オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2016北海道に行ってきました。 その3 えこりん村 みどりの牧場と世界一「とまとの森」。


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北海道  恵庭  えこりん村  とまとの森  みどりの牧場  
2016_0802_112.jpg
えこりん村の続きです。
銀河庭園の隣には動物と触れ合えるみどりの牧場があります。有料なのですが銀河庭園と同チケットでOKということなので、見学してみます。

2016_0802_117.jpg
みどりの牧場はどうぶつ達との出会いをコンセプトししたふれあいの牧場。
アルパカを始め、ヒツジ、リャマ、ミニチュアホースやヤギが放牧展示されています。

2016_0802_118.jpg
「こんにちわナリ」

2016_0802_121.jpg
この日は暑くて、動物たちもダラケ気味。

2016_0802_124.jpg

2016_0802_129.jpg
カメラ向けてもなかなかこちらを向いてくれません。

2016_0802_137.jpg

2016_0802_139.jpg

2016_0802_145.jpg

2016_0802_153.jpg
動物を眺めながら木陰でしばらく休憩。少し元気が出たところで今度は無料エリアにある「とまとの森」に行ってみました。

2016_0802_152.jpg
ここには世界一のトマトがあるのです。

2016_0802_150.jpg
ビニルハウスの中にはこんな景色。これはトマトの木です。通常20~30個ほどしか収穫できないトマトも、ここ「とまとの森」では1株から13,000個以上を実らせます。
ここでは一粒の種から水耕栽培で育てています。特別な品種ではなく、ごく普通にスーパーなどで売られているトマトです。

2016_0802_148.jpg
見上げると一面に広がるトマトの天井です。

2016_0802_149.jpg
脇には階段があるので、上からもトマトの様子を見ることができます。まあ、ただの葉っぱです。この下にはおびただしい数のトマトがぶら下がっているのです。(笑)

2016_0802_147.jpg
音楽を聞かせたり、ストレスをできるだけ排除し、トマト本来の能力を最大限引き出させ、苗は水槽の中に根を伸ばし養分・水分・空気を吸収して大きく早く成育させたトマト。自分的にはちょっとヒットでしたね。


動画にもしてみました。

2016_0802_154.jpg
やっぱり買っちゃうのねぇ~。(笑)


■今回のスポット
えこりん村 みどりの牧場/とまとの森








関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

トマトは間引いてストレスを与えると美味しくなるという通常の栽培法とは真逆ですね。

ストレスフリーで大きく育ったとしてお味の方は如何なものなんでしょ?
 
HALさんへ
どーもデス。

かなり厳重に管理していましたよ。(笑)
とにかく一本からいくつ作れるか…ギネス絡みで考えられることはすべてやっているようでした。

現地では採ったり出来ないのでそのままガブリはできませんでした。(汗)
ゼリーとかになって出荷されるそうですよ。
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login