オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2012北海道ドライブ その9 海へ延びる道とはよく言ったもんだ。やっぱり能取岬は超ステキな場所だった!


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道ドライブ  
IMG_0452_1.jpg
8月11日の後半のハナシ。
せっかくオープンにしたのに、美幌峠で絶景パノラマを見ることができないまま、網走方面へクルマを走らせています。天気は相変わらず雲の多い晴れみたいな。正直なところ、強い日差しでヒーヒー言うよりは、こっちの方が身体的には楽だったりするのです。

IMG_0456_1.jpg
畑の真ん中を白樺の木が植わってる真っ直ぐな道路がある景色…北海道らしいなあ。

IMG_0469_1.jpg
気分がいいので、前からくるライダーさんにことごとく手を振ります。嫁キンタは以前の北海道ドライブで手に入れたホクレンフラッグ(2009年物)をバタバタ振って猛烈にアピール。
最初は???って感じのライダーさんも仕方なく手を振り返してくれます。バイザー越しの皆さんの笑顔。楽しんでます感が出ていて、こっちまで楽しいぃ~!

IMG_8419_1.jpg
手を振ったり振られたりしながら国道39号を網走方面に北上していくと、道の駅メルヘンの丘めまんべつがありました。

IMG_8421_1.jpg
そろそろソフトクリーム補給の時間です。ここは種類が多いので迷う楽しさがあるぞ。

IMG_8422_1.jpg
生キャラメルとミックスぜんざい。2つとも外れのないチョイスです。すぐ溶けてきたので急いで口の中に。おお。冷たいクリームが喉を通過するたびに清涼感が広がります。

IMG_8420_1.jpg
空はちょっと晴れ間が広がってきました。さあ出発だ。

IMG_0474_1.jpg
道の駅から少し走ってメルヘンの丘で記念撮影。

IMG_8424_1.jpg
畑と空が織りなすのどかな風景が印象的なビューポイント。1990年公開の黒澤明監督の映画「夢」の撮影地となってからは、フォトポイントとして有名になったらしい。

IMG_8427_1.jpg
美瑛を思い出すような風景。今回の北海道ドライブは富良野・道北方面はオミットですが、機会あればもう一度行ってみたいですね。次回の宿題かな。

IMG_8429_1.jpg

IMG_0481_1.jpg
いよいよ網走まで来ました。

IMG_0482_1.jpg
オレの中では、網走って大学生のころ友人らと夜通しドライブで来た深夜の記憶しかありません。この柵のある景色かすかに残ってました。なつかしー!

IMG_8430_1.jpg
知床だとここで斜里方面なんで、右折なんですが…。

IMG_8431_1.jpg
どーしても寄りたいところがありました。

IMG_0483_1.jpg
木々に囲まれたちょっとさびしい道です。

IMG_8432_1.jpg

IMG_8437_1.jpg
そこを抜けると一気に視界が開けました。目の前の景色は…。

IMG_8435_1.jpg
海に伸びる道。

IMG_8436_1.jpg

IMG_8438_1.jpg
よく拝見させていただいてるthreetroy さんのブログ。ため息が出ちゃうくらい素敵写真満載のブログなんです。これ見たら、自分も何としてでもこの場所に行ってみたいと思っちゃいますよね?

■上手な人が撮るとこんな素晴らしい超絶な景色なんです。
http://www.threetroy.com/
michi/umihemukaumichi.html


P1080186_1.jpg
ベタですが、2人と3人匹で記念写真も忘れずに記念撮影。小型の三脚は役立つなぁ。

P1080187_1.jpg

P1080188_1.jpg

IMG_8439_1.jpg
達成感と名残惜しい気持ち。岬から去る前にもう一度クルマを停めてシャッターを押しました。ピーカンの時に、もう一度見たい景色です。

IMG_8443_1.jpg

IMG_8444_1.jpg
今度は斜里方面へ。

IMG_0489_1.jpg

IMG_0500_1.jpg
国道244号、オホーツクの海を左手に見ながら藻琴駅や北浜駅あたりを走っていると、だんだん周りの景色が変わってきます。電柱がない道。何にもない感がたっぷりとなってきました。

IMG_0507_1.jpg
右手には草原と湖が見えます。

IMG_8447_1.jpg

IMG_8449_1.jpg

IMG_8451_1.jpg
濤沸湖は北海道東部、網走市と小清水町にある汽水湖。
砂州上には小清水、北浜の原生花園が広がります。また、2005年には、ラムサール条約登録湿地となりました。多くの野鳥が生息し、初冬にオオハクチョウが飛来するなどバードウォッチングに最適の場所らしいです。
湖名はアイヌ語の「ト・プツ」(湖・口)に由来するとされています。

IMG_8452_1.jpg
草原の中で動物発見。放牧された馬がのんびりと草を食べているのどかな風景です。

IMG_8454_1.jpg

IMG_8456_1.jpg


IMG_8461_1.jpg
斜里町の市街地を抜けるといよいよ知床半島突入です。国道234号を半島の先端目指して走ります。

IMG_0532_1.jpg

IMG_0541_1.jpg
ガードロープなので車高の低いエリーゼでも海が見えます。オープンで晴れた日に海岸線を走る…。まさにオープンカーの正しい使い方をここで実践できました!

IMG_0543_1.jpg

IMG_8462_1.jpg
16:00過ぎに今夜の宿、酋長の家に到着です。ウトロ港すぐそばってか、真ん前。

IMG_8464_1.jpg
地元でとれた魚を中心にした手作り料理と掛け流し温泉宿です。

■酋長の家HP
http://www8.ocn.ne.jp/~siretoko/head.htm

IMG_8466_1.jpg
これまたトイレと風呂なしのシンプルなお部屋。

IMG_8469_1.jpg
アイヌの展示がありました。

IMG_8467_1.jpg
ウトロはウトロチクシが語源で、奇岩の多い所という意味。街の中にこんな感じで岩があります。この酋長の家も大きな岩に張り付いている格好で建っていたりします。

IMG_8472_1.jpg
夕食はこんな感じ。カニや刺身はもちろん、シカのたたきやアイヌの料理など。どれも美味しくいただきました。

食事の間に、女将さんがアイヌの文化や歴史などを話してくださり、アイヌの楽器も実演してくれます。せっかく他の土地にやってきたんだから、その土地の文化や歴史に触れるのは良いことですね。特にアイヌという少数民族の方々のお話は聞いてて面白かったな。

お風呂はかけ流しの温泉ですが、これが熱かった。湯上り後もポッカポッカで、二人ともしばらく汗が引かず。オレにいたっては、浴衣が汗でしっとりしちゃったのでTシャツとパンツに着替えちゃいました。

さて。
明日は2012北海道ドライブ最大のイベントの日。なのでサッサと寝ちゃいます!

つづく。


大きな地図で見る
A:美幌峠
B:道の駅メルヘンの丘めまんべつ
C:能取岬
D:濤沸湖
E:ウトロ温泉 酋長の家








関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

http://noopennolife.blog.fc2.com/
海へ向かう道 いいですねぇ
これはMGで行きたい

旅の写真は一期一会
思ったように撮れないのが味なのかもしれません
何度も訪れるために微妙な天候なんですよ、きっと
 
hiro さんへ
ここはいいですよ!
確かに、旅の写真は一期一会かもしれませんね。
また行きたくなりました。

 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login