オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2012北海道ドライブ その3 望羊の丘で羊蹄山を拝み、洞爺湖で花火とジンギスカン 


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道ドライブ  
2日目、8月8日の後半いってみよう。
真っ青な空。完璧なくらいの天候。朝からいいもの食べてシアワセ気分。だけどこの後トンでもないことが発覚するのです。

IMG_8025_1.jpg
こんなロケーションだ。屋根外してオープンで颯爽と北の大地を駆けよう。
早速、トップを外してオープンモードにするため車を停めます。

IMG_8022_1.jpg
え?

IMG_8021_1.jpg
…ぽてっ

荷物の積載量がミニマムなエリーゼです。大人2人とぬいぐるみ3人匹の10日分の荷物で、外したトップを収納するスペースが全く、無いのでした。
トンでもないこととは、この北海道という素晴らしいステージ、しかもこのお天気の下でオープンで走ることができないということ。

出発前になんとなく、そーかななんて思ってたんですが、あまり考えないようしてたんですよね。いざとなったらシートの後ろにでも立てかけておけるかなあ…なんて。
でも甘かったです。思ったよりかさ張ってとてもじゃないですが、収納なんて無理。

IMG_8026_1.jpg
オーマイガー!
こんなによい天気に、オープンにできないなんて!
落ち込んでも仕方がありません。そーだ。これはこれで、日に焼けなくていいんじゃないのか?こーなったら思考回路を切り替えクルマを走らせます。

IMG_8028_1.jpg
岩内を経由し、ニセコ町へ続く道道66号ニセコパノラマラインへ。

P1070910_1.jpg
北海道らしい壮大な景色と快適なロード。交通量も少なく走りやすい。至福の時間です。

IMG_8029_1.jpg

IMG_8030_1.jpg

IMG_8035_1.jpg
ニセコ町に入ると羊蹄山がより大きく目の前に見えてきました。羊蹄山は標高1,898mの成層火山。富士山によく似た整ったその姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称されています。
たしかに富士山みたい。存在感あるわ。

IMG_8037_1.jpg
国道5号と道道66号が交差するポイントに位置する道の駅ニセコビュープラザで休憩。ウッディな建物が素敵。

IMG_8036_1.jpg
このあたりの牧場であろう高橋牧場のニセコのむヨーグルトで一息入れます。当たり前ですがこーゆーのは美味いに決まってマス。
後でグーグルマップを見たら、オレたちこの高橋牧場の脇を通っていたのね。

IMG_8040_1.jpg
ルートは国道5号を北上し、道道478号を京極町方面へ。羊蹄山の周囲を西側から北側へぐるっと走ります。

IMG_8039_1.jpg

IMG_8048_1.jpg
道の駅名水の郷きょうごくで再び休憩。今回のドライブは道の駅を休憩場所にして、点で繋ぐようにルートを決めて走りました。

IMG_8045_1.jpg
ちょっとお腹も空いてきたので、ゆでとうきび(とうもろこしとは言わない)をパクっと。関東に住んでからはめっきり食すことが減った茹でたとうもろこし。北海道出身のオレにはなんとも懐かしい味です。

IMG_8047_1.jpg
その後、間髪入れずソフトクリームも挑戦です。やっぱツーリングとかドライブだったら、ソフトクリームはお約束ですよね?嫁キンタはバニラにキウイをトッピングです。

IMG_8049_1.jpg
本日の第3の目的地、ツーリングマップル北海道版の表紙にもなった場所を目指します。

ナビの案内でクルマを走らせますが、だんだん道が怪しくなってきます。しかも途中で案内は終了。おいおい。オレたちが行きたいところはあの山の方なんですけど…。不安を抱えつつも、おおよその位置関係をもとに自分の勘で車を進ませるものの…。

IMG_8056_1.jpg
え?

IMG_8058_1.jpg
ええ?

轍が深くてそのまま走ったら車高の低いエリーゼでは亀の子状態になるくらいの道。轍と轍の間の中央の盛り上がったところに片輪を乗せて、もう一方は路肩ギリにタイヤをあてるよう慎重に走行します。

IMG_8060_1.jpg
すごい山道を通って、ようやく舗装路に出てひと安心。お、前方には羊蹄山が見えますね!

秩父の山奥といい今回の山道といい、オレのエリーゼは、よくまぁこんなところ走ったもんだ。横に座っているの嫁キンタの「擦る!擦る!」が今日の一番のひと言として後々まで語られることに。

IMG_8067_1.jpg
道の両脇にそびえていた草木も無くなり、まわりは開けてきました。

そしてこの景色…。

IMG_8076_1.jpg

IMG_8070_1.jpg

IMG_8073_1.jpg
プチアドベンチャーの褒美には勝利の梅干。冷や汗とともに流れ出た塩分の補給です。身体に心地いい酸っぱさ。ついでにスポーツドリンクで乾杯も。

IMG_8078_1.jpg
ここは望羊の丘よりちょっと東寄りの高台なのですが、看板も無くまさに誰もいない感満載な場所。しばしこの景色を2人と3人匹で独占じゃ。

P1070920_1.jpg
そのまま少しクルマを走らせると看板のある望羊の丘に到着です。ここには、道の前方方向からやってきた先客の方がいらっしゃいました。みんカラで、この日のここでの出来事が記事になっていて、あん時勇気出して声かけすればよかったと軽く後悔。

で、この時思ったのですが。じつはオレたちが来た道って、反対側からアプローチしたんじゃね?あんな苦労する必要はなかったのではないかい?案の定、そのまま進むと道は程なく国道276号へ。オレたちはヘンテコな道からアプローチでしたが、普通はこっちからでしょうな。

うーん。
でもまあ、クルマも無事だったし達成感もハンパなかったからヨシとしよう。何事もポジティブ思考で。

IMG_8079_1.jpg
国道276号を経て喜茂別で230号を洞爺湖方面へ。途中右手にルスツリゾートを見て少し走ると、道の駅ルスツ230に到着。

IMG_8080_1.jpg
本日2つ目のソフト。只今嫁キンタは重要なミッションを遂行中。それは出来るだけソフトクリーム系のスイーツを食べること。

IMG_8081_1.jpg
味は、北海道チーズ。

IMG_8083_1.jpg
ちょっと時間が押しちゃいました。今夜の宿泊地の洞爺湖へ急ぎます。

IMG_8084_1.jpg
約30ほどで、洞爺湖に到着。洞爺湖は東西約11km、南北約9kmのほぼ円形の湖で、面積は日本で9番目、カルデラ湖としては屈斜路湖、支笏湖に次いで3番目の大きさです。

IMG_8087_1.jpg
今日の宿泊先は、洞爺湖の南岸にある温泉街にある大和旅館。ちょっと古めですがお風呂は源泉かけ流しだし、なにより宿泊費が安いのが魅力。

IMG_8088_1.jpg

IMG_8090_1.jpg
入口入ってすぐにあるちょっといい雰囲気の休憩スペース。北海道お約束の木彫りの熊や木の幹を利用した囲炉裏があります。

IMG_8089_1.jpg

IMG_8091_1.jpg
築40年以上の古い建物。はっきり言って古い部屋です。もちろん風呂トイレは部屋にはありません。だけど、その古さが子供ころ行ったおばあちゃんの家みたいな、どこか懐かしい感じ。キレイで立派なホテルもいいけど、これはこれで趣があっていいんじゃない?

IMG_8096_1.jpg
窓からは洞爺湖が見えます。空を見ると明日も天気は良さそうです。手前の黒いのは大浴場の屋根。

P1070923_1.jpg
夕食は北海道のジンギスカン。宿の予約の時に、夕食ジンギスカンプランがあったので迷わずに申し込んでおきました。

IMG_8098_1.jpg
これもオレにとっては懐かしい味です。思いのほか量も多くてオレ的には大満足でした。

P1070935_1.jpg
食事の後は温泉で1日の疲れを流します。お湯も最高でホントに気持いい。

洞爺湖ロングラン花火大会の花火を眺めながらマッタリ。10月末までの期間毎夜20分間程度洞爺湖の空に舞い上がるとのこと。北海道上陸初日の幕引きにはピッタリの演出でした。

つづく。

大きな地図で見る
A:神威岬
B:道の駅ニセコビュープラザ
C:道の駅名水の郷きょうごく
D:望洋の丘(大富牧場内 この地点より東側です)
E:大和旅館




関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

ε≡Ξ⊂ ´⌒つ´∀`)つ
∪´∀`)<良い天気で良かったね!
エリーゼの真骨頂?オープンに出来ないのは
ちょっと残念だけど、それ以上に自然の壮大さが
道中楽しくなるね♪
気持ちよさそうだなぁ~明日休みだから自然の中へ
ぶっ飛ばしてこようかなぁ~^ω^
 
ずっとオープンになさらなかったのでしょうか?

ナビさんはちょと窮屈になりますが助手席のフロアに置けますよ。
バランス的に考えてもリアに積むより良いので私はナビフロア派です。
 
オープンにできない・・ うぅ残念でしたね。。
いやぁ、でも素晴らしい景色ですね。
空気が澄んでいるのも写真みて伝わります。
ちょっと古めのお宿。
嫁との旅行だとワンコ付きだからそういう宿は無理。
でもツーリング仲間だとこういった宿にも泊まります。
こういう宿もいいですよね!
 
うおんちゃん へ
確かに天気がいいのにトップを外せないのは残念でした。
だけど、サイドは開けていたので、北海道の風やにおいは十分に感じ取りました。
良しとしますか(笑)
 
HAL さんへ
それも考えたのですが、すでに彼女は膝上にバッグを抱えていまして…。
さすがに無理でした。
だけど、独りで走るときはいいかも!いちいちトランクのハッチ開けなくていいですもんね。
 
ぷりパパ さんへ
確かに空気がきれいでした!
古い旅館、昔はイヤだったのですが、今はそれも味があっていいなあって思えるようになりましたね。
今回お世話になった旅館はそーゆー意味ではいいかもしれませんね。
 
( ´△`)アァ- オープンに出来ないなんてなんてドMなプレイなのっ!
それじゃ、せっかくのエリーゼがエクシージですよ!
いっそ、出発時点で潔く屋根を取っ払うって手がw


女性って荷物多いですよね・・・
基本、財布があればなんとかなるハズ・・・
な男とは違いますよねぇ・・・

ってかキャラをくろまめ君1人にすればイケたのではw
 
http://noopennolife.blog.fc2.com/
晴天なのにオープンできないなんて・・・
ボクなら自分のハレオトコを信じて
宅急便で屋根は自宅へ
雨が降ると大変だけど
それはオイシイブログネタってことで
 
naru さんへ
そーですよね。これなんのプレイ?って感じですよね?(笑)

2~3日着まわして着替えを減らそうと思いましたが、そーもいかず。
ぬいぐるみ達は3人匹でないと…絵的に必要だったとか。

うーん。
 
hiro さんへ
ほんともったいないですよね!
トップ送っちゃって、雨降ったらキャビンで傘差しながら走行ですね?
確かにブログネタ的には最高の素材かも。

hiroさんほどではない漢オレは、そこまでの勇気はなかったです。(笑)


 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login