オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

志賀草津高原ルートを行く。 その3 渋峠。日本国道最高地点と白根山の湯釜


Category: ドライブ・旅行   Tags:  湯釜  ドライブ  草津  
IMG_2649_640.jpg
草津を通り抜け、いよいよ志賀草津高原ルートの入り口へ。おお。電光の掲示板には何も表示されていないぞ。3度目にしてついに走ることが出来そう。嬉しさにちょいと興奮気味なオレ。

IMG_4382_640.jpg
天候は曇りなんですが、今日のこの地域の予報は晴れ。今はそれを信じて走るしかないです。

IMG_4384_640.jpg
だけど、そんな気持ちも簡単に崩れされるようなこの景色。上に行くに連れなんじゃこれ。真っ白ではありませんか!

IMG_4386_640.jpg
たぶん殺生河原。硫黄の臭いがプンプンします。このあたりには駐停車禁止の看板が立っています。オープンでの走行は少し危険かもしれません。

IMG_4391_640.jpg
もうね、視界が段々悪くなっていく一方なんですよ…。くじけそうです。

IMG_4393_640.jpg

IMG_2650_640.jpg
しまいには、雨まで降りだす始末。運良く道の脇にある駐車スペース…たぶん眺望スポットなんでしょうが…真っ白で見えません…に、クルマを停めて急いでトップを取り付けます。

IMG_4395_640.jpg
真っ白で周りの様子もよくわかりません。雨は止んだり降ったり…。嘆いていても仕方がないので、クルマを走らせます。あーあ。夏以降はお天気に恵まれないドライブが多いなあ。

IMG_2653_640.jpg
今回の目的地でもある湯釜はこの状態では見られたもんじゃないだろうと、そのまま素通り。とりあえず、渋峠の日本国道最高地点に到着しました。

IMG_2655_640_20131015201007106.jpg
記念碑の前で撮影。標高は2,172mで、日本全国の国道で最も標高が高い地点です。これで、道路と鉄道の両方の日本一高い地点を制したことになります。だけど、お天気のせいかあまり感動も嬉しさもありません。

IMG_2658_640.jpg
早々に日本一の地点を後に、しばらく走ったところにある横手山のドライブインで休憩します。写真じゃわからないかもしれませんが、風がすごくてクルマから降りたくありません。あの積丹の神威岬に勝るとも劣らずです。
そのまま少しだけ仮眠タイム。ウツラウツラしながらも、時折周りにいるクルマから降りている他の人たちの会話が耳に入ってきていました。外人女性さんの「ァオー!ラタスッ!(ろーたす)」が耳に残って離れませんでした。(笑)

IMG_2668_640.jpg
30分くらい経ったでしょうか。あまり気が進みませんが外に出てみます。信州のサンセットポイント100選と書かれています。きっとここもビューポイントなのでしょう。

IMG_2663_640_20131015201010bae.jpg
下の方は晴れているようです。画面上半分はグレーの絵の具で塗ったみたいな雲。チクショー。

IMG_2669_640.jpg
少し時間が経てば状況も改善されるかも…。淡い期待を抱きつつお腹を満たすことにします。お昼には時間も少し早くて天気もこんな感じなので、お店もまだガラガラです。

IMG_2670_640.jpg
すっかり冷え切った心と身体を温めようと頼んだのはカレー。というのも、この前の美ヶ原で食べたご飯がオレにはちょっと多すぎて苦しかったという反省もあり、今回は少し抑えたのもあります。

IMG_2671_640_20131015203525e14.jpg
牛バラカレー。予想通りの美味しさでした。まあ、カレーでハズレって今のところ自分は当たったことがないです。

IMG_2676_640.jpg
カレーを食べながらも、窓の外は常にチェック。空は時折明るくなるんですけど、なかなか雲は晴れません。

IMG_4401_640.jpg
そろそろ引き返します。とりあえず天候が回復することにかけつつ湯釜へ戻ることにします。

IMG_2688_640_20131015205042c01.jpg
草津白根レストハウスの有料駐車場に到着。ここから湯釜までは歩いて数分ですが相変わらず真っ白です。しかも風も強いし、時々雨もパラついています。こりゃアカンかも。

IMG_2686_640.jpg
このまま帰るのもなんだかなあ…ってことで、またもやクルマの中で待機です。

IMG_2689_640.jpg
もう時間いっぱいということで、展望台まで行ってみることにします。途中で雨に当たらねければいいけど…。これはちょっとした賭けだな。

写真的にはアレですけど、万一のことを考えてみつ丸はクルマでお留守番です。

IMG_2744_640.jpg
カラフルなスキーのストックがたくさん。杖代わりに使えと。たぶんレンタルスキー用で使われて古くなったものの再利用ですね。これは、なかなか良いアイデア。

だけど、オレはまだまだ若いので、手は借りんぞ。(笑)

IMG_2690_640_20131015205045904.jpg
思ったより高いところまで行きそうです。山腹の途中に見える人が豆粒のようです。

IMG_2699_640.jpg
途中で振り返って駐車場を見下ろしたところ。結構歩くよ。しかも坂道なので身体に堪えるわ。

IMG_2702_640.jpg
道はずっとこんな感じで石とコンクリートで覆われています。滑らない分歩き易いはずなんですけどね。普段運動不足の屋内勤務のサラリーマンのはキツ過ぎます。

IMG_2704_640.jpg
強い風と戦いながらも皆坂道を登って行きます。辛いのはオレだけじゃないんだ。だけど自分は独りボッチっというのがちょっと寂しいかも。(笑)

IMG_2705_640_20131015210431d1d.jpg

IMG_2707_640.jpg

IMG_2708_640.jpg
油断していると飛ばされそうなくらいの強風です。湯釜が拝める展望台まではもう少しのハズ。

IMG_2710_640.jpg
時々下を見てみると、素晴らしい景色が。ああー晴れていれば最高の気分なのに。今は風に飛ばされて崖から墜ちないように懸命に踏ん張っているだけです。

IMG_2713_640.jpg
ゴールが見えてきた!

IMG_2715_640_20131015211006467.jpg
おお。

IMG_2717_640.jpg
ついに湯釜を見ることができました。

IMG_2729_640.jpg
湯釜は白根山頂にある火口湖で、直径300m、水深30m。月面のような白い岩肌の火口壁にエメラルドグリーンの湖水をたたえた神秘的な姿です。まるで異世界に迷い込んだかのような雰囲気…これはキレイだ。ただ、phは1前後と世界で最も酸性度の高い湖で、もちろん入ることはできません。

IMG_2738_640.jpg
幻想的な湯釜で心が癒されたところで、山道を下ります。先ほどまでの雲が切れてきています。下の方もよく見えるようになってきました。これは…。

IMG_2746_640.jpg
下まで戻ってきたら晴れてきました。あと10分早ければ湯釜のところでも晴れた状態だったかもしれません。さすがにもう一度登る元気もないで、悔しさをぐっと噛みしめます。

IMG_2747_640.jpg
雲はまだありますが、青空が戻ってきた!

IMG_2751_640.jpg
んなもん。決まったんだろ。もう一度あの道を走るしかないでしょ?エリーゼがそー言っているようでした。せっかく遠方より来たんだ。ここで走らなきゃいつ走る?

IMG_2750_640.jpg
お天気も回復したのです。もう一回渋峠の方まで行くことにします!


つづく。



大きな地図で見る
A:吾妻線羽根尾駅そばの交差点
B:草津白根レストハウス 湯釜
C:日本国道最高地点
D:横手山ドライブイン



関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login