オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

奥多摩湖 小河内ダム放流


Category: 日記など   Tags: エリーゼ  ドライブ  奥多摩  小河内ダム  放流  台風19号  
2019年10月23日。
台風19号通過後の奥多摩湖に行ってきました。この日の貯水量率は94%。大雨の影響で普段はあまり見ることのできない放水を見ることができました。




関連記事
スポンサーサイト



奥多摩湖と小河内ダムと奥多摩周遊道路


Category: ドライブ・旅行   Tags: ロータスエリーゼ  ドライブ  奥多摩  小河内ダム  奥多摩周遊道路    
2019_0122_0007.jpg
クルマを新しくしたのでクルマの保証期間内に何かあればと転がすようにしています。幸いこの日も天気がよいドライブ日和。
しかしまだ自分自身はクルマを信用できてない…ちょっといい方は悪いかもしれませんが、遠出は少し不安なので近場でクルマとの対話をすることに。納車初日にアクセルが利かなくなった事象はその後一切出ていないので、原因が不明なのです。
前のクルマS2と違い今回のS3は電子スロットルとのこと。物理的にワイヤーで繋がっているのでなく電気的な信号でアクセルの開度を制御しているのだとか。他のクルマならいざ知らずやはりロータスだと心配です。(笑)

2019_0122_0012.jpg
今回は奥多摩方面にプチドライブになりました。ミッションは購入して初めてトップを外してみること。
小河内ダムで昼食をいただき、そのまま奥多摩周遊道路へ。ダムからそこへ行くまでの道もなかなかのドライブコースです。坂道を無理しない程度の速度で登って、いつもの駐車場までやってきました。
2019_0122_0010.jpg

2019_0122_0011.jpg
冬なので少し寂しい感じですが、実はオープンカーのドライブって冬場が結構気持ちよかったりします。ヒーターが足元にあたっているのに頭の上から冷たい風がキャビンに入ってきて気分は露天風呂みたいなもんですな。(笑)
いつもはこのまま都民の森へ抜けて帰るのですが、今回はそのまま引き返すことにしました。

2019_0122_0015.jpg
新しいクルマで峠道を走ってた感想は、やっぱりロータスはロータスだなと。
色々な点で以前のS2とは違うところがありますが、クルマとの一体感やドライビングの楽しさはあまり変わりません。メカニカルなシフトレバーをガキガキ動かして、ハンドル回して、アクセル踏んで、ブレーキ踏んで…。クルマを運転する基本的な部分の楽しさをダイレクトにドライバーに伝えてくれる。やっぱりロータスというクルマは、どの世代でも基本的に走らせる楽しさに特化したクルマなのかと感じました。

2019_0122_0016.jpg
ただ、ちょっと不満もあります。エンジンについてですが、アクセルを踏んだ時のクルマの加速感がローバーKエンジンでは踏み込んだ量と比例していたのに対し、S3のトヨタ製の1ZRは明らかに下のトルクが足りない感じ。しかもアクセルをあおったときの吹き上がりも低回転ではちょっとモッサリしています。高回転型なので今までより少し難しくなったようです。
また、アクセルペダルとブレーキペダルの位置も自分にはちょっと合わないのもイマイチなところです。ヒール&トゥーがちょっとしにくいです。それについては自分が下手なだけでしょうが…。(笑)

2019_0116_0060.jpg
まあ、これも15年連れ添ったS2の癖に自分の身体がすっかり染まり切った結果なのでしょうが、歳を取れば新しい環境に慣れにくいこともありますね。早く頭を切り替えられればいいなと思います。
新しいクルマは、乗るたびに発見があって脳細胞の刺激にはちょうど良いのかもしれません。なんだかんだで毎日楽しいよ。(笑)

ツーリングマップルR 関東甲信越

新品価格
¥3,024から
(2019/2/13 00:25時点)

関連記事

様子見がてらに奥多摩へ


Category: ドライブ・旅行   Tags: ロータスエリーゼ  ドライブ  奥多摩  小河内ダム  MT    周遊道路    ヤマメ  
2018_0227_0002.jpg
そろそろ春っぽい雰囲気になりつつある今日この頃。大好きな峠道もそろそろ大丈夫かな…なんて様子見がてらに奥多摩の方に走ってきました。ここと秩父方面って、自宅からアクセスしやすいので特に目的もない場合は自然と足が向かってしまいます。

奥多摩はやっぱり山だった

自宅方面から奥多摩へのは国道411号で行くのですが、基本一本道なので迷いようがありません。奥多摩湖に着くと、小河内ダムところにある「奥多摩水と緑のふれあい館」で休憩と昼食です。奥多摩水と緑のふれあい館は、東京近代水道100周年および小河内ダム竣工40周年の記念事業として、奥多摩郷土資料館の跡地である小河内ダムサイトに奥多摩町と共同で建設されたPR施設です。
2018_0227_0003.jpg

2018_0227_0001.jpg
こういうところのレストランってあんまり期待をしちゃいけない…みたいなところがある場合が多いのですが、意外といっちゃ失礼ですが、ここの魚の天ぷらの定食や丼は自分的には結構好み。ぷらっと奥多摩湖に来たときには、お昼ご飯をここでいただくことが多いでのです。今回はヤマメの天丼にしました。

ついでにお土産にこんなものも購入です。懐かしくないですか?(笑)
2018_0227_0021.jpg

2018_0227_0004.jpg
そばにある駐車場ではオフシーズンということと平日なのでお店はお休みしていました。
お腹も満たされたところで、いつものコースの周遊道路を走ることに。何年か前にスピード違反で捕まったことがあるので無茶はなしです。

2018_0227_0008.jpg

さあ。
ゲートをくぐって(笑)、周遊道路を登っていきます。気分も盛り上がるはずだったのですが…。
やっぱり奥多摩って山なんですね。
2018_0227_0012.jpg

2018_0227_0013.jpg
なんとまだ雪が残っているではありませんか。路面は乾燥していますが、もう少し上の方に行ったら日陰は凍結しているかもしれません。
さっきのハナシではありませんが、無茶は無しでのんびり走るとしましょう。

2018_0227_0016.jpg
路面は乾燥していましたが、工事区間も多くペースは落とし気味。途中の駐車場ではまだ雪が。クルマはノーマルタイヤです。

やっぱり自分はMTのクルマが好き

普段載っているクルマは当然AT(オートマチック・トランスミッション)。今世の中に出回っているクルマのほとんどがATですよね。自分が免許を取ったときはクルマ=MT(マニュアル・トランミッション)で、ボチボチAT限定免許なんてものが現れた時期。その時はAT限定免許は言葉悪いですけど運転が苦手な人や女のコのものってイメージでした。因みにたまにMTのことを「ミッション」という方がいますけど、ATもMTもミッションなので間違いですよね~。

2018_0227_0020.jpg
エリーゼにはATはないので必然的にMTになりますが、これが毎度のことながら楽しい。
MTはマニュアルというだけあって自分で走行中のギアを選択します。ATよりギアを変更(ギアチェンジ)する作業が一つ増えるので機械の洗練度から言ったら当然ATです。しかし、自分の知らないところで勝手に制御されているより、左手でレバーをコキコキ動かして運転するのが自分で積極的にギアを選択するんだ…みたいな能動的にアクションする感じが自分には合っているのかなと。

その辺のたいしたことない道でも、MTを操作して走るだけで運転する動作そのものがエンターテイメントになるんだよなあ。こんなこと思うのって自分が運転好きだからなんだと思います。また運よく、そんなクルマを所有出来ている自分の環境にも感謝しているのです。



関連記事

02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01

03


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login