オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2019 山形&宮城方面へドライブ。 その4 鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(2)


Category: ドライブ・旅行   Tags: 湯主一條  鎌先温泉  温泉  朝食  東北旅行  エリーゼ  ドライブ  旅館  山形  宮城  
前回から少し時間が経っていますが山形&宮城方面へドライブの記事です。鎌先温泉 時音の宿 湯主一條での宿泊、明けてお風呂と朝ごはんを紹介します。
IMG_0264.jpg

旅行の朝は温泉から

旅行の時は早く起きて朝風呂から気持ちよくスタートさせたいと思っているので、いつもと同じくらいの時刻に起床。嫁キンタを起こさないようにそっと部屋を出て恒例の朝風呂です。
宿泊したのは平日だったのでお客さんも少なかったのでしょうか?夜も朝もお風呂では他の宿泊客とは被ったのは一回だけ。おかげでのんびりすることが出来ました。これも平日休みの特権ですね。

湯主一條には約600年の歴史を感じさせる優しい泉質の『薬湯』と入浴後は肌がつるつるになるといわれる『洞窟の湯』の2つの源泉があります。個人的には600年の薬湯の温泉の方が身体によさそうで好みなので先は洞窟の湯から入りました。
IMG_0258_201907161130476b2.jpg
一條さんのHPによると、源泉の洞窟は、「いわくありの洞窟」とか。
90年位前に、仕事をくれ。と現れた男がたった1人で手彫りで掘った洞窟で、そこから温泉の成分が検出されたので目の前に露天風呂として使用しているそうです。

そのままお風呂をハシゴです。以前は露天風呂などの景色がよいところのお風呂が好きだったのですが、このごろはお湯の成分などにも気になるようになってきました。できるなら源泉でかけ流しが理想。お宿を選ぶときには、個人的には温泉宿に宿泊するのならお風呂も重要なファクターになっています。
まあ、そうは言っても自分ひとりだけではないときは、一緒にお出かけする人の好みなども勘案してセレクトするようにしています。
IMG_0261_20190716120454c79.jpg
こちらは自分的は好みの薬湯の方です。建物自体が古いため昭和っぽいのがいい感じ。ピッカピッカのもいいですけど、山奥の温泉宿のお風呂と言えばちょっと古さを感じさせる雰囲気が旅の旅情を誘うような気がして大好きなのです。歳のせいか懐かしさを感じられる空間が好みになってきていますね。

またまた一條さんのHPによると、600年前から「奥羽の薬湯(やくとう)」と言われ傷、火傷、一般手術後、婦人病、リウマチ等に効く名湯と親しまれ湯治場として栄えて来た「鎌先の湯」一條の薬湯の源泉は、鎌先温泉の元々の源泉で、傷などが治るので薬の様なお湯という意味です。
「塩化物ナトリウム硫酸塩泉」で空気に触れると茶色い湯花が浮かぶという特徴。この茶色い湯花がお湯に浮いていたり、タイルなどに付着し茶色に染まってしまうのは、温泉の性質だとか。

IMG_0262.jpg
脱衣所はレトロな感じ。

IMG_0256.jpg
お風呂とは直接関係はないのですが、各脱衣所にはこのようにオーディオが置かれていました。流れていたのは品の良いクラシックだったような。このような演出をしているのっていいですよね。

IMG_0267.jpg
お風呂から上がったところにある広場には名産のこけしや賞状などが飾られていました。

IMG_0259.jpg
部屋に戻ってみると嫁キンタは就寝中。いつも仕事を頑張っているのでこうゆう時はのんびりできて良かったです。しかし長く寝ていられるのって羨ましいな。自分の場合、この頃細かく刻んで寝る感じになってきました。

ほどなくして嫁キンタも起床し、朝風呂を済ませた後は朝食です。
2019_0612_0002.jpg
朝食も昨日同様、個室料亭匠庵でいただきます。この日は少し寒かったとのことでストーブがついていました。朝食は和食か洋食か選べたので和食を選択。

2019_0612_0005.jpg

2019_0612_0013.jpg
品のよい音楽を聴きながら歴史のある建物でいただく美味しい食事。ホント朝から優雅でした。

評判通りのお宿

旅行で宿泊先を決めるときは、殆どじゃらんnetから予約をするのですが、当該エリアでここ湯主一條を選択したのは、お値段と泊ってよかった宿ランキングでの高評価というのが大きかったです。
実際に宿泊してみての自分の中の評価は、おすすめのお宿と言えます。
お風呂と食事、そして接客。湯主一條は歴史的価値のある雰囲気のよい建物と細やかな接客とこだわりの食事、湯治場だったという温泉の質もさることながら、600年という歴史を一番の価値として位置づけて、それを最大限に活かしているところにとても共感しました。
2019_0611_0173.jpg
チェックインの時と同じに、駐車場まで送っていただき宿を出ます。帰りは特に予定も決めていないのでお気楽なモノ。のんびりエリーゼ転がして埼玉まで帰るって感じですね。

関連記事

07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06

08


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login