オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

地獄谷野猿公苑


Category: ドライブ・旅行   Tags: 地獄谷  野猿公苑  ニホンザル  温泉  
2016_0510_217.jpg
素晴らしい温泉宿だった金具屋をあとに、本日はちょっと寄り道をして自宅に帰ろうかと思っています。

2016_0510_219.jpg
ここ渋温泉はよかったな。機会があればまたお世話になりたいもんです。

2016_0510_sp_076.jpg
名残惜しさもありますが、写真でも撮って記憶に留めておこう。(←ちょっとおおげさ)

2016_0510_218.jpg

2016_0510_220.jpg
寄り道というのはここ。
渋温泉からすぐにある地獄谷野猿公苑です。駐車場から1.5キロメートルの距離。歩いて25分ほどらしい…。あれ?こんなに歩くんだっけ?事前に調べてたのとちょっと違うような…。

2016_0510_223.jpg

2016_0510_222.jpg
少し気になりましたが、せっかくなので森の中をテクテクあることにします。雨上がりなもんで、地面は濡れています。

2016_0510_224.jpg
森の中のウォーキングだと思えば、マイナスイオンを大量摂取でいい感じかも。

2016_0510_227.jpg

2016_0510_230.jpg
道はそれなりに整備されているので、スニーカーであれば全然OKです。

2016_0510_236.jpg

2016_0510_239.jpg
サワガニ発見。
このあたりは綺麗な水なんですね。

2016_0510_240.jpg
そろそろゴールも近い?
チケット売り場に入る前からお猿のお出迎えです。

2016_0510_248.jpg
人間をまったく怖がらないです。カメラを構えても全然逃げません。

2016_0510_250.jpg
木の上にも!

2016_0510_252.jpg
橋にも!
野良猫のように普通にいるお猿。なんかすごいです。

2016_0510_sp_098.jpg

2016_0510_255.jpg
しかし、よく見ると建物のアチコチにお猿の姿が。ここは地獄谷の後楽館という宿。露店風呂ではお猿と混浴もできるというその筋では有名な宿なのです。

2016_0510_256.jpg
後楽館の横には、噴泉が見えますね。目的地の野猿公苑まではあと少しです。

2016_0510_258.jpg
今度は階段を上って行きます。すでに歩いてきた足にはちょっと堪えますね~。

2016_0510_262.jpg

2016_0510_263.jpg
けっこう高いところまで登って行きます。

2016_0510_265.jpg
そんなこんなでチケット売り場に到着です。
実は後楽館の手前で、駐車場がありました。自分たちとは別のルート、川の対岸側です。そちらを利用すればこんなに歩かずに済んだようです。とほほ。

2016_0510_269.jpg

2016_0510_271.jpg
川を見下ろす感じでズイズイ歩いていくと、居るわ居るわお猿さんの群れ。

地獄谷野猿公苑は、渋温泉からほど近い、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置しています。
標高850メートルで1年のうて1/3が雪に覆われる厳しい環境で、急峻な崖といたるところから立ち上る温泉の湯気、そのような光景を見た太古の人々はこの地を地獄谷と呼んだそうです。

2016_0510_sp_120.jpg
しかし、ここはお猿たちにとっては楽園。古くからこの地にはニホンザルの群れが自然のままに暮らしています。
まあ、動物園の猿山の人間が入った感じですかね。(笑)

2016_0510_276.jpg
お猿の横を歩いても全然普通。大人しくて人間に襲い掛かってきたりしません。

2016_0510_280.jpg

2016_0510_sp_108.jpg


2016_0510_283.jpg
地獄谷野猿公苑は、1964年開苑以来ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、また温泉に入るサルとして世界中から注目されているそうです。

2016_0510_285.jpg
子猿がぶら下がってかわいいですね。

2016_0510_sp_125.jpg
ここがお猿専用の露天風呂。気温が下がるとたくさんのお猿が温泉を楽しむそうです。

2016_0510_sp_123.jpg
皆さん期待をしながらお猿の行動を見守っています。しかしこの日は暖かったので入浴しているお猿はいませんでした。残念!

2016_0510_317.jpg

2016_0510_293.jpg

2016_0510_313.jpg

2016_0510_323.jpg

2016_0510_327.jpg
お土産を売っている所の壁に貼られていたものです。嫌がるお猿にスマホを向け続けたために切れたお猿にスマホを奪われたとか。ここでは自然に逆らっちゃいけません。人間はお客さんなので無茶しちゃいけませんね。


今回はスマホで動画も撮ってみました。適当ですが雰囲気は伝わるかしら。

2016_0510_333.jpg

2016_0510_sp_129.jpg

2016_0510_332.jpg

2016_0510_338.jpg

2016_0510_sp_131.jpg

2016_0510_344.jpg
駐車場のところまで戻ってきました。軽いウォーキングの後です。ちょっと喉が渇いたので、冷たい飲み物が欲しくなりました。

2016_0510_342.jpg
生クリームの載ったコーヒーは火照った体に染みましたね。

それにしても、こんなに近くでお猿が見られるとは思っていなかったのでホントに感動しました。できればもう少し寒い時期にもう一度来てみたデス。やっぱりお猿の入浴は見てみたいですもん。(笑)
関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login