オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2014北海道ドライブ その7 幸福の駅~六花亭のサクサクパイ~帯広ばんえい競馬場とかちむら


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道ドライブ    お菓子    
IMG_5622.jpg
8月12日の続きです。
道の駅なかさつないからクルマで約10分。幸福駅にやってきました。幸福駅とは、北海道帯広市幸福町にある旧・国鉄・広尾線沿線内の駅名です。

IMG_5624.jpg

IMG_5623.jpg
1987年に広尾線は廃線され、それに伴い駅舎も廃駅される予定でしたが、駅名の縁起の良さ、また、幸福駅ブーム以降も観光客が訪れていることから、廃線後も観光地として存続することになり、観光スポットとなっています。

IMG_5628.jpg
駅舎は老朽化のため取り壊され、現在建っているのは2013年の冬に完成した新しい駅舎です。新しいといっても、外壁には旧駅舎のリサイクル木材が使われています。イメージはそのままです。
これならいいかも。

IMG_5636.jpg
かつて幸福を願う観光客が、自分の名刺を駅舎の壁に貼り付けたことがキッカケになり、以降、訪問した観光客が来訪記念として名刺を貼付することが通例となった壁一面のコレ。オレも数年前二人で来て、貼り付けたっけ…。なにもかも懐かしいです。
今は、切符の形のものが多く貼られていました。

IMG_5637.jpg
駅舎を通り抜けてホーム跡に向かう途中には、幸福の鐘があります。やっぱりカップルだと一緒に鳴らすのでしょうね。お二人の幸福を陰ながら祈っています。

IMG_5641.jpg
単線の線路は、幸福駅のエリア内で存続。その線路上には広尾線として帯広~広尾間を走り続けたディーゼル車2両と除雪車1両が展示されています。線路に降りることも可能で、こんな遊びもできますよ。(笑)

IMG_5645.jpg
車両内は見学自由です。

IMG_5642.jpg

IMG_5648.jpg
約30年前にタイムスリップ。確かに子供のころはこんな感じだった気がする…。

IMG_5651.jpg
幸福駅が新しくなるというニュースを聞いたときは、あの古めかしくも懐かしい駅舎が稚内駅みたいに近代的なものにかわったらどうしようかと心配でもあったのですが、それは杞憂に終わりました。
周りにいた沢山のカップルや家族連れのほほえましい姿に心が少しホッコリしたりして…。

IMG_5658.jpg
そのまま帯広市街へ戻ります。目的はここです。

IMG_5669.jpg

IMG_5664.jpg
お目当ては、サクサクパイです。六花亭のお菓子は関東でも割と手に入りやすくなっていますが、このサクサクパイだけは、この本店でしか食べられないとか。賞味期限が3時間というのもそそる要因。なんかこれ食べなきゃ勿体ないって感じがしちゃいますもん。

IMG_5666.jpg
コーヒー只。店内の一角のイートコーナーでさっそくいただきます。確かに美味しいです。すげー美味いって言われれば、疑問ですが、やっぱりここでしか食べられない、賞味期限が3時間…、というのがありがたさ倍増で、俺の味覚にプラスアルファのデバイスをかけています。

ああ、やっぱり美味しいわ。(笑)

IMG_5670_20140827192403cba.jpg
六花亭の次は、とかちむらにやってきました。とかちむらは世界で唯一のばんえい競馬が開催される帯広競馬場内にある施設です。お店やレストランなどがあり、この日もたくさんの人が来ていました。

IMG_5693.jpg

IMG_5671_20140827192404a71.jpg

IMG_5690_20140827192535d2a.jpg
一角にある産直市場には、十勝管内の生産者が持ち寄った新鮮な野菜や、お土産、手作りの雑貨などが売っています。見ているとこれもなかなか楽しい。

IMG_5679.jpg
残念ながら、本日はレースはなし。

IMG_5673_2014082719240589d.jpg

IMG_5677_2014082719240737d.jpg
ばんえい競馬は、「ばんば」と呼ばれる馬に鉄ソリを馬に曳かせ、全長200m、途中に2カ所障害(坂)のある直線コースで競うレースです。やっぱり見たかったなあ…。この次帯広に来た時こそは…。

IMG_5695.jpg
せっかくきたのですから、より理解を深めるために、馬の資料館を見学することにします。
ここは、十勝開拓に活躍した農用馬を中心とした馬具や写真、農耕の道具など数多くの人達から寄せられた資料を展示し、馬と人々の労苦を振り返り郷土愛を育てるためにつくられたものです。入館は無料です。

IMG_5697.jpg

IMG_5699_201408271928034fd.jpg

IMG_5700.jpg

IMG_5702_2014082719280747e.jpg

IMG_5704.jpg
ばんえい競馬で走る馬のばんばは、ヨーロッパから渡って品種改良も重ね、大型で力のあるの馬として帯広のある十勝地方の農業の立役者として活躍してきました。現在は機械化が進み、トラクターの出現で、その活躍の場は無くなりました。
古き時代を振り返るのもの、こうしたミュージアムの良さですね。以前はあまりこーゆーの興味なかったのですが、この頃はオレの知的好奇心をくすぐります。

食事は結局、実家に戻った後、近所のパン屋で購入したもので済ましちゃいました。うーん。ネタ的にはここで食べた方が良かったのですが、先ほど食べた六花亭のサクサクパイでおなかいっぱいになっちゃったんですよね~。

IMG_5710.jpg
おまけ。
実家に戻り、庭をみてびっくり。

IMG_5712.jpg
へちまではありません。収穫し忘れたキュウリがこんなことに…。(笑)

【ルート】
20140813_map2.jpg
A:道の駅なかさつない
B:幸福駅
C:六花亭本店
D:帯広競馬場/とかちむら

関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

2014北海道ドライブ その4 幾寅駅~にわとり牧場のプリン~十勝岳の望岳台。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道ドライブ    プリン  十勝岳  
8月10日。
天気も回復との予報なのでお出かけすることにしました。
本日の目的地は、昨日の神の子池と池繋がりで美瑛の青い池です。

IMG_5401.jpg
帯広からは国道38号で。狩勝峠を越えた先で、とりあえずここに立ち寄ります。

IMG_5387.jpg
南富良野の幾寅駅です。看板は幌舞駅。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった幌舞駅は、幾寅駅として現在も利用されている実存する駅なのです。

IMG_5389.jpg

IMG_5394.jpg
「健さん…」

IMG_5396.jpg

IMG_5395.jpg

IMG_5399.jpg
映画のロケのセットも残っているので、懐かしい気分になれますよ。

IMG_5400.jpg

IMG_5406.jpg
ちょっと懐かしい東芝カラーテレビの看板。そういや子供のころはボンカレーやオロナミンCなどのこれと同じ時代感のあるホーロー看板が貼られていましたっけ。

IMG_5408.jpg
国道に戻り少しクルマを走らせると、道の駅南ふらのがあります。ここに寄ったのはトイレだけではありません。

IMG_5411.jpg
「あったナリ!」
目的は、にわたとり牧場のプリンです。
にわとり牧場は放し飼いにわとりの卵を使ったオムライスがおいしかったお店。以前バイクツーリングで南富良野に来たときに食べたことがあり、木工アートをあしらった小物やカワイイ建物など北海道ツーリングで立ち寄るスポットしてはいい感じのところでした。お店は何年か前に閉店してしまいましたが、現在はプリンをこの道の駅で販売しているのです。

IMG_5413.jpg
小さなにわとりがかわいい小瓶です。じつはこれ、ニワトリとひよこの2パターンあるようです。帰ってから写真を確認したところ、しっかり写っていました。上の写真で確認してみて。ラックの上の前列から2番目にひよこ発見。(笑)

IMG_5415.jpg
さすが。濃厚でおいしいです。いつも食べてるプッチンプリンと比べるとその差は歴然。値段も歴然の差ですけど…。(笑)

IMG_5416.jpg
熊のはく製もあってナカナカの迫力。

IMG_0258.jpg
プリンの後は青い池のある美瑛を目指します。樹海峠を過ぎてからは、ナビの案内通り国道38号から右折して林道に突入。思いのほか山の中って感じで、ちょっとビビりました。ホントにどこかに繋がっているの?ナビの案内が無かったらきっと引き返していたレベルです。

IMG_0261.jpg
ダートを抜けて一安心。テレビドラマ「北の国から」で有名な麓郷方面へ。

IMG_5421.jpg
麓郷は通過して地元では有名な湧水の原始の泉の脇を通る道を進みます。山が近くなって来ましたよ。

IMG_5425.jpg

IMG_5428.jpg
眼下に上富良野の街が見えます。天気も良くて気持ちの良い景色です。

IMG_5431.jpg
まっすぐ続く道。北海道にはこんな感じの道が多いです。

IMG_5459.jpg
クルマは道道298号から291号を駆け抜け十勝岳を見上げる望岳台へ。

IMG_5445.jpg

IMG_5434.jpg
望岳台は十勝岳の中腹ある展望スポット。目前には十勝岳…。

IMG_5441.jpg
反対側には美瑛が見下ろせる大パノラマが広がります。

IMG_5453.jpg
大きな石がいっぱい転がっていました。噴火した時に飛んできたのでしょうかね。荒涼とした景色には似合いすぎる…。(笑)

IMG_5456.jpg

IMG_5454.jpg

IMG_5450.jpg
この近くには、あの有名な吹上温泉があります。無料の混浴。もちろん水着着用OKですが、さすがに母親は嫌がりましたね。(笑)

さて、ここから美瑛方面に下っていけば、カラマツの木々の間にある青い池というわけです。


【ルート】
20140810_map1.jpg
A:幾寅駅
B:道の駅南ふらの
C:望岳台



関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login