オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

東京湾フェリー、久里浜から金谷まで約40分の船旅で南房総へ。


Category: ドライブ・旅行   Tags: エリーゼ  ドライブ  ぬいぐるみ  フェリー    
2017_0215_154_1.jpg
春の訪れを感じられるようなお天気に恵まれた15日。ちょっとくら千葉方面までドライブしてきましたよ。
久しぶりに早起きして自宅を出発…といっても6:30くらいなのでそんなに早くはないですケド。それでも今回は前日からある程度計画を立てて実行したのでとても有意義なものでした。

2017_0215_018.jpg
ナビにルートを設定していざ出発。今回は南房総方面。しかも前から乗りたかった東京湾フェリーでのアプローチを試みます。東京湾フェリーは、神奈川県三浦半島の久里浜から千葉県の房総半島にある金谷まで、約40分の東京湾横断快適クルージングができるのです。もちろんクルマと一緒です。

自宅からは関越上って、練馬から環八反時計回りで第三京浜通って、東京湾フェリーターミナルのある三浦半島突端へ。

2017_0215_021.jpg
このルートはイマイチ気乗りしない。自分の中で環八で練馬~世田谷方面って渋滞のイメージしかありません。
いっそ入間から圏央道で南下して江の島や鎌倉経由で三浦半島というのも考えたのですが、どーせの独り旅。プランはその時その時で考えればいいやと環八反時計回りルートを選択したのでした。

2017_0215_030.jpg
この選択がやはりというか時間的にかなりのロスをくらい、東京湾フェリーターミナルのある久里浜港へに着いたのは10:00ごろ。ここまで来るのに3時間半もかかったよ~。

2017_0215_027.jpg
乗り方は北海道行きのフェリーと同じで、ラインのところに並んでクルマを停めます。

2017_0215_051.jpg
10:20出航の船に乗れそうです。エリーゼは4.0m未満なので片道3120円。往復だと割引で5,580円 (片道 2,460円 )になります。自分は帰りはこの時点で決めていなかったので、片道のみを購入しました。
ちなみに東京湾フェリーのウェブサイトには割引クーポンが表示されるのでスマホ等の画面で提示すれば少し安くなります。要確認!

2017_0215_041.jpg
建物の中はこんな感じ。北海道へのフェリーもそうですが、やっぱりワクワクします。

2017_0215_044.jpg

2017_0215_049.jpg
乗船まで少し時間があったので中をぐるぐると。売店では横須賀海軍カレーが気になったのですが、帰りにでも買えばいいやとこの時はスルー。結果買えず。この次の宿題になりました。

2017_0215_035.jpg
今回お世話になる船かなや丸。総トン数 3,580t、全長79.0m。航海速力は時速約24km(13ノット)、旅客定員は580名。乗用車のみ最大で105台。

2017_0215_045.jpg
さあ、いよいよ乗船です。

2017_0215_047.jpg

2017_0215_056.jpg
順番に整列して駐車。バランスを取るためでしょうか。自分のクルマは船体の端っこの一列。この後対面側に一列でクルマが停められていました。

2017_0215_063.jpg
船内はこんな感じ。

2017_0215_074.jpg
長距離フェリーと違って約40分くらいの乗船時間なので列車?飛行機?みたいなシートが並んでいます。だけど横方向にたくさん過ぎます。映画館みたいですね。

2017_0215_066.jpg
船首方向を見るとまだクルマが入ってました。まだ出航まで時間があるので、せっかくなので船内を探索しましょう。

2017_0215_085.jpg
デッキ真ん中。赤いのは煙突です。

2017_0215_078.jpg
船尾のベンチ。この日はちょっと風が冷たかったので早々に船室に戻りたくなります。

2017_0215_092.jpg
軽い振動とともに船が動き出しました。ぐるーっと旋回して出発です。

2017_0215_091.jpg
それにしても本当にいい天気だ。

2017_0215_099.jpg
鳥もビュンビュン飛んでいました。海のそばはカモメ系が多いのですが、トンビぽいのが結構いましたよ。

2017_0215_105.jpg
所要時間は約40分の船旅。こんな近くでフェリーを愉しめるなんてなかなか。スピードはゆっくりと海の上を進むのんびりクルーズ。最高です。

2017_0215_118.jpg
東京湾(厳密にいうとフェリーの航路は東京湾の外洋寄りになるので浦賀水道になる)を横断するフェリーですが、ここは首都圏への海の玄関口ともなる海上交通の要所。往来する船も多いです。ヨットや小型漁船から大型貨物船まで、1日あたり約400から700隻の船が行き来する世界有数の海上交通路なのです。北海道へのフェリーとは違い、周りを見渡すと船だらけです。

2017_0215_123.jpg
結構近いんだコレが。船上で釣りをしている人のデティールまで確認できます。

2017_0215_132.jpg
見ていて飽きませんね。

2017_0215_141.jpg

2017_0215_143.jpg
そんなあっという間の40分。船はほぼ定刻通り金谷に到着しました。

2017_0215_147.jpg
港に接岸するときに、富士山が見えました。
いよいよ上陸です。お天気もいいしドライブには最高のコンディション。これからが楽しみです。
つづく。


にっぽん全国たのしい船旅2016-2017 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,944から
(2017/2/17 21:34時点)




関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
GoogleAdSense
 
プロフィール

竹ノ本秀麿

Author:竹ノ本秀麿

 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login