オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

江戸東京たてもの園に再び訪問してきました。


Category: 日記など   Tags: エリーゼ  ぬいぐるみ  ミュージアム  公園    花見  
前回はとても悔しい思いをしたので、一週間に再び小金井公園にある江戸東京たてもの園に行ってきました。またかよ…とも思われるかもしれませんが、今年最後(…なるであろう)お花見を兼ねているんです(笑)

2016_0406_012.jpg
この日は4月6日。
平日でしたが天気も良く桜の見頃の最後の時期にもなっていたので、かなりの混雑。クルマも臨時駐車場に誘導されました。

2016_0406_046.jpg
桜はずいぶん葉が出ていますね。それでもまだまだこんもり花を咲かせています。

2016_0406_019.jpg
小金井公園には桜だけではなく、他の花も咲いていました。これはボケの花。名前のわりにはちょっと素敵なかわいい花ですね。

2016_0406_053.jpg
前回紹介した西洋式住宅のデ・ラランデ邸。1910年ごろ、明治時代の建物です。(復元は2013年)。ここはカフェとして営業しています。
嫁キンタがぜひのこカフェで食べたいということで、ランチにしようかなと。

2016_0406_056.jpg
しかしランチは終了しており、注文できるのはドリンクやケーキ類。

2016_0406_059.jpg
しかもこの日はかなりの賑わい。当然待つことになります。

2016_0406_082.jpg
30分以上待った末ようやく席に案内されました。うーん見ているとちょっと手際が悪い気もしますが…。まあ仕方がないですね。
オレが頼んだのはパンケーキと紅茶。嫁キンタは特製おいものパフェとホットカルピス。

そうそう、この建物の居住者は何度か変わっているのですが、1956年から1999年まではあのカルピスの創業が住んでいたとのこと。(※創業者の死後は会社の事務所として使われていた)

2016_0406_093_1.jpg
軽く食事も済んだということで、いよいよ園内を見学することに。お花のシーズンなので、紫色の綺麗なのをバックに記念撮影。

2016_0406_098_1.jpg
さっきのカフェに付いていたお花の飾りを持ってポーズを決めるくろまめとみつ丸です。

2016_0406_101.jpg
前回は西側のエリアしか見学できなかったので、今回は東エリアを制覇しようというわけです。

2016_0406_114.jpg
まずは都電がお出迎え。

2016_0406_108.jpg
床が板です。これは1962年のもの。自分が住んでいる街には路面電車はないので、ちょっと憧れますね。

2016_0406_116.jpg
電車を降りると、下町通り。このアングルがイチバンらしい感じがします。タイムスリップしたような気になりませんか?(笑)

2016_0406_122.jpg
看板建築と呼ばれる形式の建物。看板建築とは正面にタイルや銅板をはったり、モルタルで塗り固めて燃えにくい工夫をした建物です。正面からみると一枚の看板のように見えるので、そう呼ばれているそうです。

2016_0406_125.jpg
こっちもそうですね。

2016_0406_131.jpg
レトロな雰囲気がたまりません。

2016_0406_132.jpg
建物の中も当時の様子を再現しています。

2016_0406_145.jpg
何か見えますか~?

2016_0406_153.jpg

2016_0406_166.jpg
醤油屋さんですね。

2016_0406_169.jpg
醤油以外にも味噌や清涼飲料水、調味料も売られていたようです。缶詰も当時の雰囲気が。

2016_0406_171.jpg
下目地通りを反対から見たところ。

2016_0406_176.jpg
江戸時代末期から明治初期に建てられた旅館です。

2016_0406_179.jpg

2016_0406_182.jpg
ああ、いいなあ。この感じ。好きだなあ…。(笑)

2016_0406_188.jpg
こちらは銭湯です。入母屋造りの大屋根とその下に張り出した玄関の唐破風が特徴的な建物です。とにかく存在感はすごいですね。

2016_0406_185.jpg
凝ったつくりで思わず見てしまします。現代ではこのくらいの木造建築、なかなか造ることがないよね。

2016_0406_190.jpg
中は昔ながらの銭湯。
とはいっても、自分も銭湯に行ったという記憶は曖昧だし、嫁キンタに至っては、生まれたときから自宅にお風呂があったようなので、完全に別世界の話なんだとか。

2016_0406_197.jpg
やっぱり富士山ですよね。現在営業している銭湯でペンキ画が残っている所で約9割が富士山だとか。なので銭湯=富士山の絵というのは正しいんです。

2016_0406_208.jpg
こちらは居酒屋ですね。

2016_0406_212.jpg

2016_0406_214.jpg
ちょっと裏の道にも風情があります。のんびりした気持ちでお散歩も楽しめます。

2016_0406_224.jpg

2016_0406_232.jpg
「おーい。こっちだよぉ」
きっとこんな感じで遊んでたんでしょうな。

2016_0406_237.jpg

2016_0406_244.jpg
万世橋にあったレンガ造りの交番。明治後期に建てられたとされています。ガイドブックによると、こちらは曳家という方法(建物を分解せずに持ち上げてトレーラーで運搬)で移設したとのこと。いやはやいろんな苦労があるんですね。

2016_0406_248.jpg
園内にも所々に桜があります。

2016_0406_254.jpg
チビッコを一緒に、お魚さんいるかな…なんてね。(笑)

2016_0406_269.jpg
大正時代に建てられたいわゆる別荘的建物。こういう建物は田舎の方に行けばまだ残っていそうな感じです。

以上、さささーっと紹介してきましたが、この江戸東京たてもの園には226事件で暗殺された高橋是清邸の主屋も展示されています。歴史に浸ってみるのも悪くないかもしれません。

2016_0406_308.jpg
外に出てみると、ずいぶん日も落ちてきました。それでも公園内にはたくさんの人でにぎわっています。桜も先週よりもぱっかり咲いていてまさに最後の見ごろって感じでした。

2016_0406_316_1.jpg
パノラマでも撮ってみた。

2016_0406_355.jpg
駐車場に戻ってみると、臨時駐車場に残っているのは秀麿号だけ。ポツンと一人ぼっち。

2016_0406_358.jpg
帰りはピザ屋のレストランで夕食にしました。

2016_0406_360.jpg
和伊’S in かまどでは、ピザの食べ放題のコースがありました。おかげでお腹いっぱいになっちゃった。(汗)
関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: タイトルなし
> すみませんが、そのスクラッチに被せてるウサギの被り物はどこかで売られてましゅかne?

どーもデス。
自分よくわからないですが、ペット用のものを利用していると聞いていますよ~。
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: ありがとうございました
どーもデス。

>Twitterやblogでスクラッチの写真可愛いので紹介しても宜しいでしゅかne?


紹介等は特に平気ですよ~。
今後ともよろしくお願いいたします~。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login