オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

所沢の東川で夜桜を見てきました。


Category: 日記など   Tags:  花見    
2015_03_30_039.jpg
ここんところの暖かさで、桜も開花してきました。
仕事から帰宅後、ちょっくら花見に出かけてきましたよ。

2015_03_30_011.jpg
航空記念公園の駐車場にクルマを停めてテクテク歩きます。

2015_03_30_004.jpg

2015_03_30_006.jpg
所沢市の東川の河岸に並ぶ桜並木。ここは夜間のライトアップがされており、仕事帰りでもなんとか夜桜を見ることができます。

2015_03_30_009.jpg
提灯の灯りに照らされた桜はピンクがかって、昼間の印象とはちょっと違います。

2015_03_30_010.jpg

2015_03_30_034.jpg

2015_03_30_056.jpg

2015_03_30_060.jpg

2015_03_30_062.jpg
今回は三脚を持参せず手持ちで撮影したので、たくさん撮った割には使えそうなものは少な目です。

2015_03_30_065.jpg

2015_03_30_071.jpg
この日は、まだ開いていないところも多かったです。

2015_03_30_078.jpg

2015_03_30_091.jpg

2015_03_30_070.jpg
幸手の権現堂あたりには規模も到底及びませんが、のんびりと花見をするにはいいかもしれませえん。ただ出店などは無いですけどね。(笑)
まあ、近場でお気軽な夜花見もいいもですよ。

2015_03_30_094.jpg
帰りはスーパーで桜まんじゅうなるものを購入。夜花見の余韻を愉しみつつ、舌でも桜を味わったのでした。


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

ふたたび奥武蔵グリーンライン。刈場坂峠~白石峠~横瀬方面。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  秩父    武甲山  
2015_03_24_077_1.jpg
関八州見晴台へのプチハイキングですっかり運動不足を露呈してしまったオレですが、クルマに戻って気を取り直してドライブ再開。ふたたび森の中を走り抜けるのです。

2015_03_24_080.jpg
檥峠(ぶなとうげ)。

2015_03_24_082.jpg
基本お天気はいいのですが、雲にかかるとちょっと寒いですね。この日は風も強かったよ。ちなみにこの写真は標準のズームで撮ったのですが、望遠と比べるとやっぱりフロントが厚ぼったい気がする…。ようは顔がデカくなっているってことです。

2015_03_24_083.jpg
さらに山道は続きます。同じような感じですが、走っているとけっこう楽しいんだこれが。(笑)

2015_03_24_087.jpg
パッと視界が開けてきました。なんかほっとしますね。

2015_03_24_089.jpg
刈場坂峠に到着です。

2015_03_24_103.jpg

2015_03_24_101.jpg
遠くまで見渡せます。こりゃ絶景ですわ。

2015_03_24_112.jpg
最初フィアット500の方が居たのですが、入れ替わりで出て行ってしまったので、今は俺がこの場所を独り占めなのです。ここでアンパン食ったりしてのんびり過ごします。でもちょっと寂しかったりもしますね。平日休みで皆さんとご一緒できないのが辛いところです。

2015_03_24_096.jpg
望遠レンズに切り替えてクルマを撮ってみます。やっぱりこっちの方がカッコイイかな。

2015_03_24_107.jpg
パンをかじりながら、この先のルートを確認。このまま進んで大野峠まで行き、前回はまっすぐ行ったところを右に回って白石峠を経由して定峰峠へ…。そんな感じでしょうか。

2015_03_24_113.jpg
刈場坂峠から大野峠の途中にはこのように落石注意の看板がちょくちょくあります。見ると結構大きな岩みたいなのもあります。オープンカーだから命にかかわるのでちょっとビビります。

2015_03_24_120.jpg
大野峠に到着です。
今回はここから右折して白石峠と定峰峠を目指すことにします。

2015_03_24_121.jpg
道は相変わらずこんな感じ。ここからは思いの外対向車が多いですね。まあ、その理由は後で何となく分かるのですけどね。

2015_03_24_122.jpg
途中の高篠峠。

2015_03_24_124.jpg
しばらく進んで、白石峠に到着。
でもね…。

2015_03_24_123.jpg
通行止めの看板。理由は落石により…だと。自己責任で突入も考えたのですが、やっぱり無理をしないことにして素直に引き返すことにしました。大野峠から対向車が多かったのはこのせいかもしれません。
さて。
大野峠まで戻って県民の森を経由して、秩父の方へ抜けられるルートに変更です。

2015_03_24_125.jpg
来た道を戻るのってイマイチ気分が乗らないんですけどね。

2015_03_24_129.jpg

2015_03_24_130.jpg
所々のカーブにある赤の縞々。振動が酷く走りにくくてイヤになっちゃう。なによりクルマに余計な負荷がかかりそうで嫌いです。

2015_03_24_134.jpg

2015_03_24_136.jpg

2015_03_24_139.jpg
県民の森に到着。

2015_03_24_137.jpg
開花はもう少し先のようですね。

2015_03_24_140.jpg

2015_03_24_142.jpg
野外活動センター方面から定峰峠の方へ抜けられないかと行ってはみるものの、こちらも通行止め。

2015_03_24_143.jpg
もう少し時間が必要のようです。

2015_03_24_147.jpg
結局元の道に戻り、横瀬へ行くルートに。ちょっと消化不良だけど仕方ありません。

2015_03_24_149.jpg
時折木々の間から見える秩父のシンボル武甲山。

2015_03_24_152.jpg

2015_03_24_155.jpg
右に左にグングン下っていきます。道は狭いですが平日のせいか交通量も少なく対向車ともほとんどすれ違いませんでした。だけど油断は禁物。事故なんてシャレにならないので慎重に走ります。

2015_03_24_157_1.jpg
人里近くまで下りてきて、丸山鉱泉旅館のあたりで武甲山が良く見えるポイント発見。

2015_03_24_163.jpg
秩父のシンボルともいえる武甲山。石灰岩の採掘によって要塞のような姿は異様なまでの存在感です。猛々しくて好きなのですが、この山の事を調べていくとちょっと切なくなったりもします。

山の断面はこんなふうになっているようです。
http://www.titi-lime.co.jp/Factory/Bukou.html

2015_03_24_172.jpg
国道299号に合流して所沢方面へ。

2015_03_24_175.jpg
いつもの道の駅果樹公園あしがくぼにやってきました。もう限界だったのでトップを装着。実は花粉とほこりでくしゃみと鼻水がMAXになってしまいました。どうやら活動限界時間を過ぎてしまったようです。

2015_03_24_177.jpg
所沢に戻って近所の温泉施設でひとっ風呂。花粉と埃まみれの身体を洗い流そうというわけです。

2015_03_24_178.jpg
高濃度炭酸泉のさっぱりしたお湯で身体もリフレッシュ。お風呂上りはお腹も空いたのでちょっと早めの晩御飯。運動のあとのゴハンは美味いわ。(笑)

今回でとりあえず奥武蔵グリーンラインは終了。定峰峠はまた別の機会で反対方向からのアクセスにしようかなと思っています。まだまだ、秩父方面は走りがいのあるエリアですね。奥多摩もそうですが、高速使わずに行ける場所が近場あるなんてラッキーだわ。

おしまい。


【今回のルート】
SnapCrab_NoName_2015-3-26_22-22-54_No-00.png
A:関八州見晴台
B:檥峠(ぶなとうげ)
C:刈場坂峠
D:大野峠
E:白石峠
F:県民の森
G:武甲山を撮ったところ
H:道の駅果樹公園あしがくぼ



関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

ふたたび奥武蔵グリーンライン。顔振峠~関八州見晴台でプチハイキング。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ    林道  奥武蔵グリーンライン  
2015_03_24_001.jpg
今週も行ってきました。
というのも、前回途中で時間切れでどうしてその先に行きたかったし、朝起きたらまたもやお天気がいいではありませんか。オレのエリーゼ秀麿号にはエアコンが機能しないので、春が近づいたこの時期は一年のうちでも快適にドライブできる数少ない時期でもあるのです。
まあ、実際この時期は花粉が辛いのですけどね。(笑)

前回と比べると気温は全然低くて足元ヒーターかけても顔は冷たい。露天風呂みたいで気持ちいいけれど、個人的にはもう少し気温は高い方が楽です。

2015_03_24_003.jpg
途中のコンビニであんパンやお茶を購入。

2015_03_24_006.jpg
国道を秩父方面に向けてクルマを走らせます。いやあ、ホントにいい天気だわ。

2015_03_24_007.jpg
この間開通した吾野トンネルを越えてすぐの交差点を右折して顔振峠を目指します。ここから奥武蔵グリーンラインへ合流しする予定。

2015_03_24_010.jpg
顔振峠へは左の方向へ行きます。前回は右側からUターンする感じでここに合流しました。

2015_03_24_013.jpg
顔振峠に到着。先を急ぐので写真撮ったらすぐに出発。(笑)

2015_03_24_015.jpg

2015_03_24_016.jpg
前回より早い時刻のせいか太陽の位置がまだ低くて、影がきつくです。場合によっては路面の様子が見えにくい感じ。注意しながら走ります。

2015_03_24_020.jpg
傘杉峠。
コントラストがきつくてクルマが綺麗に撮れません。背景の陰に合わせるとクルマが飛んじゃうし、クルマに合わせると背景の影が真っ黒。(笑)
カメラやってると思うのですが、そういった光の加減を超越して、物を認識できる人間の目ってスゴイですね。

2015_03_24_031.jpg
黒山展望台の駐車場。お日様燦々で気持ちがいいです。

2015_03_24_024.jpg

2015_03_24_032.jpg

2015_03_24_036.jpg

2015_03_24_035.jpg
時々現れる青看板を頼りに。当面の目的地は刈場坂峠。

2015_03_24_037.jpg
ほどなく進むと、関八州見晴台入口入口の看板を発見。前回はそのままスルーしちゃいましたが、帰宅後調べてみるとかなりの眺望スポットらしい。ちょうどクルマを停めるスペースもあるし、ここから歩くのかな。

2015_03_24_040.jpg
平日だったので20台くらいは停められそうなスペースには、軽トラック1台とソロライダーさんが休憩している程度。昼はいいけど、夜は来たくない雰囲気です。

2015_03_24_041.jpg
「おいらと同じウサギさんナリ。でもあまりかわいくないナリ」

2015_03_24_045.jpg
清水寺みたいに張り出したデッキからは景色が拝めそうです。

2015_03_24_042.jpg
所々床板が落ちている箇所があったりして、別の意味で怖いです。

2015_03_24_043.jpg
遠くの山々まで見えました。以前も書きましたが、このルートってほとんど森の中を走っていて、たまに見られる眺望個所はちょっと貴重だったりします。それでも時々は木々の隙間からも見えたりするのですが、オレのクルマは車高が低くてそれも中々叶わないわけで。

2015_03_24_046.jpg
さあ、ここからはハイキングモードに切り替えです。事前の調査ではだいたい5分くらいだとか。

2015_03_24_048.jpg

2015_03_24_049.jpg
日陰には霜柱。そーいやここ2日くらいの夜は冷え込んでたからなあ…。

2015_03_24_051.jpg
軽いハイキングのともりでドライビングシューズに軽装のオレ。ここんところの運動不足と加齢による体力低下かかなり身体に堪えてきます。なんか自分が思っている以上に体力が落ちているのを実感してしまった。軽くショックです。

うーん。もう5分くらいは過ぎているような…。

2015_03_24_052.jpg
まだまだ続きよ…。

2015_03_24_054.jpg
いやいや。絶対5分以上歩いているって。

2015_03_24_056.jpg
歩いた先にはクルマが走れる道と合流…。そして入り口の案内。ということはここまでクルマで来られるってことでないですか!

2015_03_24_055.jpg
クルマを取りに今来た道を戻り、真の入口の前にある5~6台分の砂利駐車スペースにクルマを停めます。ああ、たぶん休日はここがいっぱいになっちゃうんだろうな。徒歩約5分というのは、たぶんここからカウントして…だろうよ。無駄に運動してしまった。(笑)

2015_03_24_058.jpg
なんか悔しくてそのまま先に行っちゃおうかとも思ったのですが、気を取り直してふたたびハイキングを続けることに。道は意外と急で足元も滑りやすいの注意が必要です。事務職系の40代、肉体的にも結構ハード。

2015_03_24_060.jpg

2015_03_24_061.jpg

2015_03_24_064.jpg
関八州見晴台に到着。当然登山と言えるものではありませんが、ちょっとした達成感を味わうことが出来ます。どんだけハードル低いんだよというツッコミはナシでお願いいたします。

2015_03_24_066.jpg
その苦労の甲斐あって、眺めはいいですよ!真ん中にあるのは秩父で圧倒的な存在感の武甲山。いつか登ってみたい。

2015_03_24_068.jpg
反対側には採掘場も見えます。武甲山をはじめとしてこの辺りは採掘場が多いですね。

2015_03_24_067.jpg
お天気は良かったのですが、風が強くて思ったより寒い。景色も見たことだし、そろそろ戻ることにします。下りは特に足元注意しながらね。(笑)

2015_03_24_074.jpg
来た道を下って、クルマの停めてある場所まで戻ってきました。ここからドライブ再開です。まずは刈場坂峠。

続く。

【今回のルート】
SnapCrab_NoName_2015-3-25_21-59-39_No-00.png
A:吾野トンネル出口
B:顔振峠
C:関八州見晴台 ちょっと遠いところ 
D:関八州見晴台 近いところ





関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

奥武蔵グリーンラインを行く。傘杉峠~黒山展望台~檥峠(ぶなとうげ)~刈場坂峠~大野峠。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ    林道  カメラ  
てなわけで、奥武蔵グリーンラインの話。鎌北湖から顔振峠まで来た前回からの続きです。

2015_03_17_172.jpg
傘杉峠に到着。
当たり前ですがこの辺りには人がほとんどいないので、自分のペースで途中のコンビニで買ったチョコパン食べたり、クルマを撮影したりして過ごしました。

2015_03_17_171.jpg

2015_03_17_174.jpg
いやあ、カッコいいなあ…。自分のクルマですが鼻の下伸びちゃうよ~。(笑)
10年前、まさに清水の舞台から飛び降りくくらいの覚悟で購入を決めたこのロータスエリーゼ。サラリーマンでもがんばれば手に届くプチ・スーパーカー。個性的なボディデザインや、丁度良い身の丈と軽量ボディによる軽快な走り。自分の中ではこのクルマを越えるものは未だにないんですよね。

2015_03_17_173.jpg
やっぱいいなあ。峠道。花粉はイヤだけど、森林浴をしながらのドライブは最高です。(笑)

2015_03_17_184.jpg

2015_03_17_182.jpg
傘杉峠から少し走ったところにヘアピンカーブ。そこにあったのは黒山展望台というところ。カーブの内側が駐車スペースになっています。

2015_03_17_179.jpg
階段があるので登ってみましょう。

2015_03_17_180.jpg
階段の先にはちょっと下休憩スペースがありました。山と山の間に広がった眺め。毛呂山の市街の方かな。

2015_03_17_181.jpg

2015_03_17_183.jpg

2015_03_17_177.jpg
ずっと森の中を走っていたので、もう少しゆっくりしていたかったのですが、まだまだ先は長いです。ちょっと名残惜しいけれど前に進まなければなりません。

2015_03_17_186.jpg
ズイズイ行きますよ~。

2015_03_17_187.jpg
ズ~イズイ。

2015_03_17_190.jpg
今度は檥峠(ぶなとうげ)。記事を書きながらも似たような景色で混乱しちゃいそうです。(笑)

2015_03_17_189.jpg
看板でも転記してみましょう。
奥武蔵グリーンラインは昭和38年、林道重点施策の一環として計画され、2,000ヘクタールに及ぶ森林資源の開発利用のほか、地域の生活環境の改善や、比企、入間、秩父の3郡を結ぶ交通路としての役割も担って誕生しました。また、黒山、奥武蔵自然公園内の観光森林レクリエーションの場としても利用されています。

はい。自分も十分レクリエーションさせてもらっています。(笑)

2015_03_17_192.jpg
ふと思ったのですが、カメラの絞りのf値を大きくするとヘッドライトがキラキラになるんですね。

2015_03_17_196.jpg
まだまだ被写体に気持ちが取られて、全体の構図まで気が回らない。これも後で気づいたけど、背景に変なものが入っているし…。これからはクルマを停める場所も考えようよ…。(笑)

2015_03_17_198.jpg

2015_03_17_204.jpg
そして刈場坂峠までやってきました。

2015_03_17_203.jpg
このあたりの峠にしては広めの駐車スペースと眺望。この日も何台かのクルマが来てました。記念写真を撮ってそそくさと後にすることに。ここもこの次はもう少しゆっくりしてみたいと思いましたね。
時刻は15:30。先を急ぎましょう。

2015_03_17_206.jpg
さすが山奥。日陰の一部にはまだ雪が残っています。

2015_03_17_208.jpg
大野峠に到着。

2015_03_17_209.jpg

2015_03_17_210.jpg
ここで分かれ道。ホントは白石峠や定峰峠あたりを走って奥武蔵グリーンラインは進むのですが、日も傾いてきて、ここで時間切れ。今日は無理をせず県民の森を経由して芦ヶ久保にクルマを進めることに。今回行けなかったとこは次回への課題ということです。

久しぶりにクネクネ道を走ったって感じです。やっぱドライブ楽しいわ。
今回はこれまで!

2015_03_17_212.jpg
オマケ。
道の駅果樹公園あしがくぼで買ったのは、みそポテト。
揚げたお芋に甘いみそダレがおいしい。立ち寄った時にはぜひ。


【今回のルート】
SnapCrab_NoName_2015-3-20_21-34-11_No-00.png
A:顔振峠
B:傘杉峠
C:黒山展望台
D:檥峠(ぶなとうげ)
E:刈場坂峠
F:大野峠
G:道の駅果樹公園あしがくぼ


クリームで鼻の粘膜に塗布して物理的に止めるからかなり有効。
薬とダブルでかなり抑制できそうな気がします。

アレルシャット 花粉 鼻でブロック ミント チューブ入 30日分

新品価格
¥728から
(2015/3/12 21:32時点)


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

奥武蔵グリーンラインを行く。鎌北湖~天文岩~顔振峠。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ林道    
2015_03_17_111.jpg
梅林を観てそれなりに満足だったのですが、やっぱり走りという意味では物足りないかなと。(笑)近かったので、鎌北湖まできてしまいました。ここは桜の名所なのですが、まだシーズンはまだまだです。

2015_03_17_114.jpg

2015_03_17_122.jpg
湖畔の駐車場にクルマを停めてひとり撮影会。設定を弄ってみながら撮影しちゃいます。PLフィルターのおかげでエリーゼの赤がきれいに表現されています。

2015_03_17_125.jpg

2015_03_17_130.jpg

2015_03_17_134.jpg
鎌北湖からはそのまま奥武蔵グリーンラインを進みます。以前走った時に印象が良かったので今日はこのまま行ってみようかと。木々の中を進む感じのこのコース。眺望はあまり望めませんが、走るにはちょうど良い感じ。

2015_03_17_137.jpg
油断は出来ません。路肩がちょっと危険気味なので慎重に走らせます。

2015_03_17_142.jpg
途中、道の広くなっている所でクルマを撮影します。PLフィルターを使ってみると木漏れ日の中でのクルマがどんな感じで撮れるか楽しみです。

2015_03_17_138.jpg
日陰になるといつもより暗いですね。

2015_03_17_140.jpg

2015_03_17_143.jpg
森の静寂さを感じられるかも。幻想的でもあるこの空間を独り占めです。しばらくこんな道が続きます。

2015_03_17_148.jpg
しばらく走って行くと、こんな岩があります。

IMG_6908_1.jpg
2012年4月にここを通った時に撮った写真。その時はあまりにも物々しい雰囲気にスルーしちゃいましたが、今回は確認してみようと思います。

2015_03_17_152.jpg
ご丁寧に説明の看板発見。
以下抜粋。

この岩は天文岩と呼ばれ、天文学者千葉歳胤がこの大岩窟で入り、数学、暦法、天文について独学したといわれています。
千葉歳胤は、正徳3年(1713)、虎秀に生まれ、生まれつき賢くて勉強家でした。江戸にのぼり、中根元圭という当時将軍吉宗に仕えていた数学や天文に学び、またその高弟である真田親盈に師事し、この学問の奥義をきわめました。
歳胤は、蝕算活法率百85巻および皇倭通暦蝕考3巻など、数多くの著書を残し、晩年は江戸を去り、虎秀の山里に帰り、ゆうゆう自適し、寛政元年77歳で没しました。

2015_03_17_153.jpg
なんだ。
オカルトでもなんでもなかったんですね。いやあ失礼しました。

2015_03_17_154.jpg
岩の割れ目には階段っぽくなっていますが、柵が有って入ることはできません。

2015_03_17_155.jpg

2015_03_17_149.jpg
3年前からの疑問がこれで解決しました。ちょっと清々しいきもちでドライブを続けられそうです。

2015_03_17_157.jpg
先に進みます。道は相変わらずこんな感じ。路面は所々荒れていますが、車高の低いエリーゼでも走る事が出来ます。ただ幅員は狭いので対向車には注意です。

2015_03_17_162.jpg

2015_03_17_163.jpg
顔振峠に到着。

2015_03_17_164.jpg
お店には立ち寄らず、少し離れたところにクルマを停めます。眺望が良くて時間があるなら、お店に入って休憩もいいですね。

2015_03_17_168.jpg
ここまででも結構お腹いっぱいなんですけど…。奥武蔵グリーンライン、まだまだ続きます。
それにしてもPLフィルター効果?同じカメラなのに、クルマの写りが今までと全然違うんですケド。(笑)

つづく。


【今回のルート】
SnapCrab_NoName_2015-3-18_23-7-17_No-00.png
A:越生梅林
B:鎌北湖
C:天文岩
D:顔振峠


クリームで鼻の粘膜に塗布して物理的に止めるからかなり有効。
薬とダブルでかなり抑制できそうな気がします。

アレルシャット 花粉 鼻でブロック ミント チューブ入 30日分

新品価格
¥728から
(2015/3/12 21:32時点)


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

03 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

02

04


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login