オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

ロータスエリーゼS3をちょろっと紹介


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ロータスエリーゼ  LOTUSELISE  車紹介  車購入  YouTube  スポーツカー  マフラー  排気音  エンジン  内装  

約14年間連れ添ったロータスエリーゼS2とお別れをして、昨年の暮れにやってきたエリーゼS3。 今回の動画では、そのS3をちょろっとご紹介いたします。 ※2019年3月15日追記。みんカラの方よりご指摘を受けて確認しましたが、どうやらマフラーは純正ではなさそうです。訂正させていただきます。



新エリーゼとのフィッティングドライブ


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: エリーゼ  秩父  トラブル  レビュー  ロータスエリーゼ  S3    
2019_0116_0005.jpg
納車当日にいきなりの不動のトラブルで速入院で再検査し、年明けに戻ってきたワタクシの新エリーゼ。その節はウィザムカーズさんには本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

そんなこんなで色々ありましたが、気分も仕切り直してnewエリーゼ・ライフの始まりです。
手始めに秩父方面へ。走り慣れたコースで、新しいクルマとの会話をしながらドライビングのフィッティング作業をしたいと思うわけです。

よくよく考えたら晴れた日中でクルマのディティールを確かめたのってこの日が初めてという…。せっかくなので各部をカメラに収め、以前乗っていたS2との違いなんぞも見てみようと思います。

2019_0116_0007.jpg
インパネのデザインは大きく変わっています。上部に貼られていたアルカンターラは樹脂製のものに変わっています。両席エアバッグが装備されてオーディオや吹き出し口のレイアウトも変更されています。それに合わせてカーナビの設置位置も変更しました。ステーはウィザムカーズさんにお願いしています。しっかりとしたもので走行中のブレもありません。

2019_0116_0061.jpg
メーターパネルも照明も透過式になっていて視認性の良いものになっています。まあ一般的なタイプになったというわけですな。ターンシグナルも左右に分割されて表示されます。ただし音が出ないのはちょっと問題ですけどね。スピードメーターは300Km/h。そこまで出すことはないでしょうが、やる気は感じられます。

2019_0116_0009.jpg
トランスミッションは6MT。先にお借りしたスポーツ220ではスケルトンでしたが、こっちはブーツでカバーされています。個人的にはこっちの方が落ち着きます。フィーリングは残念ながらあまりよくありません。S2のフニっとは違いガキガキとメカニカルに入りますが、いかんせんストロークが長すぎます。(笑)
リバースは下のリング状の部分を押し上げながらレバーを1速のさらに左に押し込んでセレクトします。慣れないとついつい6速のところに入れてしまいます。

2019_0116_0011.jpg
ドアには電動で昇降させるスイッチが付いています。個人的にはアルミ製の手回しハンドルが好きでしたが仕方ないですね。トリムの仕上げは若干質感が上がっていました。

2019_0116_0010.jpg
リモコンドアロックが付いたのも今回のクルマの特徴です。(笑)
リモコンで施錠した場合はキーシリンダーでは解錠できないのでリモコンの電池切れたら大変なことになりそうです。

2019_0116_0058.jpg
シートの座り心地は良くなりました。S2のスタンダードのシートはぺったんこでしたが、クッションは多少肉厚になっており腰のあたりの痛みも少なそうです。これについては長距離運転でどのようになるか要確認です。

2019_0116_0013.jpg
ホイールはブラックで精悍な印象。タイヤはヨコハマのネオバ。足元の印象でクルマ全体の雰囲気もずいぶん変わるもんです。

2019_0116_0012.jpg
走りにかんしては、なんせ自分自身が15年くらい乗り続けたクルマに身体が慣れてしまっていたので、頭の中の切り替えが上手くできません。
クラッチのストロークが長くてミートの位置に違和感があります。これはそれは慣れるかな?
乗り心地はガタピシ感が満載で相変わらずロータスエリーゼです。代車でお借りしたスポーツ220が別物みたいにしっかりしていたのと比べると、「ああ。これだよこれ」(笑)って感じ。

2019_0116_0019.jpg
エンジンですが、走行中はローバー製より少し勇ましい音が背中から響いています。アクセルを戻すたびバリバリと音がします。スポーツ220も同様の音がしていたので、これはこういう仕様なのかしら。チューニングカーみたいでちょっとカッコいいですね。
車重は相変わらず1トンを切っているので、アクセルを踏み込むとそれなりに加速しますが、ローバーの踏んだ分だけ比例して加速するのと比べて、3000回転くらいからグイーンと伸びてきます。可変バルブ機構のせいでしょうな。
言われていたようにローバーより高回転型なので下の方では若干物足りないですね。気持ちアクセルを踏み込まないとかったるい感じがします。

そんなことを考えながら秩父方面へのフィッテイングドライブ。当初の目的地浦山ダムまでやってきました。いまのところ特に違和感もなく快適な道中でした。

色々とつらつらと書いてきた今回の新しいクルマ。S2エリーゼとの差異は思ったより少なくて、やっぱりエリーゼはエリーゼだなと。以前のクルマが素うどんだとしたら、今回のS3は素うどんに七味をかけたみたいですかね。自分の中で徐々に以前のクルマの印象が薄れていけば、新しいクルマも最高のドライブの相棒になってくれると確信したのでした。


エリーゼ スポーツ220について


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ロータスエリーゼ  スポーツカー  代車  エリーゼスポーツ220  
納車初日でいきなりのトラブルで帰宅途中で代車でスポーツ220をお借りすることになったのはこの前の記事の通りです。
その後年末のバタバタでいまだにそのクルマは自宅にあるのですが、せっかくなので運転して思ったことなどを書いてみようかと思います。

2019_0103_0002.jpg
その前に自分が所有していたクルマについても前提にあるのであくまで参考になれば幸いです。ざっとこんな感じです。
以前乗っていたクルマ エリーゼS2 ローバー製Kエンジン
今回購入したクルマ エリーゼS3 トヨタ製エンジン(1ZR-FAE)
代車でお借りしたクルマ エリーゼS3 スポーツ220 トヨタ製エンジン(2ZR-FE)

S3はエンジンのかけ方がスタートボタンになったりと同じ車種でありながら、ちょこちょこ仕様が変更になっています。自分のクルマはS2の初期型なのでほとんどシンプルでしたが、さすがに新型は洗練されており今風のクルマに仕上がっています。今までのエリーゼ特有と思っていたあのガタピシ感が随分と影を潜めています。装備が充実しクルマが重くなったせいでしょうかね。逆にいうと自分が乗っていたS2がかなりクラッシックな印象を受けます。

2019_0103_0004.jpg
新型の特徴的なスケルトンのシフトレバーはメカメカしててカッコいい。内装もレザーがあしらわれており高級感もあります。

2019_0103_0005.jpg
メーターも300キロまで刻まれています。個人的にはタコメーターの文字はもう少し小さくてもいいかなと思います。

2019_0103_0007.jpg
右側にエンジンスタートボタンとライト系のスイッチ。スポーツと書かれたのはモードの切り替えのようですね。せっかくなので切り替えてみましたが、街乗り程度ではよくわかりませんでした。(汗)

エンジンやトランスミッションが違うのでいわば骨格のみ共通で他は別物。クルマの乗り味はそういった機械やそれに伴う重量等によって変化するのでしょうから、運転した感覚は別なものというのが正直な感想です。
だけどその違いは極めて狭義的なエリーゼの中ではという条件が付きます。もう少し広いところから見ると、たとえば他社のクルマなどと比べると、やはりロータスエリーゼというクルマですし、今まで普通のクルマに乗ってい方で運転好きな人であれば感動するに違いないと思いました。

スポーツ220は1800㏄のスーパーチャージャー付の220馬力。踏めば早くて街乗りでは持て余します。マフラーから聞こえるのも野太い音ですし、エンジンがやたら勇ましくて走行中も常にエンジン音が後ろから聞こえます。最初は「おお、スポーツカーっぽい!」と気持ちが盛り上がるのですが、ずっと運転しているとちょっと疲れそうです。でもやる気は出ます。峠やワインディングでは楽しいでしょうね。

比べてS2のローバーはいたって平和的です。アイドリングは静かですし踏んでも音はソコソコ。気分の盛り上がりはあまりないかもしれませんが、自分のレベルではクルマとの一緒になって走るまさにライトウエイトという言葉がぴったりのスポーツカーでしたね。そう考えると、なんだかんだ言って自分にはS2の素うどん的な方があっていたのかもしれません。

今回縁あって高グレードのクルマを試乗できることになりましたが、あらためてスタンダードの良さを実感させていただく良い機会になりました。そのうち戻ってくる自分のS3もどんな感じなのか。やはり前のS2がよかったとなるのか、それとも新しいクルマの良さを教えてくれるのか。楽しみでもあります。


セカンドシーズン開始…が、いきなりの洗礼を受けるの巻。


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ロータスエリーゼS3  納車  トラブル  ドライブ  
2018年も残りわずかのこの時期に久しぶりのブログ更新です。
11月に車検に出したロータスエリーゼの秀麿号が装いを新たに戻ってきました。
IMG_9061.jpg
今回は中古車ですが、S3のボディと1.6リットルのトヨタエンジン、6速MT。ABS、両席エアバック、パワーウィンドウとブレーキサーボ。あとウィンカーなどがLEDになっています。今までとはだいぶ変わりました。しかしボディーカラーは同じなので、他の人から見たら気づかないかもしれませんね。(笑)

IMG_9077_9.jpg
ドアロックの方法など以前のクルマと違うところなど説明を受けお店を後に。環八から荻窪方面を回って自宅までプチドライブです。今まで乗っていたクルマとインパネのデザインが変わっているの結構新鮮な気分でした。

普通ならここでよかったね…で終わるのですが、さすがロータスです。
トラブルは突然やってきました。

信号待ちから発進しようとアクセルを踏み込んだら、クルマが加速しなくなってしまったのです。
慌ててクルマを道路の脇に寄せます。エンジンはかかっていますが、空吹かしをしようとアクセルを踏んでもウンともスンいいません。

あらら。
こりゃ走れないわ。

IMG_9080_9.jpg
電話をしたらすぐにやってきてくれたウィザムカーズの担当スタッフさん。アクセルの不具合は自走不能になるトラブルなので、このままクルマはファクトリーに持っていくとのこと。今日は代わりに白いクルマで自宅に帰ってくださいと言ってくださった。

この白いクルマ、お店でデモカーとして使用しているものらしい。なんと自分の買ったクルマよりはるかに高額のクルマを運転することに。
なんかすごい展開でした。

IMG_9065.jpg
こっちは空調コントローラーの照明不具合も発見。こっちは走ることとは直接関係はありませんが気分のいいものではありません。
中古車とは言え、いきなりアクセルが利かなくなるトラブルに見舞われたり、空調パネルの照明の不具合など洗礼を受けてしまいました。初日から飽きさせない展開です。
とりあえずお店の保証が3000kmか3か月という事だったので、こういった事象が早めに露出してくれたのは不幸中の幸いというべきでしょうか。

そう考えるようにします。(笑)

車検に出してきました。


Category: エリーゼ・クルマ関係   Tags: ロータスエリーゼ  修理  車検  愛車    
2015_03_17_196_20181102223131e7a.jpg先日エリーゼを車検に出しました。2003年に購入した2004年モデルなので15年になります。
思えば色々なところを一緒に走ったなあ…。
今回の車検は思うところが沢山ありますが、ロータスエリーゼというクルマは、自分の人生を変えた大切なものということは変わりありません。たかがクルマ。されどクルマなのです。

なんにせよ。
新ステージに突入です!

06 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

05

07


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login