オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2018北海道 その2 北菓楼札幌本館


Category: ドライブ・旅行   Tags: 北菓楼本館  オムライス  夢句路輪賛  北海道  ぬいぐるみ  ホテルミリオーネ  定山渓温泉  ビュッフェ  2018夏  温泉  

北海道2日目

朝はやっぱりいつもと同じくらいに目が覚めました。前日の夜は早々に寝てしまったのもあるし、旅館の朝は朝風呂からと自分の中では決めたルールがあるもんで…。(笑)

img_guide_visual09_1.jpg

img_spa_s02_05.jpg
画像は公式HPより拝借。※多分女湯の画像だと思われます。
ホテルミリオーネはお風呂の入れ替えがなかったので夜と同じところでした。のんびり足を伸ばしながらお湯につかっていると日常を忘れるくらいの贅沢さ。なんか幸せ。
部屋に戻ってみると二人とも朝食へ行く準備が整っていました。今回は2泊3日と短い期間ですが、スケジュールは詰まっているのでジャンジャカ行っちゃいます。

ビュッフェで知った女心

朝食も夕食と同じ場所で同じくビュッフェ。自分的には夜の評価が結構高かったので期待は大だったのですが、肝心の本人が夜のビュッフェでピザをたくさん食べすぎたせいかあまり食欲がないという状態。嫁キンタや母親からは「もったいない」「計画性がない」などと散々の言われよう。確かにその通りでこういった食事では二人が言うように少量を多種にがセオリーだと痛感。女性はそーゆーの上手ですね。
あと、彼女らが言うには普段食べられるものには手を出さないとのこと。うーん。見回してみると普段食べられそうなラーメンやスパゲッティー、唐揚げ、カレーに群がっていたのは男性ばかりだったな。
アイスクリームやケーキなどの種類も豊富で嫁キンタは全種類制覇!って鼻息荒くしていました。昨日の夜も散々食べてたよね?朝からよく食べられるわと感心しちゃう。なんにせよビュッフェって女性の心をがっちりと掴んでいたんだよね。なんか甘いもの出しておけば嫁キンタは機嫌がいい。単純なのでこっちは助かってますけど。(笑)
2018_0801_P_s0012.jpg
沢山の料理がある中で自分が取ってきた朝食がコレです。見た目ビジホの朝食となんら変わりません。健康を勘案して気持ちサラダ多め。(笑)

自慢のオムライスとやらと対決

食事を済ませチェックアウトをしてクルマを札幌市街に向けて走らせます。天気は晴れ。気温も高いのですが関東の湿度も高い殺人的な暑さとは違い爽やかな暑さ。うん。これなら全然OKなワタシなのでした。
2018_0801_P_s0026.jpg
本日の予定は大きく2つ。札幌市内でお菓子関連の施設を訪問することです。最初にやってきたのは北菓楼というお菓子のお店。目的はお菓子もさることながら、ここのオムライスが評判なのだという妹さんの一言。「それはぜひ!」という事でやってきた次第です。
とてもオシャレなお店です。聞くに歴史的な価値のある建物を改修して店舗としてオープンさせたのだとか。

2018_0801_P_s0016.jpg
ここで再び妹さん夫婦と合流。二人とも自分たちが北海道に来るタイミングで休暇をとっていただき、とてもとても感謝なのです。

2018_0801_P_s0015.jpg

2018_0801_P_s0019.jpg
2階から店舗部分をのぞき込むとこんな感じ。オシャレで贅沢な空間。いわれなければお菓子屋さんとは思えない雰囲気のお店です。

2018_0801_P_s0021.jpg
2階はカフェスペースになっています。早速オムライスを注文。さっき朝ごはん食べたばかりですが、そんなの気にしません。

2018_0801_P_s0018.jpg
食事がくるまで間、ふと目に留まったクロワッサンシュー「夢句路輪賛」。ここ限定というもの。これは買うしかないですよね。

2018_0801_P_s0022.jpg
サクサクの食感のクロワッサンの中に甘いクリーム。おいしくないわけないですよね。(笑)
いつも思うのですが、北海道のお菓子ってチョコやクリームもそうですが、クッキーなどのいわゆる外側の部分が美味しいものが多い気がします。

そんなこんなでいよいよオムライスがやってきました。
2018_0801_P_s0024.jpg
北菓楼自慢のオムライス。
オーダー時に卵の焼き方を選ぶことできます。手前がしっかり焼いたもの。奥が半熟です。
ライスには牛肉とキノコが入っていて醤油でしっかり味のついたもの。これにふわふわの卵で包み込んだまさに自慢のオムライスというところでしょうか。
自分は片面焼きのをオーダーしましたが、嫁キンタの半熟をひと口食べて比べたところ個人的には半熟が良かったなと思ってしまいました。たしかにネットに載っている画像は半熟が多い気がしますね。それはちょっと後悔。

2018_0801_P_s0023.jpg
デザートはケーキセットです。もう甘いものだらけですね。(汗)

歴史的価値の高い建物を活かす

カフェからトイレに行くところにひっそりとメモリアルルームがありました。覗いてみるとこの建物についての歴史が記されていました。
2018_0801_P_s0025.jpg
ウィペディアによると、建物は1926年(大正15年)摂政宮(せっしょうのみや)(のちの昭和天皇)行啓記念事業の一環で、御下賜金を元に北海道初の本格的な図書館「北海道庁立図書館」(現・北海道立図書館)として開館。
柱が複数階にまたがるジャイアントオーダーと、直線を用いた幾何学的意匠を特徴とするセセッション様式でデザインされた外壁は特に歴史的価値が高く、当時の札幌の姿を残す数少ない建築物と言われています。その後、図書館の移転や北海道立三岸好太郎美術館としての活用を経たのち、北海道立文書館の別館となり書庫等として使用されていましたが、2014年に閉鎖し、 2016年3月18日「北菓楼札幌本館」としてオープンしました。

2018_0801_P_s0020.jpg
設計は、大正15年竣工当時の景観を最大限保存・修復することを基本方針とし、歴史的価値の高い南側、西側の外壁保存を前提に、耐震・耐候性を考慮に入れた改修を行い、長寿命化を図るとともに、竣工当時のインテリアがほぼ原型に近い状態で保たれていた一階正面玄関は、当時の優れた技術を残すため、適切な補強補修を行い、現状のまま保存されています。

2018_0801_P_s0014.jpg
さらに、過去の改修で失われた塔屋の屋根を復元し、格調高いオリジナルのデザインを再現。内装は建築家の安藤忠雄氏によるインテリジェントモダンなデザインを取り入れ、新旧の素材とデザインが融合した空間として新しい息を吹き込まれるとされています。

2018_0801_P_s0017.jpg
この時代の建物って重厚感を感じられて個人的に大好きなので、古い建物を活かして現在に活躍させるという姿勢に共感しました。


関連記事


Comments

Leave a Comment



06 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

05

07


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login