オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ

ロータスエリーゼでぬいぐるみとドライブ。カジュアル&オープンスタイルで、ココロもカラダも風と遊ぼう。

 

2018北海道 その5 夕張市石炭博物館


Category: ドライブ・旅行   Tags: 夕張市石炭博物館  夕張  炭鉱  坑道  石炭  博物館  石炭層  財政破綻  北海道  廃墟  

財政破綻した夕張市の象徴的なあの施設へ

北海道最終日のつづきです。
幸せの黄色いハンカチ思い出ひろばから車で数分のところに、今回のメインである夕張市石炭博物館があります。今年の4月に全面リニューアルオープンしたという情報を知り、ぜひ行ってみたいと思っていました。
2018_0801_P_s0061.jpg
実はここはかつて夕張石炭の歴史村というテーマパークがあった場所です。現在はこちらの博物館がメインに営業していますが、入り口のゲートからここまで来るのに結構廃墟感あるところを通ってきます。子供のころ連れてきてもらったかつのテーマパークが半分廃墟になっているのはネットで知ってはいましたが、やはり実際にこの目で見てしまうとやっぱり思うところがあります。

ランドマークとしてお馴染みの立坑櫓は、博物館が開設された1980(昭和55)年当時、最新鋭炭鉱として夕張の期待を一身に背負っていた北炭夕張新鉱の立坑を模したもの。本館と立坑との取り合わせの外観にはあまり変化がありませんが、立坑も数年前に改修されているとのこと。


2018_0801_P_s0117.jpg
それでもこうしてリニューアルして頑張っているのを見ていると応援せずにはいられません。

2018_0801_P_s0062.jpg
館内に入ったところに大きな石炭の塊が。壁には当時採掘した石炭を運んでいた鉄道の写真が飾られていました。

2018_0801_P_s0064.jpg
懐かしい石炭ストーブも置いてありました。さすがに自分の家にはこのようなストーブは無かったのですが、子供のころ祖父や祖母の家に行ったときにこんなのが置かれていた記憶があります。こちらのストーブは実際に使用するようです。

2018_0801_P_s0063.jpg
1階の展示スペースには、夕張の石炭を運んだ国鉄夕張線と夕張鉄道の展示がされていました。ゆかりの品がたくさん並べられています。

2018_0801_P_s0119.jpg
リアルに見なくなった黒板の掲示。思えば子供のころにはこんなのどこにでもあったな…。

2018_0801_P_s0065.jpg
2階には夕張がこれまで辿ってきた歴史を時系列に沿って展示されています。

2018_0801_P_s0066.jpg
夕張における石炭の斜陽と観光開発、破綻へと至る激動の流れがわかるようになっています。

2018_0801_P_s0067.jpg
メッセージを残すボードがあったので早速貼ってみましたよ。

2018_0801_P_s0068.jpg

2018_0801_P_s0069.jpg
展示スペースを抜けると立坑へのエレベーターに乗り、いよいよ炭鉱の見学です。エレベーターは地下にグングン降りていく演出で気分を盛り上げてくれます。

エレベーターを降りると、坑道展示スペースが。炭鉱の技術の推移、作業の様子、様々な鉱山機械・器具などを、数多く展示しています。坑内で実際に使用していた機械・器具を、じっくりと見学することが出来ます。
2018_0801_P_s0073.jpg
ちょうどスタッフの方が同行してくれるかたちになって、展示について色々と説明をしてくださりました。これはとてもラッキーなハプニングで、今回の見学の理解がとても深まりました。スタッフ様には、この場を借りてお礼を申し上げます。

2018_0801_P_s0074.jpg

2018_0801_P_s0070.jpg

2018_0801_P_s0071.jpg

2018_0801_P_s0072.jpg
展示されている石炭を手に取って確認させていただきました。

2018_0801_P_s0080.jpg
ドラムカッターの実演運転の迫力に思わず足を止めて見入ってしまいました。

2018_0801_P_s0081.jpg
ここでスタッフの方とはお別れして模擬坑道へ。これは正真正銘の本物の坑道。階段を降りて実際の石炭層に触ることもできます。 煉瓦で仕上げられた天井と壁がレトロな雰囲気です。

2018_0801_P_s0082.jpg
炭層の上部に掘られた冠坑道を進んでいきます。冠坑道は資材と換気を担う役割があります。この後通る炭層下部のゲート坑道とセットになって石炭層の中を進んでいくのです。

2018_0801_P_s0084.jpg
天板を支えている枠柱の横を、階段を下ってゲート坑道に向かっていきます。

切歯
途中には坑道掘進を再現した展示がありました。ここでは実際の石炭層に触れることができるのです。

リアル石炭層
地中にある石炭層を手で触ることができます。これは滅多にない貴重な体験です。黒々と輝く石炭。まさに黒ダイヤといわれる由縁です。

2018_0801_P_s0086.jpg
石炭の運搬をするゲート坑道にきました。右のベルトコンベアで採掘した石炭を運びます。

2018_0801_P_s0088.jpg
立ち入りはできませんでしたが、奥にはまだ続いているようでした。

2018_0801_P_s0089.jpg
最後はけっこう長めの階段を登ります。上の方に明かりが見えてきました。

2018_0801_P_s0090.jpg
地上に出てほっと一安心。

2018_0801_P_s0091.jpg
模擬坑道を出たところには、採炭救国坑夫の像がありました。像の後ろには実際に使われていた坑道の坑口が残っています。

見学が思いのほか有意義だった件

いやあ。思っていたより内容が濃くてとても面白かったです。今回は偶然にもスタッフの方の解説付きだったのがとても大きな要因でした。自分たちだけで見ているより、何倍にも理解が深まりとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

北海道は人口流出がとても激しく、ここ夕張市も財政破綻後は結構寂しい感じになっています。北海道自体も札幌以外は年々寂しい雰囲気になっているなと実感していただけに、夕張のような地方都市が観光などで活気づいてくれればいいなと思ってしまいました。
それを置いても、ここは自分的にはおススメです。北海道の景色も素晴らしいですが、このような近代日本の礎を築いた炭鉱の歴史に触れてみるのもいいですよ。廃墟マニアにも大歓迎です。(笑)



関連記事


Comments

石炭は黒いダイヤモンド(≧▽≦)
石炭博物館、今年リニューアルしたばかりだそうで良いですね。
来週末また道央へ行きますので、観に行こうと思っています。一通り回ってどのくらい時間がかかったでしょうか?参考に教えていただければ幸いです。(^^;)
余裕があれば、シューパロ湖とサケのふるさと千歳水族館も観たいですね。
 
naomiさんへ
どーもデス。
石炭博物館は思ったより面白かったです。(笑)
自分たちはゆっくり見て回ったのでだいたい2時間くらいでしたよ。模擬坑道内はけっこう涼しかったので中は長袖でもいいかもしれません。

湖の方面は行かなかったですが、自分も行きたかったですね。
お気をつけて、楽しんできてください。
 

Leave a Comment



11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
GoogleAdSense
 
 
 
全記事表示リンク
 
検索フォーム
 
月別アーカイブ
 
twitter
 
Facebook
フェイスブックページ

facebook_kuromame-09-09.png
 
ブログランキング
【ブログランキング参加中!】


FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ドライブ日記 ブログランキングへ

 
カウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
GoogleAdSense
 

Archive   RSS   Login