オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018ハウステンボス 


Category: ドライブ・旅行   Tags: ハウステンボス  ぬいぐるみ  長崎  ホテルアムステルダム  旅行    テーマパーク  ゴールデンウィーク  イルミネーション  オランダ  

今年はハウステンボス

毎年5月のゴールデンウィーク明けのこの時期に旅行に行っているのがここ数年の恒例行事。
2016年は渋温泉、2017年は沖縄でしたが、今年2018年は九州にあるハウステンボスにしました。

IMG_7420.jpg
自宅を5:00に出発。眠い目をこすりながらも空港行きのバスに乗り不足分の睡眠を補充。予定通り羽田空港に到着しました。

IMG_7421.jpg
空港で朝ごはん。ちょっとリッチ感のあるサンドはなかなかの美味。これからの旅の予感を高めてくれます。

IMG_7426.jpg 
8:15発の長崎行きの飛行機。これまた機内でも足りない睡眠を補充する始末。モヤモヤと夢うつつのまま長崎空港に到着したのでした。

初日は雨の洗礼

空港からはハウステンボス行きの直通バスに。これはオフィシャルホテルの特定プランで宿泊する人の特典の一つ。宿泊するホテルはいろいろ悩みましたが、様々な特典を考えれば多少高くてもこっちでよかったと思いました。とりあえず乗ってしまえば、あとは勝手にハウステンボスに到着するという手はずなのです。
バスに揺られて約1時間ほど、12時くらいにはハウステンボスに到着です。
IMG_7263_1.jpg

IMG_7266_1.jpg

IMG_7269.jpg
チェックインは15:00ですが、ホテルに着いたときに荷物を預かってもらい1日目のフリーパスをいただきました。チェックインまでの時間はパーク内で過ごす事に。
当日は生憎の雨模様。それでも明日の天気予報は晴れということなのでめげずに室内のアトラクションと楽しむことにします。

IMG_7270.jpg 
なんだかんだでホテルのチェックインの時間に。今回はローラアシュレイクラブフロア&ルームに宿泊するので、チェックインには専用ラウンジで行われます。またその時に一緒にアフタヌーンサービスも。ウェルカムドリンクみたいなんですが、これが中々のゴージャスな雰囲気で二人のテンションもマックスです。

IMG_7271_1.jpg

IMG_7275.jpg
これが今回のお部屋。かわいい花柄で女性が喜びそうなインテリアです。全体的にゆったりしていてしっかり寛ぐことができました。

ここで嫁キンタは休憩モード。自分は雨も上がったので夕食の時間までパーク内を散策することにしました。
IMG_7293.jpg

IMG_7296_1_20180523211231f27.jpg

IMG_7298_1.jpg
外国のような街並みです。これは素直にスゴイと言わざるを得ません。雨上がりの黄昏時、まるで異世界のような雰囲気。建築や街並みなどに興味があるので、これだけでもはるばるやってきた甲斐があったというもんです。

夕食はホテル1階のレストラン。和洋折衷のビュッフェ。好きなものを取って食べるのですが、料理の種類もそれなりに多く、味もいい感じでした。ホテルや旅館に宿泊した時に食事が美味しいのってとても重要ですね。(笑)
IMG_7300.jpg

IMG_7302.jpg

IMG_7306.jpg
食事のあとは再びパークを散歩。今度はライトアップされたイルミネーションで彩られた街並みを鑑賞しました。川底に仕込まれたライトが水面を幻想的に映し出していました。このスケールは中々ないレベルです。もう広すぎて足が棒になるくらい。ホテルに戻ると、クラブラウンジでナイトキャップ。この時間はアルコールも提供されるので軽く酔いながら今日の出来事を語り合ったりしました。うん。今夜はぐっすり寝られそうです。(笑)

開園前の街並をぬいさん達を撮る

前日までの空模様がウソのように晴れた翌日。まだ起きない嫁キンタを部屋に残してぬいぐるみと一緒にお散歩。ホテルアムステルダムに宿泊すると開園前のパーク内をお散歩できるので、せっかくの素晴らしいインスタ映えするロケーションでぬいぐるみを撮影しようかと。(笑)

IMG_7313.jpg

IMG_7314.jpg

IMG_7315.jpg

IMG_7311.jpg

IMG_7317.jpg
出勤してくるスタッフの中、オッサンがぬいぐるみを持って撮影してるのってさぞかし気色悪かったでしょうな…。しかしそれでも中々良い写真が撮れて本人的には満足でした。

いよいよ2日目の本番スタート

朝食を済ませてホテルをチェックアウト。その時にいただいた2日目のフリーパスでハウステンボスの2日目がスタートです。
IMG_7319.jpg

IMG_7346.jpg

IMG_7347.jpg
買い物好きな嫁キンタにはまさに、お土産屋さんこそ本来のステージ。水を得た魚のようにショップ内の陳列棚の間を泳ぎ回る。(笑)
購入する数量を真剣に数えている後姿。迂闊に声もかけられないオーラが。

IMG_7353.jpg
お土産を購入したら、パーク内を散策です。昨日は悪天候で行かなかったシンボル的なタワー「ドムトールン」に上ってみます。

高さ105メートル。展望台は80メートルの高さにあります。パーク全景や大村湾を見渡すことが出来ます。
IMG_7350.jpg

IMG_7351.jpg

IMG_7352.jpg
小さな街並みを見ていると東武ワールドスクエアみたいに錯覚してしまします。素晴らしい眺望に二人はのんびりと景色を楽しみました。

IMG_7356.jpg
風はちょっと強いが天気は良い。ホントに散策が楽しいです。案内看板があったのでトリック写真風に撮ってみたりして。(笑)

IMG_7357.jpg

IMG_7363.jpg
映画パトレイバーのロボットが展示されていました。子供のころからロボットの操縦は夢なのですが、なかなか現実にはなりませんね。これを見た嫁キンタの一言。
「ナンバープレートが付いてる!」
ビックリするところはそこかい??

IMG_7366.jpg

IMG_7368.jpg
パークの入り口に向かって歩いていくと、いかにもオランダのような景色が。(←行ったことないけど…)
大きな風車とお花畑。
ここが一番ハウステンボスって感じがします。風の力で巨大な羽根を回して中で繋がったシャフトを使って低いところから高いところへ水を汲み上げるもの。真ん中の風車は中の様子を見ることが出来ました。

散策中に見つけたテディベアのお店ではぬぐるみ用の洋服が売っていて思わずまとめ買い。同伴していた二人匹にはさっそく着てもらいました。
IMG_7413.jpg

IMG_7415.jpg
ちょっと遅めのお昼ご飯はパーク内のレストランでちゃんぽん。これがパークでの最後のゴハン。
その後送迎用のバスに乗ってハウステンボスを後にしました。

IMG_7418.jpg
長崎空港から羽田行きの飛行機は21:00発。
時間があるので空港のレストランで思い出話をしながら長崎最後夜の晩餐です。ちゃんぽんであまりお腹が空いていなかったのでちょっと軽めで。カゴに入ってるのは内閣総理大臣賞受賞の長崎ハトシロールで、手前は櫻林の角煮まんじゅう。

正直また行きたいと思ったハウステンボス

飛行機で1時間半くらい。北海道に行くのと同じ感覚の長崎。そこにあるハウステンボスは関東に住んでいる自分にはおいそれと来られる場所ではありませんが、緻密に造りこまれたヨーロッパ風の街並みと東京ディズニーリゾートの1.5倍ほどの広さの広大な敷地のスケール感。

正直にまた行きたいと思う場所でした。

正直パーク内のアトラクションは個人的には自分の年齢が高いということもあり、微妙に感じたものが多かったのです。しかしパーク内を散策するので十分すぎるほど楽しかったです。パーク内の建物はお店が多かったので、買い物好きの嫁キンタが飽きなかったのもプラス点。
誰かが入場料払ってショッピングモールやゲームセンターに行くと揶揄していましたが、休日にイオンやららぽーとに買い物に行っている人には、いつもとは違う世界を感じられて新鮮良いのではないでしょうか?(笑)(←ちょっと乱暴か)
IMG_7446.jpg
そんな自分ですが、また行きたいと思う一番の理由はパーク内のホテルの存在が大きいのかなと思います。今回はホテルアムステルダムでしたが、宿泊したお部屋とサービスにリッチ感があって小市民の自分には十分すぎるほどのプチセレブ感を味わえました。

まあ、結局は去年の沖縄の時もそうでしたが、それなりのお金を出してホテルに泊まれば、大概の満足を得られるということをまたしても実感したわけです。旅行の時は少し背伸びをした方が、結局は気持ちよくいい思い出になるんだということですな。
あれれ。でもこれって別にハウステンボスでなくても良くないか? ちょっとよさげなホテルに泊まって、ちょっとセレブな気分を味わいたいだけじゃん…って。
ああ。お金持ちになりたいわ~。(笑)

最後の締め

同じテーマパークとしてディスニーやSUJなどと比べられることがおおいハウステンボスですが、アトラクションにはあまり興味のない自分にとっては、ヨーロッパ的な街並みや運河、牧歌的な花畑や風車、プチリッチなホテルのサービス(←これは他のパークでもきっとハイクラスのホテルに宿泊すれば同じでしょうが…)など情感に訴えてくるこちらの方が夢の国でした。

↓下にはその時の動画です。


関連記事
スポンサーサイト

2017沖縄旅行 その6 最終回。首里城~那覇空港~自宅。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 沖縄    旅行  ぬいぐるみ  首里城  
2017_0509_t_055.jpg
沖縄旅行最終日のその2!
飛行機の時間を勘案しながら本日のルートを考えます。お天気もこんな感じだしドライブで絶景スポットはイマイチその魅力を堪能できないだろうということと、やっぱり沖縄といえば首里城だろうということで、そっちに行くことにしました。

そんなわけで、もう一度高速に乗って首里城を目指すのです。

2017_0509_h_760.jpg
ナビの案内通りで首里城にやってきました。時間的は問題はなさそそう。レンタカーの返却と飛行機の時刻を考えたらここで正解のようでした。自分たちが停めた駐車場が芸大方面からのアプローチだったので、いったん守礼門の方へはぐるっと回る感じになります。そこへの道も大きな壁が視界に入ってきて雰囲気ビンビン。

2017_0509_h_763.jpg
いい感じにくたびれた感。こーゆーの好きですね。

2017_0509_h_775.jpg
守礼門に到着。中国風の牌楼(ぱいろう)という形式で建立されているエレガントな雰囲気のある代表的な門です。
あの2,000円札の絵柄にもなっているから有名ですよね。ん?そーいやここしばらく2,000円札見てないわ…。

2017_0509_h_784.jpg
昔のカンフー映画に出てきそうな雰囲気。ここだけ見たらタイムスリップしたみたいですよね。

2017_0509_h_793.jpg
石段を上り門をくぐるのを何回か繰り返します。

2017_0509_t_057.jpg
お天気もこのあたりから急に晴れてきて日差しもきつくなってきました。二人ともどっと汗が出てきて倒れそうなくらいです。

2017_0509_h_816.jpg
中に入れば建物があって涼むことくらいできるだろうと、チケット購入。首里城には以前一度来たことがあるのですが、有料エリアへは今回が初めてです。

2017_0509_h_829.jpg
ここからは有料区域の奉神門をくぐります。さてと、中はどんなもんかな…。

2017_0509_h_832.jpg
門をくぐると、御庭(うなー)と言われている首里城の中心部に。

正面には正殿が。
おお、写真で見たことがあるぞ。でも改修工事中だったのか。
正殿は琉球王国最大の木造建造物で国殿または百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれ、文字通り全国百の浦々を支配する象徴として最も重要な建物だったとか。

2017_0509_h_838.jpg
番所(ばんどころ)」、「南殿(なんでん)」から中に入ります。資料の展示スペース等は一部撮影NGの箇所もあったので写真少な目。順路に沿って見学します。

2017_0509_h_872.jpg
途中でこんなものを発見。値段も安い。休憩がてら寄っていくことにします。

2017_0509_h_847.jpg
王子などの控所でもあり諸約の者たちを招き懇談する施設だった鎖之間で、庭園を鑑賞しながら琉球王朝時代の伝統菓子とお茶を堪能できるのです。

2017_0509_h_849.jpg
いただいたのは、さんぴん茶と、左手前の花ぼうる、右手前のくんぺん、左奥のちんすこう、右奥のちいるんこう。
特に左手前の花ぼうるは、子供のころ母親が作ってくれたお手製のクッキーの味にとても近くて懐かしい気持ちになりました。まさにおふくろの味ってか。(笑)

2017_0509_h_858.jpg
王国を偲びつつのんびりした時間の流れの中ですっかり癒しモード…ってことよりお菓子が美味しいと大喜びの嫁キンタ。とても気に入ったようでスタッフの方ににお菓子についての質問をしていました。

2017_0509_h_866.jpg
じゃんっ!

2017_0509_h_868.jpg
庭園は琉球石灰岩を利用した造りになっています。書院に招かれた冊封使たちは、この庭園の魅力を讃える詩を詠んだそうです。オレたちも一句読んでみようかな。

沖縄の 昔の菓子に 母の味   竹ノ本秀麿
世界遺産 すまして見てても 食い気勝つ  竹ノ本乃嫁キンタ

季語がないからこれ川柳だね。(笑)

2017_0509_h_879.jpg

2017_0509_h_899.jpg
書院と庭園の次はいよいよ正殿の中に。これは国王が座る玉座の御差床(うさすか)。国王の玉座として様々な儀式や祝儀が行われたところです。真ん中の国王の椅子については、1477年~1526年まで在位した尚真王の肖像画をもとに再現したものとのこと。

2017_0509_h_902.jpg

2017_0509_h_917.jpg

2017_0509_h_920.jpg
正殿では床の一部が透明になっていて覗き込むと、岩が積まれた壁のようなものが見えます。実はこれが正殿の本来の遺構で、現在の正殿はそれを保護するために70cmかさ上げして復元されていたのです。

現在の首里城は復元されたもので、オリジナルではありません。沖縄戦のとき首里城の地下には日本軍の総司令部があり、米軍の艦砲射撃で完全に消失したからです。
沖縄の本土復帰後守礼門などの一部は再建されたものの、正殿を含めた本格的な復元事業が始まるのは1980年代半以降で、1986年に国営沖縄記念公園首里城地区の整備が閣議決定されましたのち、主に国策事業として復元は行われることになったのです。

2017_0509_h_931.jpg
やっぱりやるよね。

2017_0509_h_947.jpg

2017_0509_h_934.jpg
北殿にまわるときに正殿が見えました。

2017_0509_h_955.jpg
そこからお土産コーナーを通って出口へ。しばし琉球王国の歴史を思いをはせて余韻をかみしめつつ、石の敷かれた道を歩くのです。

2017_0509_h_961.jpg

2017_0509_h_971.jpg
そこからももう割愛です。(笑)
レンタカーを返却し那覇空港へ。

2017_0509_h_972.jpg
沖縄最後の食事は空港のレストランで時間調整も兼ねてのタコライス。

2017_0509_t_059.jpg
「沖縄を離れるのが寂しいなりね…」
「そうですわね…」
今回連れてきたぬいさんたちが二人の気持ちを代弁して、こんな会話をしているような気がします。(笑)

2017_0509_t_063.jpg
そうこうしているうちに飛行機に搭乗。そして離陸。
さらば沖縄。眼下に見える那覇の街並みにお別れを。また来る日まで!

2017_0509_t_067.jpg
雲間に消えるサンセットを上空から眺めながウトウトしているうちに飛行機は羽田に。

2017_0509_h_984.jpg
羽田からはバスと電車で。もうそろそろ自宅に到着します。時刻は夜の11時すぎ。明日からはまたいつもの日常が始まります。なんか信じられんな。
そんな時ふと気が付いた。日焼け止め塗ってたのに日焼けで腕が…。5月というのに強い沖縄の日差しと暑さの賜物。これも沖縄の土産のひとつなんでしょうかね。

これにて今回の2017沖縄旅行は終了です。半島の情勢などの時期が時期で一時はどんなもんかなとも思ったんですが、行ってしまえばとりあえずそんな心配は杞憂でした。まずはよかったです。
最後は汚い画像でごめんなさいね~。

おしまい。










2017_05_25_001.jpg
おまけ(笑)









関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2017沖縄旅行 その5 さらばルネッサンスリゾートオキナワ。海中道路。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 沖縄  旅行  ぬいぐるみ  ルネッサンスリゾートオキナワ  
2017_0509_h_612.jpg
沖縄旅行最終日!
2泊3日ってあっちゅー間ですね。
今回の旅行は最終日になってしまいました。この景色を見納めかと思うと‥寂しくなる。でも自宅に着くまでめいいっぱい楽しむぞと。

2017_0509_h_622.jpg
朝起きて驚きの事態発生。
ざらめさんがすっかり真っ黒に!

2017_0509_h_607.jpg
こちらが昨日の世の様子。
「夜のあいだにメラミンが沈着してしまいました」
だとか(笑)

2017_0509_h_631.jpg
嫁キンタはまだ朝の準備中。
手持ちぶたさで色々写真を撮ってみたのですが…。

2017_0509_h_636.jpg
せっかくだからとみつ丸とざらめと一緒にビーチに行くことに。お天気はいいし今日も気持ちの良い日になりそうです。

2017_0509_h_647.jpg
「白い砂浜!青い海!」

2017_0509_h_642.jpg

2017_0509_h_645.jpg
「やっぱり海に入るのは…やめておくナリ」

我が家のぬいぐみさんたちの中で、介護なしで自立できる唯一の脊椎ぬいぐるみのみつ丸。もし、濡れてしまったら中のトイスケルトンまで乾かすのが大変そうですもん。見るだけで気分を味わうことで。

2017_0509_h_674.jpg
朝ゴハンは昨日の夜バーベキューをいただいたお店で。しかし海が素敵すぎます。本当にきれいです。沖縄の海。

2017_0509_h_655.jpg
焼いてもらったものでハンバーガーを作って食べるのです。朝からステーキなんぞ食べて元気モリモリですわ。

2017_0509_h_663.jpg

2017_0509_h_665.jpg
がぶっ!
嫁キンタにカメラを構えさせ、無理やりこんな画を撮らせるワタクシ。これも旅行という非日常がなせる業なのか?

2017_0509_h_667.jpg
「みっともないナリよ」
なんかそんな風に言われているような気がしました。

2017_0509_t_048.jpg
なんだかんだで朝もゆっくり目でチェックアウトの時間が迫ってきました。名残惜しいですが、忘れ物がないかを確認してお部屋をあとにします。お世話になりました。
「お部屋さんありがとぅなり!」
「とても居心地が良かったですわ~☆ベランダがお気に入りですわ!」

2017_0509_h_209.jpg
2泊3日という滞在期間ではありましたが、なかなかの満足。
また来たいと思ったホテルです。

2017_0509_t_049.jpg
駐車場からホテルを見てみます。滞在中近場の観光地へクルマでお出かけでもするかな…とも思っていたのですが結局ホテルから一歩も出ませんでした。なんかここで完結しちゃったんですよね。
「イルカさん、お魚さん、ホテルの皆さん、夢のような楽しい時間をありがとぅなり︎名残惜しいなり︎」

2017_0509_t_053.jpg
目指すは海中道路です。時間の関係でホテルからは高速。
最終日は飛行機が18:00ごろなので時間はあります。せっかくレンタカーを借りたので限られた時間で沖縄ドライブを楽しむことにします。

2017_0509_h_677.jpg

2017_0509_h_685.jpg
旅行前に買った本に書いてあった場所。海中道路は、全長約4.8kmの通行無料の道路です。道路を挟んで両方が海というデリシャスロード好きとしては最高にそそられるロケーションだったんですがね…。観光写真のインパクトをすごく期待していたもんだから、感動はイマイチ。
当日は写真のとおりの曇空。エメラルドブルーの海は拝めず。つくづくドライブって天気が大事なんだと思った次第。

2017_0509_h_692.jpg

2017_0509_h_697.jpg

2017_0509_h_701.jpg

2017_0509_h_702.jpg

2017_0509_h_710.jpg

2017_0509_h_736.jpg
「海の駅あやはし館」ではいろいろなものが売っていたのですが、二人とも朝食バッチリ食べちゃったからまだおなか空いていなし。でも暑さ対策で自販で飲み物でも購入。100円ばっかりで安い。

2017_0509_h_742.jpg
嫁キンタはさんぴん茶。オレはあんまり見たことのないルートビアを購入。
自分たちが購入したミリオンスーパーショップ自動販売機は沖縄に本社がある会社がやっているもの。別に沖縄だけで展開しているのではないらしく、探せば首都圏でもあるらしい。レア度はそれなりかしら。少なくても自分は埼玉では見たことがありませんでした。
味は…ドクターペッパーみたいな…ちょっと癖があるというか、自分には飲み慣れいない味でした。(笑)
でもそれがいいのです。味覚は記憶に深く刻まれ、旅の思い出のメモリーとして永遠に残るのです。たぶんきっと…。

つづく。





関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2017沖縄旅行 その4 ココナッツジュース飲んで海鮮バーベキュー。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 沖縄  旅行  ぬいぐるみ  ルネッサンスリゾートオキナワ  
沖縄旅行2日目の続きです。
楽しいイルカとの時間は終了。興奮冷めやらぬ嫁キンタ。夕食までの時間はまだありますから、ホテルの中で過ごすことに。
水着になってすっかり吹っ切れた嫁キンタはせっかくただたらと海に入ろうと言い出しました。オレは10年ぶりに海パンで海に浸かりホテルのビーチでリゾート気分で海水浴。

2017_0509_h_492.jpg
海水浴の後は、ビーチの脇にあるお店でココナッツジュースを頼んじゃう。スタッフさんの粋な計らいで両端を切った後中に穴を道具で穴あけをさせてもらいました。ビュシュっと飛び散りちょっと焦ったぞ。

2017_0509_h_502.jpg
昔サイパンで飲んだ時以来。まあ、気分ですかね。(笑)
ウィキペディアによると、ココナッツは、カリウムやミネラルを豊富に含むため、スポーツドリンクとしても販売されているとか。実際、コップ1杯のココナッツジュースは普通のスポーツドリンクよりも多くの電解質を含み、1本のバナナよりも多くのカリウムを含むらしいです。
確かにあまり甘くないポカリっぽかったもんな~。

2017_0509_h_533.jpg
そろそろ夕食の時刻になりました。
2日目の夜は橋を渡ったところにあるレストラン。

2017_0509_h_543.jpg

2017_0509_h_556.jpg
ジューシーなオージービーフやキングクラブなどの魚介を楽しむバーベキューにしました。夕日に染まる海を眺めながらの食事にするわけです。

2017_0509_h_562.jpg
トロピカルドリンクで乾杯。

2017_0509_h_563.jpg
嫁キンタの誕生日ということで、昨夜の結婚記念日と同様にアニバーサリーケーキをいただきました。皆でバースデイソングの合唱。恥ずかしいけどちょっとうれしい。

2017_0509_h_571.jpg
しかも、くす玉付き!

思えば昼間は念願のイルカと一緒に泳いだりして夜はホテルのスタッフの方々に誕生日のお祝いをしてもらったり…。きっと彼女には、とてもよい思い出になったのではないかと思います。

2017_0509_h_575.jpg
食事を終えレストランから出るころには黄昏てきました。ホテルのお部屋にも明かりが灯り出します。なんか夢のようですわ。ホント非日常的な時間です。
ああ、いつもだったこの時間会社のオフィスでPCとにらめっこしとるわあ…。おっといかんいかん。非日常非日常。

2017_0509_h_586.jpg
レストランからホテルに戻る橋で昼間一緒に遊んでくれたイルカたちと遭遇。

2017_0509_h_583.jpg
「また来年もね~」
オレには聞こえませんでしたが、嫁キンタは彼らがそう言っていると聞こえたらしいです。(笑)
よし。これから、お前毎月1万づつ積み立てしておけと言ったのでした。

ちなみにイルカのデコのくぼんでいるところが鼻の穴なんですよ。みなさん知ってました?

2017_0509_h_604.jpg
部屋に戻ってベランダで二人でナッツをつまみにビールで乾杯。イルカの話、沖縄の話をして過ごしました。
考えてみたら、普段こんなに一緒に過ごすことってないんですよね。日中は二人とも仕事で会うのは朝と夜。互いの休みは不定期で合わないことも多い。下手をすると2日間まるまる会わない時もあるんですよね。
なので朝から晩まで二人で一緒に過ごすのって本当に珍しい。これも2泊3日の旅行のおかげかなと思っています。

そんなこんなで沖縄旅行の2日目は終了。明日はいよいよ最終日。なんか帰りたくないって思ってしまいました。
そして寝る。

つづく。



関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2017沖縄旅行 その2  コーラルアドベンチャークルーズ(クマノミ号)で海中散歩。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 沖縄  旅行    ぬいぐるみ    
2017_0509_h_116.jpg
沖縄旅行2日目!
天気は前日までの天気予報どおり、時折陽が差し込むものの曇が空を覆っています。

2017_0509_h_113.jpg
エメラルドブルーの海はそれなりにキレイですが、やはりサンサンと輝く太陽の下でこそ深い感動をもたらしてくれるもの。

2017_0509_h_144.jpg
朝食は昨日の夕食と同じレストランで。朝食もブッフェです。和洋折衷ですが、二人ともお米系をメインにしています。

2017_0509_h_135.jpg
ちょっとうれしかったのは、半分にカットされたオレンジを自分で絞ってジュースにするもの。

2017_0509_h_170.jpg
朝食を済ませたら午後のイルカまでの時間をどう過ごすか考えます。ロビーに出てみると物産品などが並べられていました。お土産(…を買うのも見るのも)が好きな嫁キンタ。視線も真剣です。

2017_0509_h_163.jpg
せっかく沖縄の海に来たのだから、海の中を潜ってみたい。ただしダイビングできないので、海中が見られる遊覧船で海の散歩ができるコーラルアドベンチャークルーズというアクティビティ発見。
早速カウンターで手続きをします。

2017_0509_h_224.jpg
桟橋には船が係留されていました。

2017_0509_h_230.jpg
真ん中に水中展望室を備えた双胴船タイプのクマノミ号です。なにげにイラストがかわいい。

2017_0509_h_234.jpg
出発~。

2017_0509_h_239.jpg
桟橋から離れて海の上をゆっくりと沖のほうへ進んでいきます。

2017_0509_h_243.jpg
ポイントまで来たところで、展望室へ案内されます。開かれたハッチをくぐって階段を下りて行きます。

2017_0509_h_253.jpg
全員が移動したところで、展望室がゆっくりと海中に沈んでいきます。船底にあるスクリューのシャフトが見えますね。完全に海中に沈んでいます。以前沖縄に来た時に船底がガラスになっていて海中が見られる船に乗ったことがありましたが、今回のこれは真横から海の中を見ることができます。これはとてもいい。


こっちは動画。雰囲気が伝わるでしょうかねぇ。

2017_0509_h_256.jpg
途中でクマノミを発見して一心不乱でカメラを凝視し続けている嫁キンタ。この行動が後ほど悲劇となって彼女を襲うのです。

2017_0509_h_258.jpg
展望タイムが終わり桟橋までの間無言で下を向いています。聞くに「船酔いして気持ち悪い」と。顔色がかなり悪くなっており、こっちまで釣られて変な気分になってきます。こりゃまずい。

2017_0509_h_263.jpg
部屋に戻ってぐったりな様子。イルカまであと1時間。話しかけてもまともに答えるのもままならない状態。今回はイルカをあきらめることも勧めてみましたが、それはイヤだと言う。今、彼女は自分自身と戦っているのです。

つづく。



関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。