オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

奥多摩越えて、大菩薩の湯。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  奥多摩  大菩薩  温泉  
2015_04_30_002.jpg
大型連休、始まりましたね!
まあ、自分にはあまり関係ありませんが。(笑)

2015_04_30_008.jpg
それでも、こんなお天気なら出かけないとね…いうことで、今回は奥多摩方面へ。秩父方面のわらじカツも考えたのですが、あっちは芝さくらでちょっと混んでそうだし、先週豚みそ丼で行ったばかりなので。
いやあ、それにしても暑くもなく寒くもなく、ちょうどよい感じ。屋根はずっと開けっ放しですが、風は気持ちいですね。今の時期は虫も少ないし、オープンとしては秋と並んでベストシーズンだったりします。

2015_04_30_010.jpg
青梅市からは、いつもの川沿いをひたすら奥多摩湖方面へ。なんか秩父の山奥と比べると路面がすこぶるイイ。ガタガタしなくていいですね。
それにしても奥多摩方面は、ちょっと来ただけでこんな景色に出会えます。ホンとラッキーです。

2015_04_30_013.jpg
奥多摩湖のあたりはそのままスルー。久しぶりに周遊道路を走ってみます。ここは以前ネズミ取りにかかった苦い経験のあるところ。せっかくのドライブにケチは付けたくないので、のんびり景色を愉しみながら走りましょう。

2015_04_30_014.jpg

2015_04_30_015.jpg
集団で来ているツーリングのライダーの後に引っ付いて走ることに。風を受けながら走っている彼らの後姿がちょっと羨ましいです。毎回思っているオレなのですが、こんなことならバイク手放さなければよかったかなと少し後悔したり。まあ、その時はまたいつでも乗れるさ…。なんて考えていたんですけどね。一度離れるとなかなか復活は難しいです。

2015_04_30_019.jpg
グイグイ登ってきて、月夜見第1駐車場へ。今日は天気がいいので遠くまで見渡せます。まさに大パノラマ~。
自分の中では奥多摩というと、周遊道路。そしてここからの眺めが大好きなのです。ほら、○○は高いところが好きって言うでしょ?

2015_04_30_021.jpg

2015_04_30_024.jpg
やっぱりカロリーメイト。(笑) ずっとチョコレート派だったのですが、この頃はプレーンに浮気中。癖もなくて食べやすいです。てか、美味いです。
グリーンダカラもオープンドライブでの水分補給には欠かせません。(笑)

2015_04_30_022.jpg

2015_04_30_017.jpg
隣のクルマのおばちゃんの視線が恥ずかしいナリ…。身動きできないナリよぉ~。

2015_04_30_027.jpg

2015_04_30_032.jpg

2015_04_30_037.jpg
駐車場が空いてきたタイミングで、クルマを動かしてのパノラマバックで記念撮影。

2015_04_30_039.jpg
駐車場からは折り返して、来た道戻って丹波山方面へ。周遊道路の下りでは、速いビッツに付いていこうとするも、見事に置いてかれ、己の腕の無さを痛感することに。まあ、いいんですけどね。(笑)
歳のせいか、速く走ることに少しビビりが感じてくるようになってきました。公道なのでリスクは少なくしているのもあるかもしれませんが、自分が安全だと思えるスピードが明らかに低くなっているような気がします。
なんか悲しい~。

2015_04_30_041.jpg
確かにエリーゼはバリバリのスポーツカーで、走りのポテンシャルはきっと高いはずなのですが、今の自分にとっては肩の荷が重いような気もします。もう少しのんびり走るキャラクターのクルマの方がいいのかもしれません。(←ちょっと弱気)
でもそれだと刺激が足りないとか思っちゃうかな?

そのことについては、次の車検の時までゆっくり考えよう…。

2015_04_30_043.jpg
柳沢峠もスルーします。(笑)
バイクツーの人たちが多くなりましたね。

2015_04_30_048.jpg
丹波山から柳沢峠を越えるルートはこのまま甲府方面への道なのですが、ここはずっと工事をしていて、来るたびに道が良くなっています。急カーブが緩くなり、安全に走れるようにチェンジしています。

2015_04_30_052.jpg
大きな水の音がすると思って覗いてみると、滝になっているんですね。

2015_04_30_047.jpg

2015_04_30_055.jpg
入口見逃してUターンしたものの、目的地の大菩薩の湯に到着しました。

2015_04_30_062.jpg
駐車場からは階段を上っていくのです。


2015_04_30_063.jpg
大菩薩の湯は、甲州市のこれからの農業の振興と農村の活性化を推進するため、地元の農産物や加工品の直売コーナーを設け、また農村と都市住民との交流を深めるための広場を設けるとともに温泉施設を併設されたとのこと。
温泉は、大菩薩嶺の裾野に湧出した高アルカリ性泉で水素イオン濃度10.05が測定される極めてマイルドで貴重な名湯であることから『大菩薩の湯』と命名したらしい。

したがって、市民以外の方はちょっと割高なのです。

2015_04_30_065.jpg
確かにお湯に浸かると、お肌すべすべ…というか、ヌルヌルって感じかな。ゆるめですが、この時期なら湯上りに、汗ばーっとならず、さっぱりして気持ちいいです。でも冬はどうかな。

2015_04_30_057.jpg

2015_04_30_056.jpg
さて。帰るとしますか。
こんな感じの道をまた戻るのです。見ているとワクワクしちゃう。

2015_04_30_067.jpg

2015_04_30_069.jpg

2015_04_30_070.jpg
道の駅たばやまで休憩。お昼でも食べようかと思ったのですが、なんと定休日。

2015_04_30_071.jpg

2015_04_30_073.jpg
後のロードスターが速くて、ビビりながらのランデブー走行。またもや自分の腕の無さを思い知らされます。(笑)

2015_04_30_075.jpg
ロードスターの方は、周遊道路へ右折。自分はそのまま青梅方面へ。クネクネで道はまだまだ続きます。路面状態もいいし、幅員もあるし、気持ちも余裕で走る事ができます。

2015_04_30_076.jpg

2015_04_30_077.jpg

2015_04_30_079.jpg
帰りは大麦代駐車場で一休み。
この時期は売店も営業していてなかなかの賑わいです。息吹いた新緑を背景にエリーゼの赤いボディが見事に映えています。やっぱり自分は赤いクルマが好きなのです。

2015_04_30_083.jpg

2015_04_30_086.jpg

2015_04_30_088.jpg
帰りの道もしっかり楽しみます。それにしてもライダーさんが多かったなあ…。

2015_04_30_089.jpg

2015_04_30_090.jpg
なんだかんだで、結構走ったかも。お天気がいい時のオープンドライブは楽しいですね。
そんなこんなで今回はここまで。



【今回のルート】
google mapの仕様が変わってしまい使いにくくなってしまいました。
なので、yahoo!のを貼りつけてみる。

S:青梅市あたり
G:大菩薩の湯


関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

赤いエリーゼはカッコイイですよ~
ゆっくり走っていてもカッコイイです。
ぃぁ、むしろ止まっていてもカッコイイです。

最近、コチラ大阪(奈良)では日に日に皆さん速くなっておりまして・・・
中の人は日に日に遅くなっております。(滝汗

いつもおいてけぼりですが、気にせず楽しんでます。
無理せず、車にも自分にも負荷をかけずあと40年は乗りたいんで・・・w
 
naruさんへ
どーもデス。

なんとなく速くカッコよく走らないといけない…みたいな強迫観念にですね。(笑)
そんなこと誰も気にしていないのでしょうが…。自意識過剰だとはわかっていますが、やっぱりスマートにエリーゼを転がしたいです。見栄っ張りなんですよね。

確かにクルマにも自分にも負荷をかけない…オレも心がけようと思います!

 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login