊道路は特に路面も荒れてなく快適なワインディングを愉しむことができました。いつもの駐車場からの眺めは相変わらず。

2019_1001_0100.jpg
スケッチをしている人や野鳥を撮影している人がチラホラ。このまま来た道を戻って本日の目的地に向かうとします。

やってきたのは道の駅たばやまです。
2019_1001_0114.jpg
奥多摩よりほんの先にある距離はドライブの目的地にちょうど良い場所にあります。

2019_1001_0115.jpg

2019_1001_0153.jpg
道の駅の裏側にあるつり橋を渡った先に日帰り温泉があります。
この日はちょうどテレビドラマのロケを行っていました。有名な俳優さんを間近で見られたのはラッキーでした。オンエアはいつなのでしょうね。今から楽しみです。

2019_1001_0127.jpg
もう何度も通っているのめこい湯。近場の温泉はいろいろなところに行ってますが、自分のなかでは自宅からの距離、ロケーション、泉質、建物設備等のいろいろな意味で一番好きかもしれません。

2019_1001_0122.jpg
お昼ご飯はそば。天ぷらが美味しかったですね。

2019_1001_0159.jpg
約1時間ほどのんびりしてから自宅に戻りました。道中ほとんどトップを開けたまま走っていましたが、気温もソコソコ高かったため軽く脱水症状か、湯あたりしたのか、自宅に入ってから体調が悪くなってしまいました。どちらにせよこまめな水分補給は重要ですね。

東京奥多摩地下探検ハイキング: 大多摩ウォーキングトレイルでお勧めカフェと温泉も楽しむ


関連記事

デジイチでエリーゼS3を撮ってみた。


Category: カメラや写真   Tags: ロータスエリーゼ  一眼レフ  写真  愛車  撮影    LOTUSELISE  マイカー  スポーツカー  オープンカー  
2019_0320_0014.jpg
スマホの性能が上がってしまったのと持ち出すのが億劫になってこの頃は出番があまりないデジタル一眼カメラですが、せっかくクルマを新調したので撮影してみました。
しかも自分が持っているのは望遠レンズもあるので今回は望遠で撮影を。たしか望遠の方がカッコいい写真が撮れるような気がするので…。(笑)

2019_0320_0029.jpg
この日は天気はいいけどこの時期は花粉が怖いのでトップは開けません。新しいクルマはエアコンが効くので窓閉めたままでも走れるのは何気に嬉しいところですね。
今度のエリーゼS3は前のエリーゼS2と比べるとデザインも少しシンプルになって幾分落ち着いた印象ですね。

2019_0320_0044.jpg

2019_0320_0078.jpg
LEDのウインカーやポジションランプが一つのユニットにまとまっています。昆虫顔から爬虫類顔に変わりましたね。全体のシルエットは変わりませんがディテールが洗練された気がします。

2019_0320_0056.jpg
後ろからのビューはほとんど変わらないです。抑揚のあるデザインはやっぱりカッコいい。ホイールがブラックになったのでよりスポーティさが加わりました。ちょっとヤンチャな雰囲気でしょうか。

2019_0320_0062.jpg
フロントではこのフェンダーのラインがハイライト。まるで山の尾根のようです。

2019_0320_0107.jpg
本当は景色が映えるところが良かったんですけど、時間の都合で近所の人気の少ない場所でちょろっと撮影します。

2019_0320_0093.jpg
桜もボチボチ咲きだし始めましたが、梅の木のそばで撮ってみました。

2019_0320_0113.jpg

2019_0320_0126.jpg
乗り換えてからしばらくは違和しかなかったS3ですが、ようやく自分の身体に馴染んできました。以前にも書きましたが、モデルチェンジでそのコンセプトが大きく変わってしまうクルマも多い中、S2もS3も同じロータスエリーゼで大きくそのキャラクターがブレていないというところが大きいですかね。あ、エリーゼの場合はモデルチェンジというよりは、マイナーチェンジというべきですかね。

エリーゼ&ロータスVol.4 (NEKO MOOK 1456)

中古価格
¥1,286から
(2019/3/20 23:09時点)


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX9I-WKIT

中古価格
¥75,800から
(2019/3/20 23:12時点)




関連記事

秩父方面ドライブ 道の駅あしがくぼ~滝沢ダム


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  秩父  あしがくぼ  オリジナルキャラ  ぬいぐるみ  ダム  写真  カメラ  
2018_1003_0002.jpg
久しぶりにドライブでもするかとクルマを駐車場から引っ張り出してみれば、昨日の天気予報どおりの晴れ。秋の天気にオープンで走るには絶好の日和です。
すっかり奥多摩&秩父ドライブマシーンと化した我がエリーゼ。今回も例にもれず秩父方面へ出発。まずはいつもの道の駅果樹公園あしがくぼへ。
ここで、自宅から持ってきたパンと缶コーヒーでちょっと遅めの朝ごはん。ドライブの途中で駐車場から愛車を眺めながらの缶コーヒーは至福の時なのです。

以前なら顔振峠などクネクネの山道なんかを走っていたワタクシですが、14年目に突入したクルマの調子を考えるとどうしても走る気になれず。なんかソコソコのペースでのんびり流すのいいかなと思う始末。乗っている人の体力とかその他の事情でエリーゼに乗る機会がめっきり減っています。

2018_1003_0003.jpg
なので今日はいっぱい走るぞ。と息巻いてみたもののやっぱり遠出する元気もなく結局は近場の秩父に落ち着いてしまったのです。とはいえ自宅から秩父方面は都内を目指すより渋滞もなく平日であれば道も比較的空いていて走りやすいのも確か。奥多摩も同様。せっかくのドライブ、自分のペースで走りたいじゃありません?

2018_1003_0005.jpg
秩父市街を抜けてとりあえずは滝沢ダムへ向かうことに。このあたりの道もドライブには最適なコース。信号も少ないので気持ちよく走ることができます。

2018_1003_0077.jpg
ダムの下流ひろばに到着です。ここからは滝沢ダムとその手前にあるループ橋を見ることが出来ます。

2018_1003_0055.jpg

2018_1003_0010.jpg
今回はフィルター装備の一眼レフカメラも持参。久しぶりにクルマをじっくり撮影したりして。他にクルマもいないので好き勝手やりたい方でいです。(笑)

2018_1003_0080.jpg
あいかわらずカッコいい車だと思いますが、自分的にはこの角度がフロントでは好きですね。有機的で抑揚のついたフェンダーラインがよくわかりますね。
デビューした時は先鋭的なデザインだと思っていましたが、見慣れたせいでしょうか、ディテールは尖がっていますけど全体的なシルエットは、どこかクラシカルな雰囲気に感じてしまう今日この頃。悪く言えば古臭い…かな。だけどそんなところが大好きなんですけどね。自分のセンスがだんだん世の中から外れてきているのかもしれません。

2018_1003_0037.jpg

2018_1003_0042.jpg
エリーゼのデザインは古典的なスポーツカーとしての黄金的なスタイルの中に、近代的なエッセンスを取り入れたものだと思いますが、それを可能したのがアルミ製バスタブモノコックに被せられたこの樹脂製のボディ。スポーツカーとしてのカッコよさを追及したがゆえに、積載効率やキャビンの広さなどという制約から解放されたこの造形は、スチール製のモノコックでは難しいかもしれません。
これって、今の時代においてものすごく贅沢なことですよね。

2018_1003_0089.jpg
ループ橋を渡ってダムの上にやってきました。

2018_1003_0105.jpg
のんびりした雰囲気で心が和みます。

2018_1003_0113.jpg
このまま自宅に戻るのもなんなので、ぐるっと二瀬ダム方面まわって帰ることに。この道はけっこう狭くてクネクネでした。先日の台風の影響か路面には木の枝や葉っぱが散乱していましたが、やっぱりこのような道は走ってて楽しいですね。
まさにスポーツカー・バンザイなのです。


関連記事

第11回 清瀬ひまわりフェスティバル


Category: 日記など   Tags: 清瀬  ひまわり  イベント  ぬいぐるみ  花畑  かき氷  リコッタ  カフェ  むさしの森珈琲  写真  

通勤電車の広告で知った10万本のひまわり

通勤電車の広告で知ったひまわり畑。清瀬ひまわりフェスティバルということで8月18日から28日までの期間に約10万本のひまわりが見られるのだという。自宅からもそう遠くもないし、色々調べてみたらそれなりに盛り上がっているみたい…。ちょうど最終日の28日は仕事もお休みだったので久しぶりに一眼レフカメラを持って見に行くことにしました。

2018_0828_0030.jpg
こういったイベントはまずウェブサイトで情報を確認です。直近のひまわりの様子や駐車場のことなどを事前に知ることができるので、当日現地でアタフタしなくて助かります。

ひまわりの様子は最終日ということもあり一面まっ黄色というわけではないみたいです。駐車場にかんしては会場にはないのですが、近隣のコミュティプラザひまわりというところに、有料ではありますが停められるとのこと。
cp01.jpg
最終日でしかも平日。そんなに混んでもいないだろうなとタカをくくっていたら会場付近の人の多さにいささかビックリです。結構人が来てるのね…。

cp02_20180828204716cd8.jpg
駐車場に案内されてそこから会場までは約5分ほど歩きます。住宅地を抜けた先の畑にあるので周りは近隣に住む方々の生活道路になっています。

道路から会場へのアプローチにはシートが張ってありぬかるみ対策になっています。こういった心遣いは嬉しいですね。
cp03_201808282049175df.jpg
道路からは約250メートルくらいだったでしょうか。畑のわきを歩く感じです。

見ごろは過ぎてもやっぱりキレイ

会場に入ってすぐのところに組まれている見晴らし台から見える景色はまっ黄色ではなく、見ごろを過ぎたひまわりが下を向いているので一面緑の世界です。それでもカメラのズームで確認すると奥の方には黄色いもの見えています。種をまく時期をずらしているので最後の植えられたひまわりがちゃんとお出迎えをしてくれました。

cp04.jpg
奥の方に黄色いのが見えますね。

2018_0828_0011.jpg
見晴らし台から奥のひまわりが咲いている方へ移動の途中、まだ上を向いて頑張っているひまわりもいましたよ。

奥のエリアでは満開のひまわりをバックにたくさんの人たちが思い思いに写真を撮っていました。
我々もひまわりを背景にぬいさんたちを色々撮ってみました。
2018_0828_0015.jpg

2018_0828_0009.jpg

2018_0828_0003.jpg

2018_0828_0006.jpg

2018_0828_0053.jpg
このあたりから曇りだった空に太陽が顔を出し始め、一気に気温が上昇してきました。汗がじっとりを噴き出してきます。湿度も高めだったのでこれは結構堪えます。あまりの暑さに耐えられずにかき氷を購入を決意。

IMG_8251.jpg
せっかくなのでいちごとみかんにしてみました。
いちごはスライスしたものを上に載っていて練乳がかけられています。いちごの酸味と練乳の甘さがいい感じ。みかんの方は載っているのシロップ漬けの缶詰っぽいですが、溢れんばかりのこのボリューム感には幸せを感じずにはいられません。
これが火照った身体をクールダウンしてくれました。やっぱり熱い日にかき氷っていいですね。(笑)

IMG_8253.jpg
会場を後にしてむさしの森珈琲 所沢住吉店でちょっと遅めのお昼ご飯。休みが一緒の時のランチはカフェ系が多いですね。季節限定のスイートとドリンクがついた週替わりのセットメニューでロコモコにしました。

IMG_8255.jpg
そして締めはリコッタチーズパンケーキ。

地主さんと地域の方々の協力で開催

今回の清瀬ひまわりフェスティバルについて。
清瀬市は東京都ではありますが隣が埼玉の所沢市で都内でありながらもみどりと農地が多い街です。このひまわり畑も元々は地主の方が小麦を植えている畑に次の植え付けまでの期間に畑の肥料として栽培されたもの。それがとてもキレイな風景だということで一般開放されることになったそうです。
不覚にも今年初めて知ったのですが、実はもう今年で11回目なんですね。年々来場者が触れて盛り上がっているそうで嬉しい限り。来年はもう少し早めに見ごろの時に一面黄色いひまわりたちに会ってみたもんです。

おまけ

当日気づいたのですが、お気に入りの腕時計のベゼルに擦傷があるのを発見してしまいました。腕時計なんだから使っていりゃ傷ぐらいは仕方ないのかもしれませんが、やっぱりショック。
IMG_8248.jpg
18のところに軽く擦った跡が付いてしまいました。(涙)

関連記事

鉄道博物館 その1 トレインレストラン日本食堂 


Category: 日記など   Tags: ぬいぐるみ  カメラ  写真  オリジナルキャラ  食事  スイーツ  カフェ  ランチ  外食  鉄道博物館  
2017_0906_0048.jpg
もう1週間くらい前ですが、さいたま市にある鉄道博物館に行ってきました。

道博物館のウェブサイトによると、鉄道博物館は日本及び世界の鉄道に関わる遺産・資料に加え、国鉄改革やJR東日本に関する資料を体系的に保存し、鉄道システムの変遷を、車両等の実物展示を柱に、それぞれの時代背景等を交えながら、産業史として物語り、道の原理・仕組みと最新(将来構想を含む)の鉄道技術について、子どもたちが、模型やシミュレーション、遊戯器具等を活用しながら、体験的に学習できる…というコンセプトのもと、JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとしてさいたま市大成地区に建設されました。

この界隈で鉄道のミュージアムといえばここ以外の充実されたものはなのではないでしょうか?そのボリュームは半端ないのでゆっくり見学したら1日でも足りないかも。
写真もたくさん撮ったけどUPするのが大変なのでちょっと駆け足でその模様を載せていこうかなと。

2017_0906_0031.jpg
まずは入り口から。今回はクルマで行ったので駐車場から歩いてアプローチ。スイカみたいなチケット改札にタッチして入場。ここだけ見たらどこかの駅の写真みたいです。さすが鉄道系。

2017_0906_0033.jpg
お昼も過ぎていたので着いた早々にまずは食事です。

2017_0906_0071.jpg
実はここのレストランがリニューアル。今回の一番の目的はここでのランチだったりするのです。

2017_0906_0067.jpg
食堂車をテーマとしたレストラン「トレインレストラン日本食堂」。

2017_0906_0099.jpg
列車の食堂車をモチーフにしたちょっとノスタルジックでいい感じの店内。オレ自身は食堂車での食事は経験したことはないですが、きっとこんな感じなのかな。

2017_0906_0087.jpg
天井は列車の車内のようにアールが付けられています。

2017_0906_0096.jpg
こんな感じのテーブルライトも雰囲気に一役かっています。思わずガタンゴトンと言ってしまいそう。(笑)

2017_0906_0113.jpg
注文したのは食堂長自慢のスペシャルハヤシライス。

2017_0906_0119.jpg
ハヤシライスといえばスーパーのレトルトパウチのものをよく食べるのですが、ここのは国産牛サーロインを使用したデミグラスソースが美味でした。なんというのか味に深みがあるというのでしょうかね。

2017_0906_0127.jpg
また食器などは、かつて寝台特急「北斗星」で実際に使用していたもの。これってなんかうれしくありませんか?
ぶっちゃけ、食事のメニューでの味について美味しいのはある意味当たり前だと思っています。今回自分が思ったのは、懐かしい食堂車のイメージや北斗星の食器などのストーリーみたいなもの。そしてこの鉄道博物館の館内にあるというすべての要素が重なり合ったところの惹かれたのかなと。鉄道博物館で食堂車のイメージのレストランで懐かしいメニューを愉しむ。いいじゃありませんか?(笑)

でも欲を言わせていただければ、店内はホンモノの食堂車の車両を使って欲しかったかな。それだったらこの感動はさらに今以上得られるかな。





関連記事

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login