オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2017北海道に行ってきました。 その2


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道  ドライブ  レンタカー  ホテル  お菓子  
2017_0801_0172.jpg
北海道の続きです。
所用を済ませた母親と同流して着いたところは本日のお宿「幕別パークホテル悠湯館」。
何年か前にはお隣の「十勝幕別温泉 グランヴィリオホテル」は宿泊したことがあったので今回はこちらの宿を選択。外観は、こじんまりとした雰囲気のホテルです。

2017_0801_0176.jpg

2017_0801_0182.jpg
お部屋は古いですが綺麗に掃除されています。特に可もなく不可もなく。のんびり過ごせました。夕食は珍しくお部屋でした。十勝牛の陶板焼きの和食。

onsen-daiyokujyo01.jpg onsen-roten04.jpg
お風呂はこの宿の自慢というだけあって中々でした。なんたってこの辺りでは有名はモール温泉がよかったです。

モール温泉とは、十勝平野内で湧出する世界でも稀少な植物性の温泉です。太古の昔、地殻の変動などによって地中に閉じ込められた草木(腐植質)が主成分で、泉質名の“モール”は、ドイツ語の「泥炭」が由来となっています。ここ幕別パークホテル悠湯館の湯元は2004年に地下600メートルから汲み上げた新源泉。公式ホームページによると、源泉温度49.6℃、湧出量毎分340リットル、加水、加温、循環をいっさい行わず、自然のままの湯を注いでいるとか。お湯は、植物由来の天然保湿成分が豊富に含まれているため、柔らかでつるつるとした湯ざわり。まさに美人の湯にふさわしいお湯なのです。

※浴室等の写真撮影は禁止だったので、画像は公式ホームページから拝借させていただきました。

2017_0801_0188.jpg
明けて朝食はお食事処で。和食でいい感じです。

本日は札幌方面の母親の自宅に戻るだけなので時間的には余裕があります。しかしせっかく帯広に来たのだから、ちょこちょこと寄り道をしながら帰ろうかということになりました。

2017_0801_0189.jpg
宿をチェックアウトをした後は、本日の第1のミッションです。やってきたのは帯広界隈では有名はお菓子屋さん「柳月」の本社兼工場兼大型店舗の「十勝スイートピア・ガーデン」。柳月と六花亭は子供ころから慣れ親しんだお菓子なので対して珍しくもないのですが、ここに来たのには訳があります。

2017_0801_0195.jpg
柳月言えば三方六というお菓子が有名ですが、ここではその『端っこ』がお買い得品として購入できるのです。

2017_0801_0199.jpg

2017_0801_0201.jpg
開店前からの行列に私たちも加わり、無事整理券をゲット。

2017_0801_0215.jpg
無事に三方六のお買い得品を購入した後は自宅や職場へのお土産を。自宅でお留守番の嫁キンタは期間限定や地域限定などの限定品が好きなので、それ系の商品を購入しておきます。

2017_0801_0216.jpg
十勝では有名な十勝石(黒曜石)が展示されていました。
北海道中央の大雪山東の激しい火山活動 によって生まれたもので、ケイ酸分の多いマグマが急激に冷え 固まり、結晶も無い黒いガラス状の石です。
子供ころよく河原に採りに行ったっけ。さすがにこんなに大きいのはありませんでしたけど…。(笑)

2017_0801_0219.jpg
次のミッションはこちらから。
クランベリーというお店です。ここはスイートポテトで有名はお菓子屋さん。

2017_0801_0224.jpg

IMG_5691.jpg
後日自宅に送られてきたスイートポテト。日持ちしないのでクール便で自宅に戻ってから食べられるようにしたのです。ついでに焼き菓子やクッキーも一緒に送ってもらいました。

IMG_5692.jpg
箱から出すとこんな感じ。さつまいもの皮を容器として使う事で、見た目にもインパクト満点のスイートポテトは1972年の創業以来の歴史あるお菓子なのです。

IMG_5695_20170811160003938.jpg
ここのスートポテトはホントにおいしいです。
北海道には銘菓といわれるものが多々あります。先の柳月や六花亭は全国区で有名になってそれはそれでいいのですが、実は個人的にクランベリーのこのスイートポテトがイチ押しなんですよね。ネットでも購入できるので興味がある方はぜひ試してみてほしい。

2017_0801_0253.jpg
帯広を後に札幌方面へとクルマを走らせるのですが、去年の大雨の影響で北海道の東西を結ぶ大動脈である日勝峠はいまだ通行不可。行きは道東道を使ったのですが、せっかくの北海道ドライブなので下道を走りたい。なので今回は狩勝峠を通るルート選択、途中の新得にある「そばの館」で昼食にすることにします。

2017_0801_0246.jpg

2017_0801_0244.jpg

2017_0801_0237.jpg

2017_0801_0258.jpg
狩勝峠を抜けてそのまま南下し日勝峠を通るルート国道274号に戻ってきたところ。途中の山道でキタキツネを遭遇しました。人を恐れずクルマのそばまでやってきました。カメラのレンズを向けても反応はこんな感じ。かわいいですね。

2017_0801_0265.jpg
道東道が十勝平野まで開通するまではこの国道274号は沿道のドライブインなどもそれ何の賑わいがありましたが、久しぶりに通ってみるとやはり以前の賑わいは感じられませんでした。メロン熊の聖地の物産センターは閉店しているんじゃないかってくらいの閑散さ。なんか寂しいかぎりです。

そんな感傷に浸りながらも新夕張の「夕張道の駅メロード」で休憩。

2017_0801_0287.jpg

2017_0801_0268.jpg
もとはスーパーだったのですが、道の駅として登録したようです。展示スペースがあったので覗いてみました。結構こういうの好きなんですよねオレ。

2017_0801_0281.jpg

2017_0801_0278.jpg

2017_0801_0269.jpg
北炭夕張新第二炭鉱から取れた本物の石炭が展示されていました。かつては黒いダイヤといわれ近代日本の発展に大きく貢献した石炭ですが、こうして廃坑になった炭鉱の写真をみながら眺めてみると少しセンチな気分になったりするのです。

2017_0801_0003.jpg
メロン熊のグッズも販売されていましたよ。

2017_0801_0004.jpg
ここで嫁キンタのお土産にメロン熊のマスコットを購入。しかしこんなのカワイイなんて、自分とはセンスがズレている彼女なのです。よーわからん。(笑)

2017_0801_0305.jpg
メロン熊といえば、ここは先ほどの道の駅とは別の場所なのですが、以前はたしかホクレンのガソリンスタンドだったはず。かなーり昔北海道ツーリングの途中でここでバイク倒したことがある…。ガソリンスタンドは無くなってドライブインはメロン熊になっていました。

2017_0801_0293.jpg

2017_0801_0295.jpg
うーん、造りこみはかなりなものですよ。

2017_0801_0300.jpg

2017_0801_0297.jpg
建物の中にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭関連の展示スペースがありました。

2017_0801_0316.jpg
夕張からはそのままナビの案内通り特に寄り道もせず母親の自宅まで。この日のドライブは無事終了となりました。
今回のレンタカーのキャストの平均燃費はご覧の通り。エアコンつけっぱなしでこの数値ならなかなかのものではないでしょうか。

2017_0801_0306.jpg
開けて翌日。北海道最終日。
この日は妹さん夫婦と母親との会食。ホテルオークラ札幌でランチをすることにしました。

2017_0801_0309.jpg
ちょっと特別な席ということですが、ホテルでランチなんかホント久しぶりです。

2017_0801_0307.jpg
ホテルにはいくつかお店がありますが、今回お世話になったのはレストランコンチネンタル。北見フェアと称した北見さんの玉ねぎをはじめとしたシャンランチ。

2017_0801_0001.jpg
色とりどりに綺麗に並べられた料理の数々。小洒落ていてなんかさすがって感じ。もちろんお味もそれなりに美味しかったですよ。

2017_0801_0318.jpg
妹夫婦とは札幌で別れ、母親を家まで送り届けたあと、クルマを返却し新千歳空港へ。去年はあの事件に巻き込まれ散々な目に合いましたが、今年も自分が乗る予定の飛行機の出発が遅れ空港内でのサンドイッチが夕食になるという。

2017_0801_0319.jpg
それでも無事飛行機は飛び羽田へ。なんだかんだで自宅に着いたのは深夜近く。

今回の北海道は、期間が短いわりにミッションが多めでバタバタしたものでした。観光というより帰省して所用を消化したという印象のほうが強かったかな。まあ、それはそれてでいいんですけどね。(笑)
あー、そろそろ自分のクルマでフェリー使って北海道ドライブがしたい…。そんな気分になってきました。


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2017年あけましておめでとうございます。


Category: 日記など   Tags: エリーゼ  ドライブ  ぬいぐるみ  北海道  カニ  メガネ  遠近両用  
みなさま。
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

IMG_3725.jpg
さて、ワタクシは年末の27日より実家のある北海道へ帰省しておりまして、昨日の元旦に埼玉に戻ってきました。
北海道へはただの帰省なので大したネタもないのでスルーです。

IMG_3742.jpg
それでもせっかくの北海道。
一応カニは食べに行きました。お値段もお値段だったのでそりゃ美味しかったですよ~。普段はあまりイイモノを食していないので、なんか一年分の贅沢をした気分でした。(笑)

余談ですが、札幌駅からすすきの駅までって地下で繋がっているんですね。約1500m歩きましたよ。途中の地下街を眺めながらの散歩。雪が積もっていなのでこりゃラクチンでしたね。

2017_0102_002.jpg
元旦の飛行機で埼玉に戻り、2日の今日は特にすることもなし。そういやしばらくクルマでドライブしていないなと思い、今年初ドライブをすることに。お天気もいいし、とりあえずいつもは遠慮している都内方面でも走りに行きますかと。

2017_0102_005.jpg
ところがこれは失敗でした。昨日の空港からの連絡バスがとても空いていたのでこの期間は道空いているかと思ったら全然。Uターンラッシュに巻き込まれてしまう始末です。関越の上りはすでに新座からノロノロ。外環から首都高もクルマはソコソコいたのでした。

2017_0102_007.jpg
それでも久しぶりの首都高をのんびり流したりしながら景色を楽しんでいました。東京タワーですね。

2017_0102_010.jpg
レインボーブリッジを抜けて…。

2017_0102_013.jpg
お台場の観覧車です。

2017_0102_017.jpg
湾岸に出てから、辰巳PAで休憩タイム。
昔は夜に走りに来ていましたが、考えてみると昼間ってあまり来たことがなかったな。

2017_0102_016.jpg
ここからの摩天楼の眺めが結構好きだったりします。

2017_0102_021.jpg
PA出てからどこかへ足を延ばすこともなくそのまま自宅へナビをセットしてしまいました。想定よりもクルマの出が多くてあまり走りを楽しめなかったのと、頼んでいたメガネを取りに行くのを思い出したからです。
因みに正面にはスカイツリーが見えます。

いつもは山方面に走りにいくオレなのですが、今回は久しぶりに都内方面。ナビがあるとはいえ、やっぱり標識や案内を確認しながらの走りはちょっと疲れますね。首都高は緊張しますわ。

IMG_3771.jpg
自宅に戻り、近所のメガネ屋さんに頼んでいたメガネを取りに行きました。メガネは遠く用(←あえて書く)は何本か持っています。

そのうち何本かはあえて弱めにしたものもあります。
なぜか?
自分の年齢になってくるとメガネの度数を遠くにしっかり合わせてしまうと、手元がぼやけて見えずらくなってしまうから。なので仕事や普段用には少し弱めのものを使っていました。いわゆる遠くも近くもソコソコに見えるメガネです。

それでも段々手元が厳しくなってしまう加齢の悲しさ。このたび人生初の遠近両用メガネなるものを購入したのでした。(涙)
遠近両用メガネとは、レンズの上には遠用の度数が入っているのですが、下に向かって近用度数にかわっていくレンズのメガネです。初めての遠近なので加入度数(近用の度数)は弱めにしました。

ゆがみもあまり感じられなく快適です。こんなことならもう少しは早めに作ればよかったかも。これならすぐに慣れそうです。






関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2016北海道に行ってきました。 その4 定山渓温泉 ふる川 


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道  ドライブ  温泉  定山渓温泉  ふる川        
2016_0802_233.jpg
明けて次の日。この日は父親の墓参りの後、母親と妹の3人で定山渓温泉に一泊することになっています。

2016_0802_236.jpg
道中、絶景スポットなるものを発見したので軽く寄り道。

2016_0802_241.jpg
駐車スペースから一番近かったのでラルマナイの滝。「ラルマナイ」とは、アイヌ語で水無沢と訳し、一説には沢の両側がきりたち、急流で滝になっているところの意味です。北海道の地名ってアイヌの言葉からってのが多いですよね。

2016_0802_259.jpg
澄みきった水の流れが清涼感を醸し出しています。涼しげでいいですなぁ~。

2016_0802_265.jpg
ラルマナイの滝から少し離れたところにある白扇の滝。

2016_0802_269.jpg

2016_0802_272.jpg
高さ15m幅18mで真っ白な扇を広げたような優美な姿に見えることから名づけられました。紹介されているサイトの写真を見ると紅葉の時期はとても綺麗かもしれません。


一応、動画もUPしてみました。

2016_0802_279.jpg
さて。
宿のチェックインまでは少し時間があったので、定山渓温泉を通り過ごして、昼食がてら中山峠まで来てみました。

2016_0802_306.jpg
ここは2012年の北海道ドライブ以来。宿の晩飯のこともありますが、普通にレストランにします。

2016_0802_288.jpg
せっかく北海道ということで、頼んだのは豚丼です。

2016_0802_291.jpg
豚丼は帯広に行くたびによく食べていましたが、ここの豚丼もなかなかの美味しさです。

2016_0802_302.jpg

2016_0802_348.jpg
中山峠からほどなくして今回の目的地である定山渓温泉に到着。
定山渓温泉は、札幌市の中央部を流れる豊平川上流の山峡にある北海道の代表的な温泉です。
所在地は北海道札幌市南区定山渓温泉地区…。いやあ、ここ札幌だったんですね。奥多摩が東京だったんだみたいな感覚に近いですかね。「札幌の奥座敷」とも呼ばれているというのもわかる気がします。

2016_0802_345.jpg
今回お世話になるのは「ぬくもりの宿 ふる川」。ふる川はこの定山渓の他、虎杖浜と小樽にあるのですが、これで全部のふる川を制覇したことになります。(笑)

2016_0802_341.jpg
堂々の記念撮影。

2016_0802_332.jpg
廊下も落ち着いた雰囲気でいいですね。

2016_0802_314.jpg
お部屋は和室です。これぞ旅館って感じで個人的には好き。

2016_0802_326.jpg
だけど、お部屋の窓からの景色はイマイチかな。(笑)

2016_0802_391.jpg
食事までは少しあるので、近隣を散歩することに。

2016_0802_368.jpg
定山源泉公園。
定山渓温泉を拓いた美定山(みいずみじょうざん)の生誕二百年を記念し建設されたとのこと。ちょっと覗いてみます。

2016_0802_371.jpg
園内にある開祖美泉定山の像の前でそっと手を合します。

2016_0802_374.jpg
カッパさんも入浴中。

2016_0802_383.jpg
買ったタマゴをここに入れておけば温泉タマゴの出来上がり。

2016_0802_386.jpg

2016_0802_393.jpg

2016_0802_355.jpg
全体的に古びた感じの温泉街なのかな。それにしても5月に行った渋温泉がこじんまりとした小さな旅館ばかりの温泉街だったのと比べると、ここは大きな旅館が目立ちますね。

2016_0802_362.jpg

2016_0802_353.jpg
定山渓温泉は河童推しみたいな感じです。ところどころにこんな河童さんがいらっしゃいます。

2016_0802_359.jpg

2016_0802_403.jpg
今度は温泉街のちょっと奥にある二見公園の散策です。

2016_0802_410.jpg
またまた河童さ~ん。

2016_0802_413.jpg

2016_0802_419.jpg

2016_0802_421.jpg

2016_0802_431.jpg
「釣れますか~?」

2016_0802_440.jpg
お散歩の最後は、河童の大王様とのツーショット。

ph_yumemi_09.jpg
宿に戻った後は、さっそく一風呂。
散歩で汗をかいたのでスッキリしたいですよね。ふる川には展望風呂と貸し切り風呂、そしてこのゆ瞑みの露天風呂があります。このゆ瞑みの露天風呂は別途料金がかかるのですが、宿泊すると1回分の入浴券がもらえました。 (※撮影はNGだったので、写真は公式サイトから拝借しました)

2016_0802_444.jpg
お風呂からあがると、ちょうど食事の時間になりました。今回は創作和食のプランです。何が出てくるかというのも旅館に泊まるときの楽しみの一つですよね。

まずは、食前酒の果実酒。そして、先付の冷やし茶碗蒸し。上品な味でいいですね。
まあ、ぶっちゃけどれもとても美味しかったのですよ。説明してもうまく伝える自信もないので、簡単に写真を並べておきます。味は想像してみてください。(笑)

2016_0802_447.jpg
続いてお刺身。

2016_0802_450.jpg
中皿は、蓮根饅頭おかき揚げ。帆立が中に入っていました。ゆず胡椒でいただきます。

2016_0802_453.jpg
焼物は夏鴨ミンチとトマトみそ焼き。時鮭の焼き浸し。

2016_0802_457.jpg
温物はじゃが芋クリームとキノコあんかけ。

2016_0802_460.jpg
とろろ麦ごはんと赤だし汁。

2016_0802_464.jpg
デザートの桃ジェラート。

2016_0802_470.jpg
いやあ、おいしかったですねぇ~。お腹いっぱいです。

そのあとはちょっと休憩した後もう一度お風呂へ。大浴場に入ってぐっすり寝てしまいましたとさ。

■今回のルート

A:えにわ湖(ラルマナイの滝・白扇の滝)
B:中山峠
C:定山渓温泉


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2016北海道に行ってきました。 その3 えこりん村 みどりの牧場と世界一「とまとの森」。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道  恵庭  えこりん村  とまとの森  みどりの牧場  
2016_0802_112.jpg
えこりん村の続きです。
銀河庭園の隣には動物と触れ合えるみどりの牧場があります。有料なのですが銀河庭園と同チケットでOKということなので、見学してみます。

2016_0802_117.jpg
みどりの牧場はどうぶつ達との出会いをコンセプトししたふれあいの牧場。
アルパカを始め、ヒツジ、リャマ、ミニチュアホースやヤギが放牧展示されています。

2016_0802_118.jpg
「こんにちわナリ」

2016_0802_121.jpg
この日は暑くて、動物たちもダラケ気味。

2016_0802_124.jpg

2016_0802_129.jpg
カメラ向けてもなかなかこちらを向いてくれません。

2016_0802_137.jpg

2016_0802_139.jpg

2016_0802_145.jpg

2016_0802_153.jpg
動物を眺めながら木陰でしばらく休憩。少し元気が出たところで今度は無料エリアにある「とまとの森」に行ってみました。

2016_0802_152.jpg
ここには世界一のトマトがあるのです。

2016_0802_150.jpg
ビニルハウスの中にはこんな景色。これはトマトの木です。通常20~30個ほどしか収穫できないトマトも、ここ「とまとの森」では1株から13,000個以上を実らせます。
ここでは一粒の種から水耕栽培で育てています。特別な品種ではなく、ごく普通にスーパーなどで売られているトマトです。

2016_0802_148.jpg
見上げると一面に広がるトマトの天井です。

2016_0802_149.jpg
脇には階段があるので、上からもトマトの様子を見ることができます。まあ、ただの葉っぱです。この下にはおびただしい数のトマトがぶら下がっているのです。(笑)

2016_0802_147.jpg
音楽を聞かせたり、ストレスをできるだけ排除し、トマト本来の能力を最大限引き出させ、苗は水槽の中に根を伸ばし養分・水分・空気を吸収して大きく早く成育させたトマト。自分的にはちょっとヒットでしたね。


動画にもしてみました。

2016_0802_154.jpg
やっぱり買っちゃうのねぇ~。(笑)


■今回のスポット
えこりん村 みどりの牧場/とまとの森








関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2016北海道に行ってきました。 その2 えこりん村の銀河庭園。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道  恵庭  えこりん村  銀河庭園  
2016_0802_033.jpg
今回も昨年同様に飛行機+レンタカーでの北海道なのですが、まずは新千歳空港からほど近い恵庭市にある「えこりん村」に行ってきました。
えこりん村は、HPによると「環境負荷を軽減し、持続可能な社会の形成に貢献したい」この想い「えこ」を実現するために、動植物をはじめとする自然環境とのつながり「輪=りん」を大切にしながら展開する小さなコミュニティー「村」を意味するようです。

2016_0802_034.jpg
この日は北海道といえどかなり暑い日でした。とりあえず元気なうちに有料エリアである銀河庭園を見学することにします。駐車場からのアプローチもいかにもって感じの雰囲気です。

2016_0802_041.jpg
入園料は、大人1,200円なり。

2016_0802_043.jpg

2016_0802_046.jpg

2016_0802_051.jpg
庭園内には各テーマに沿った庭園が配されています。入口で頂いたパンフレットの解説を見ながらそれを楽しむのもまたよし。

2016_0802_053.jpg

2016_0802_057.jpg
まるでヨーロッパかなにかの庭園など外国に来たみたいです。(←行ったことないけど…)

2016_0802_060.jpg

2016_0802_061.jpg
流木で作った熊。

2016_0802_065.jpg

2016_0802_067.jpg

2016_0802_072.jpg

2016_0802_075.jpg
小高い丘の上からは庭園を見下ろすことができます。この景色、まるで自分が絵本の中にいるようですなあ…。(笑)

2016_0802_081.jpg

2016_0802_082.jpg

2016_0802_086.jpg
青い空と緑の大地。広々した北海道の景色が外国の風景になんとなく似ているのかもしれませんね。

2016_0802_089.jpg

2016_0802_092.jpg
「試される大地、北海道ナリ!」(←今は使ってなかったっけ?)

2016_0802_095.jpg

2016_0802_097.jpg

2016_0802_100.jpg

2016_0802_103.jpg
白樺っていえば北海道だなと。信州あたりで白樺を見ると、やっぱり故郷の北海道を思い出します。

2016_0802_106.jpg

2016_0802_109.jpg
あっと驚くようなアトラクションはありませんが、じっくりと楽しむことができる大人の方にはおススメの場所です。ただこの日は暑かったのでお天気も気を付けてくださいね。(笑)

■今回のスポット
えこりん村 銀河庭園


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login